「アレルギーは予防できる」時代に。保育園でできるアレルギー予防のコツを皮膚科専門医に聞く

「アレルギーは予防できる」時代に。保育園でできるアレルギー予防のコツを皮膚科専門医に聞く

花粉症やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、国民の2人に1人がかかっているとされるアレルギー疾患。しかし、近年はアレルギーに対する研究が進み、「アレルギーは予防できる」という新常識が生まれつつあるといいます。赤ちゃんや子どものアレルギー予防の最前線について、福岡市西区にある「高松ひろこ皮フ科」の高松紘子先生にお話をうかがいました。

\お話をうかがった方/
高松ひろこ皮フ科 高松紘子院長

赤ちゃんや子どものスキンケアの重要性を説く高松紘子先生。

アレルギー疾患の予防は、皮膚のバリア機能がカギ!

みなさんは「感作(かんさ)」という言葉をご存じでしょうか。感作は、アレルギー疾患のメカニズムを理解する上で、ぜひ覚えておきたい言葉です。

「私たちの体には、体内に侵入した病原体やアレルゲンなどの異物を見つけ出して排除する、免疫という仕組みがあります。しかし、なかには積極的に排除する必要のない物質に対して、免疫が構築されるケースも見られます。本来なら無害なはずの食物や花粉などを、免疫細胞が誤って『敵』と認識してしまうのです。そうした状態が『感作』と呼ばれるもので、一度感作が成立すると、アレルギー反応が起こりやすくなってしまいます」

こう教えてくれたのは、「高松ひろこ皮フ科」で院長をつとめる高松紘子先生です。高松先生は「赤ちゃんのお肌の相談会」を定期的に開催するなど、赤ちゃんや子どものアレルギー予防に積極的に取り組んでいます。

「赤ちゃんのお肌の相談会」で熱心に耳を傾ける保護者たち。

感作の経路は、皮膚、消化管、気道などさまざまですが、そのなかで「皮膚から感作が始まること」を経皮(けいひ)感作と呼びます。そして近年は、経皮感作のメカニズムやアレルギー発症とスキンケアの関係などについて、注目が集まっているといいます。

「アレルギーの原因物質であるアレルゲンは、健康な皮膚からはほとんど侵入できません。なぜなら、皮膚表面の角質層がバリアの役割を果たしているからです。ところが、乾燥やかゆみからのかきむしりなどで角質層が傷つくと、皮膚表面に隙間ができてしまい、そこからアレルゲンが入り込んでしまいます。そして、結果的に経皮感作が起こるのです」(高松先生)

赤ちゃんや子どもの肌は特に弱いため、ちょっとした刺激でも荒れやすいことは、みなさんもご存じでしょう。だからこそ、「肌のバリア機能を高く保つことが、赤ちゃんや子どものアレルギーを予防する基本」だと高松先生は力説します。

「従来、食物アレルゲンは腸から摂取されることでアレルギーを誘発すると考えられてきました。これを経腸感作と呼びます。しかし、最近は荒れた皮膚から食物アレルゲンが侵入し、それがアレルギー発症の原因となることがわかってきたんです」

例えば、ピーナッツオイル入りのローションを使っていた子どもが、相次いでピーナッツアレルギーを発症したという海外の事例があります。また、日本でも10数年前に小麦成分入りの石けんを使用した人が、小麦アレルギーを発症したというニュースが新聞をにぎわせました。

「これまでの経腸感作の常識を覆すような話ですが、感作が成立する前であれば、食物アレルゲンとなる食材を口から摂取することで、アレルギーが抑制されるという報告もあります。つまり、離乳食を遅らせたり除去したりすると、かえって食物アレルギーが増えるおそれがあるということです。離乳食を始めるまでに皮膚をツルツルにしておいて、離乳食を進めていくことが大切といわれています。」

どうやら、「皮膚からの感作を防ぎつつ、口からの摂取は遅らせない」ことが食物アレルギーを予防するポイントといえそうです。

荒れた皮膚は、スピーディに治すことが重要

前述したように、皮膚からの感作を防ぐためには、健康な皮膚を保つこと(=皮膚のバリア機能を保つこと)が重要です。それでは、赤みや湿疹が出て、赤ちゃんや子どもの皮膚が荒れてきたらどうすればよいのでしょうか。

「そんなときは、迷わず皮膚科へ行きましょう。『保湿さえしておけば大丈夫』と思ってしまう保護者や保育者もいますが、荒れてきた肌は保湿剤では修復できません。ステロイド剤や非ステロイドのお薬を、症状や年齢に合わせて医師に処方してもらってください。とにかくスピーディに治すことが重要です」

ステロイドと聞いて眉をひそめる方もいるかもしれませんが、その点について高松先生はこう話します。

「昔は副作用への懸念から、ステロイド剤を極端に嫌う風潮がありました。でも今は、正しく使えば安全性の高い薬だとわかってきています。短期の使用では、副作用のリスクはほとんどありません。炎症を放置して皮膚バリアの修復を後回しにするほうが、アレルギーのリスクは高くなります。かゆがる赤ちゃんや子どもを、一刻も早く楽にしてあげましょう」

スキンシップを兼ねた肌チェックで、子どもの健康をサポート

スキンシップも兼ねて、赤ちゃんや子どもの肌状態をこまめにチェックしましょう。

経皮感作を防ぐにあたって、保護者や保育者が日頃から気を付けるべきポイントについても、高松先生に教えてもらいました。

「赤ちゃんや子どもの肌はとてもデリケート。乾燥や湿疹などの肌荒れは、放っておくと深刻化しやすいので注意してください。入浴時は洗浄料をよく泡立てて手で洗い、入浴後には十分な保湿を心がけましょう。小さいうちから保湿剤を塗ることに慣れさせておくと、保湿ケアを嫌がりにくくなります。保湿をしたらしっかりほめてあげるなどして、習慣づけてほしいですね。また、アレルギー体質の両親を持つ赤ちゃんや子どもは、生まれつきバリア機能が弱いことが多い傾向にあります。早めにケアすることで、アレルギーの発症リスクを抑えましょう」

赤ちゃんの場合、特に口のまわりや頬が乾燥しがち。カサカサになった部分はアレルゲンの侵入口になるので、注意しましょう。とはいえ、肌のトラブルは、ぱっと見ただけでは判断がつきにくいことも事実です。

「ざらつきやごわつきは触らないとわかりにくいもの。スキンシップを兼ねて、こまめに触れてあげてください」とは、高松先生のアドバイスです。もし、保育者が子どもの肌の赤みやざらつき、ごわつきに気付いたら、保護者に皮膚科を受診するようにすすめましょう。

「乳児湿疹が継続して、アトピー性皮膚炎へ移行することも珍しくはありません。長期化すると、経皮感作のリスクも高まります。ただし、現在はアレルギー疾患も、予防できる病気になってきています。保育者の方も保護者と協力しながら、子どもたちの肌を健康に保つようサポートしてください」

「10歳までがアレルギー予防の勝負どころ」

子どもの頬に触れる高松先生。かさつきやざらつきがないかを確かめます。

ここまで、アレルギー発症とスキンケアの関係について解説してきましたが、高松先生が赤ちゃんや子どもの治療に特に力を入れているのは、高校時代のある体験が関係しているのだとか。そう、阪神・淡路大震災です。

「兵庫県神戸市で育ち、高校生のときに阪神・淡路大震災を経験しました。自宅が全壊し、熊本の祖父母宅から高校に通学していたのですが、あの震災で目に見えるもののはかなさと、目に見えない命の尊さを心の底から実感しました。そして、『私にできることは何だろう』と考え、医学の道に進むことにしたのです。そんな経緯もあって、子どもたちの健やかな未来のために力を尽くすことは、私の使命だと考えています」

皮膚科医という立場から、子どもたちの健やかな成長に寄り添っていきたい。高松先生のそんな思いが、診療の原動力になっているわけです。

「今回お話した経皮感作説(※)は、2008年に提唱された考え方で、まだ知らない人も多いのが実情です。しかし経皮感作は日々進みますので、乳児期からの早期介入が望ましく、現場では『10歳までがアレルギー予防の勝負どころ』と感じています。感作される前の乳幼児期からのケアが大切です。保育者のみなさんにはこの機会に、ぜひ経皮感作への理解を深めていただき、ケアの必要性を知らない保護者の方にも、伝えてもらえるとありがたいですね。」

赤ちゃんや子どもの肌を見て、触れて、肌トラブルの兆候をいち早くキャッチすること。そして、保育活動中の情報を常に保護者と共有すること。その積み重ねで、子どもたちのアレルギー防止をサポートするのも、保育者の大事な役割といえそうです。

※荒れた皮膚からアレルゲンが入ると感作が成立するが、適切な量と時期にアレルゲン食物を食べると、免疫寛容(有害物質だけ排除して、他の物質は受け入れる機能)につながるという考え方。

◆高松ひろこ皮フ科:http://th-hifuka.com/

取材・文/二階堂ねこ 編集/イージーゴー