大切なのは、ストレス発散の選択肢を示すこと(小関俊祐)

大切なのは、ストレス発散の選択肢を示すこと(小関俊祐)

保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!
Twitterをフォローはこちら!

ストレスと無縁の人生を送ることは不可能

大人にとってはあたりまえのように使う「ストレス」という言葉ですが、はたして子どもはどれくらいストレスを感じるものなのでしょうか。桜美林大学リベラルアーツ学群准教授で、日本ストレスマネジメント学会常任理事を務める小関俊祐先生に、子どもが感じるストレス、ストレスの「種類」、ストレスの向かい方について聞きました。

構成/岩川悟(合同会社スリップストリーム) 写真/石塚雅人

※この記事は、『究極の子育て 自己肯定感×非認知能力』(プレジデント社 監修:おおたとしまさ 編:STUDY HACKERこどもまなび☆ラボ)より引用しアレンジしたものです。

ストレスには「種類」がある

仕事や家事、日々の子育てに追われてたくさんのストレスを抱えている人も多いことでしょう。大人にとってはあたりまえのように使う「ストレス」という言葉ですが、ストレスとひとことでいっても、じつはいくつかの種類にわけることができます。普通、ストレスというと心理的なものをイメージしますよね? ただ、ストレスとはもともと「圧力」を意味する物理の用語ですから、物理的な圧力を表すものでもあるわけです。両方のストレスがあるわかりやすい状況というと、満員電車でしょうか。まわりの人と身体的接触がある満員電車では物理的な圧力も感じますし、「窮屈だなあ」「暑いなあ」といった心理的ストレスも同時に感じます。

また、それらとは別の観点からのストレスのわけ方もあります。いま挙げた満員電車でも感じるような日常的なストレスは「デイリーハッスル」と呼ばれるもの。一方、人生のうちで何度も経験することのないストレスが「ライフイベント」と呼ばれるものです。ライフイベントの例としては、子どもの場合なら、入学や卒業、転校、クラス替え、受験、親の離婚といったものが挙げられます。大人の場合なら、結婚や就職、転職などでしょうか。大人と子どもに共通するものとしては震災などの災害も含まれます。

ライフイベントの場合は、自分が置かれている立場によって内容が大きく変わりますから、やはり大人と子どものライフイベントにはちがいが出てきます。でも、デイリーハッスルのほうは人間が日常生活を営むうえで感じるストレスなので、大人と子どもで大きくちがってくるものではありません。

子どもも大人と同じようにストレスを感じている

子どもはいつでもニコニコ笑っている天使だなんて思っている人なら、「子どもはストレスを感じるの?」という疑問を持っている人もいるかもしれません。「これがストレスだ」と本人が理解しているかどうかは別として、もちろん子どもだってストレスを感じます。たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんなら、「お腹がすいた」「おむつを替えてほしい」「ママがいないよ」と泣きますよね。いま置かれている状況、感じていることが「嫌だよ」といって泣くのですから、これも立派なストレスといっていいでしょう。

幼稚園や保育所に入って大きく変わるのは友だち関係ができるということ。すると、おもちゃを貸してほしいのに貸してくれない、おもちゃを貸したくないのに取られちゃったというようなことが起きてきます。つまり、友だち関係から新たなストレスを受けるようになるのです。また、家庭内でも弟や妹が生まれれば、下の子に対する対抗からストレスを感じるということもあるでしょう。

そして、小学生になれば、いうまでもなく勉強がはじまります。勉強をする幼稚園もあるでしょうけれど、小学校での勉強時間はそれまでより一気に長くなる。しかも、未就学児なら勉強の出来に関係なく「わあ、すごいね!」と褒められていたのに、小学生になったらテストや通知表などで他者から評価をされることになります。運動をしても、「勝った負けた」「あの子はうまい、へた」というふうにやはり評価をしたりされたりする。それは子どもにとってこれまでになかったストレスです。

また、小学校中学年くらいになると、分数や小数といった抽象的概念が登場するなど勉強の難易度が一気に上がります。そうすると、低学年の頃は多くの子どもが比較的容易にテストで高得点を取れていたのに、学力の差が顕著になってくる。それまで勉強が得意だと思っていた子どもも、テストで結果が出なくなり大きなストレスを感じることも出てきます。

そして、これらは大人にもあてはまるものです。大人も子どももお腹が減ればストレスを感じますし、友だち関係の悩みも持つ。勉強にかかわるストレスは仕事にかかわるストレスに置き換えることができるでしょう。子どもは子どもなりに大人と同じようにさまざまなストレスを日常的に感じているのです。

子どものストレスを排除し過ぎることは危険

では、そんなストレスはわたしたちにとって必要なのでしょうか? その答えは「YES」です。ただ、それは自分が付き合えるほどの「ある程度のストレス」ということになる。手に負えないような過大なストレスは心を大きく傷つけてしまいますから、ないに越したことはありません。

一方、ある程度のストレスとは、たとえば「お腹が減る」といった日常的に感じる小さなストレスです。それこそが、人間にとって重要なのです。人間というのは、お腹が減るからご飯を食べようとするし、将来が不安だから働こうとする。もちろん、そこに楽しみを見出している一面もありますが、自分が生きていくためにするべきことをしないといけないという危機感を与えてくれるのがストレスなのです。

そもそも、まったくストレスを感じないとしたらどうなるのかと想像してみてください。お腹が減ることにストレスを感じなければ、体はエネルギーを求めていても食事をしようともしない。また、将来になんの不安も感じませんから、お金を稼ごうと働くこともしないでしょう。つまり、ストレスを感じなければ、生きていけないということになるのです。 そういう意味では、子どものストレスを排除し過ぎることは危険だという言い方もできます。「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、ストレスマネジメントにおいてはその杖は危険なものです。ストレスと無縁の人生を送ることは不可能なのですから、子どもが転ばないようにするのではなく、転んだときにそのストレスとどう向き合ってどう起き上がればいいのかということを、子どもが小さいうちから教えてあげなければならないのです。

それぞれに得意分野がある2種類の「ストレスコーピング」

ストレスとの向き合い方のひとつに、「ストレスコーピング」というものがあります。これは、ストレスそのものにどう対処するかに視点を置いた手法のことで、「情動焦点型」と「問題解決型」という大きくふたつの種類にわけられます。前者は情動に焦点をあてる、つまりストレスを発散させて気持ちを楽にさせる方法です。一方の後者は、そもそものストレスの原因となっている問題をなくす手法を指します。

情動焦点型がフィットするのは、比較的大きな問題や過去に起こったことによるストレスに対処するとき。たとえば、前日に犯してしまった大失敗を悔やんでストレスを感じているような場合、タイムマシンでもなければ問題そのものにアプローチすることはできません。そういうときは、いままさに感じているストレスを軽減するための行動を取ります。人それぞれですが、漫画を読んだりテレビを観たりお風呂に入ったり、大人ならお酒を飲むというようなことです。

逆に、これから起きることによってストレスを感じている場合には、問題解決型がフィットします。明日のテストが心配でストレスを感じているというときに、漫画を読んでもお風呂に入ってもなんの解決にもなりません。だとすれば、しっかりテストでいい点数を取るための行動を起こす必要があります。

ストレス発散の選択肢を持たない子どもに親が選択肢を示す

そして、これらの選択肢は多ければ多いほどいい。たとえば、ストレスを感じたために友だちと飲みに行こうとした人が、友だちに「忙しいから」と断られたときに、他の対処法を持っていなければストレスはたまる一方です。そうではなくて、他の友だちを誘ってみる、あるいは映画を観るといった別の手段を選ぶ必要があります。

そう考えると、子どもは自分で選択できる手段が限りなく少ないですから、やはり親が選択肢を提示してあげる必要があります。ひとつ注意してほしいのは、海外旅行や遊園地に行くといった、滅多にできないような選択肢を示すことは避けるべきです。

そういう経験によって「遊園地で遊ぶことが僕にとっていちばんいいストレス発散方法なんだ」なんて子どもが思ったとしても、遊園地にはそう簡単に連れて行けるものではありません。日常的なストレスを発散させる方法は、日常的にできるものでなければならないのです。

子どもがストレスを感じているようだったら、子どもの好き嫌いに注目して選択肢を示してあげてください。幼い子どもでも、『アンパンマン』が好きだとか、チョコレートが好きだとか、ある程度の好き嫌いを持っているはずです。その好き嫌いに沿って、「『アンパンマン』の映画を観る?」「チョコ、食べようか」「どうしたい?」というふうに選ばせてあげるのです。

幼い子どものためのストレスコーピングの場合、基本的には情動焦点型だけで問題ありません。幼い子どもの場合、先に挙げたテストのように先々起こることでストレスを感じるということが少ないからです。

でも、子どもが成長して小学校中学年くらいになると、具体的な問題を解決する必要も出てきます。その頃の子どもがストレスを感じるいちばんの問題というと、やはり勉強になるでしょう。その場合も子どもに選ばせてあげましょう。たとえば、子どもが勉強に集中できなくてストレスを感じているのなら、親が勉強を見ていたほうがいいのか、ひとりで自分の部屋でやるほうがいいのか、あるいは塾に通いたいのか。子どもと相談しながらいろいろな選択肢を示してあげるのです。

「いつも子どもと一緒にいられる」親のメリットを生かす

ただ、注意してほしいのは、「親が答えを決めつけない」ということ。選択肢を示しながらも、「わたしはこれがいいと思う」なんて親が思っていると、子どもが別の選択肢を選んだときに親はイライラしてしまうものです。そんなことでは、子どものストレスを解消しようとしているのに、親がストレスを感じるということになりかねません。

また、余裕を持って時間を使うということも意識してほしいポイントです。誰よりも子どもと長くいられるのが、親が持つ最大のメリットです。ストレスを感じている子どもにカウンセリングを受けさせるとしても、カウンセラーがその子どもに会えるのはせいぜい週に1回、30分くらいのものでしょう。もちろん、カウンセラーは専門的な知識や技術を持っていますが、それ以上につねに一緒にいられるということが親の持つ強みなのです。

「いますぐ解決してあげなくちゃ」なんて思う必要はありません。親が焦ってイライラすることなくじっくり子どもと向き合い、子どもにとって最適なストレスの対処法を一緒に考えてあげてください

Point !

ストレスは生きていくために必要なもの。やみくもに排除しようとしないこと
子ども自身がストレス発散法を見つけられるよう、選択肢を示してあげる
親が子どものストレス対処法を決めつけず、時間をかけて一緒に考える
こせき・しゅんすけ
桜美林大学リベラルアーツ学群准教授
1982 年生まれ、山形県出身。博士(学校教育学)。
桜美林大学リベラルアーツ学群准教授、日本ストレスマネジメント学会常任理事。
他に、日本認知・行動療法学会公認心理師対応委員及び倫理委員、一般社団法人公認心理師の会運営委員及び教育・特別支援部会長も務める。子どもを対象とした認知行動療法を中心として、主に学校、家庭、地域における臨床実践・研究を推進している。小学校~高校における学級集団を対象としたストレスマネジメントや学校における特別支援教育の支援方法の検討、発達障害のある子どもとその保護者に対する支援を中心に研究と臨床を行う。また、東日本大震災以降、被災地での心理的支援も継続して実施している。
2018 年2 月開設。「子どもたちの “学び” に焦点を合わせ、科学的に正しいとされる、信頼できる情報のみを発信する」ことがコンセプトの教育系ウェブメディア。「あたまを使う」「からだを動かす」「音楽をたのしむ」「芸術にふれる」「教育を考える」といったカテゴリー別に、最先端の教育情報と専門知識をわかりやすく伝え、親たちの支持を得ている。教育学、心理学、精神医学、脳科学など分野を横断し、「これからの学び」を伝える専門家インタビューも人気。
https://kodomo-manabi-labo.net/
お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram