【保育士1日密着】子どもと関わらない!?ノンコンタクトタイムを取り入れる保育園

【保育士1日密着】子どもと関わらない!?ノンコンタクトタイムを取り入れる保育園

「やりたい保育に出会えるチャンネル」をコンセプトに運営する 保育士チャンネル【シゴトLive】。これからの保育のカタチやすぐに役立つ実践例などを動画で配信しています。 

今回は「社会福祉法人はとの会鳩の森愛の詩瀬谷保育園」2歳児クラス担任の1日に密着しました。この園では、子どもと丁寧に関わりながらも、職員の働きやすさも追求しています。働きやすい職場をつくる、さまざまな取り組みが見えてきました! 

2歳児同士のトラブルで意識していることは? 

密着をはじめてすぐ、お友だち同士でのトラブル発生。どうやら作っていた積み木を別のお友だちが壊してしまったようです… 

ー子ども同士のトラブルで意識していることはありますか? 

壊されてしまった子に対しては、その子の気持ちを代弁するように「それは悔しかったね」と気持ちに共感しながら伝えました。これから幼児組になったとき自分の気持ちを言葉で伝えられるように、感情と言葉が繋がるような関わりを意識しています。 

また、壊してしまった子に対しては、「ダメだよ」「ごめんねって言って」と伝えて終わるのではなく、「その前の活動で消化不良があったのかな?」となぜこの行動をとったのかを知ることを大切にしています。 

保育の質を高めるノンコンタクトタイムとは? 

ー働きやすい職場にする工夫を教えてください。 

これまでの保育業界では「腰を下ろす時間(子どもと食事をする、連絡帳や日案などの記録を書くなど)=休憩時間」といった暗黙の了解がありました。最近では「子どもと離れ、さらに業務に携わらない時間が休憩時間」と言われ始め、この園でも、子どもと離れて休憩をとるようにしています。 

園内には職員専用の休憩室があり、他クラスの職員とも交流できる場になっています。その日の保育の話や子どものエピソードで盛り上がることもよくあります。 

休憩後は、クラスの職員配置を確認し、子どもと離れて保護者に提出する書類作成や事務作業を行いました。こうしたノンコンタクトタイムを設けられるよう、職員間で声を掛け合い工夫しています。 

職員用の休憩室:ソファーやマッサージ器も・・・! 

続きは動画でご覧ください♪ 

この動画は、 保育士チャンネル【シゴトLive】に掲載中!他にも、「いろんな保育を知りたい」を叶えるコンテンツを配信しています。ぜひ参考にしてみてください! 

鳩の森愛の詩瀬谷保育園(神奈川県横浜市): https://www.hatonomori.jp/seya_info.html 

\👶これからの保育のカタチや役立つ情報をYouTubeで配信中!🎵/

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式X(旧Twitter)
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram
この記事をSNSでシェア
CATEGORY :