園庭ありの保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士園庭あり

園庭あり

「認可保育園」では、園庭の設置が義務づけられています。しかし近年、都心部で園庭のある保育所を作ることが困難なため、土地が確保できなくても保育園を新設できるように、近隣の公園などを代替地としてもよいことになっています。23区の園庭保有率のトップ3は、1位 大田区、2位 世田谷区、3位 足立区となっており、ワースト3は、1位 文京区、2位 港区、3位 中央区となっています。トップ3は23区の面積ランキングと比例しています。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

都道府県から保育士求人を探す

北海道・東北
北海道|青森 |岩手 |宮城|秋田|山形|福島

「園庭あり」とは?

国の基準において、満2歳以上の幼児を入所させる保育所は、原則的に園庭(屋外遊戯場)を設置することが求められています。その広さは、幼児(満2歳以上)1人につき3.3m²以上。都市部などで用地が不足する場合に限って、一定の要件を満たす場合は、屋上を利用することも可能とされています。

園庭は多様な外遊びを可能に

子ども、特に歩けるようになった幼児にとって、外遊びはとても重要なもの。室内だけでは経験することが難しい、全身を使って駆け回るような遊びや自然との触れ合いなどを実現することができます。多様な遊びの環境を用意するにあたって、園庭は大切な要素の一つだといえるでしょう。

都市部を中心に園庭のない園が増えている

保育園というと園庭で駆け回る園児を連想しがちですが、特に地価が高騰している都市部ではビル内に開設する園も少なからずあり、園庭の確保が難しくなっています。そうした場合は近隣にある公園や広場で代替することができ、移動の安全が確保されていれば保育所と隣接している必要はないと定められていることから、園庭を持たない保育園が増えているのです。

「園庭あり」のメリット・特徴

散歩に出かけることも楽しいものですが、やはり園庭があることのメリットは無視できません。天候に大きく左右されず柔軟に外遊びを提供できることや、誰もが出入りできる場所と違って安全管理がしやすいことなどは、働く保育士にとっても少なからず魅力となるでしょう。一方で、園庭の環境整備や手入れを保育士が行うケースもあり、そのような作業が苦手な人は少し大変かもしれません。

こんな方にオススメ

  • 子どもには思い切り身体を動かしてほしいと思う人
  • 身近な自然体験を大切にしたい人
  • 高い水準のセキュリティーや安全性を重視する人
  • 土いじりなど園庭の環境維持に抵抗がない人
  • 散歩の頻度が高い園では体力的に厳しい人
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職