園長の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士園長

園長

新規保育園の開園が増加しており、園長の需要も増えています。必要な資格は保育士資格のみ。もちろん保育士としての豊富な経験と知識、そして何より保育園を運営するという強い思いが欠かせません。年収は高めですが、園のトップとしての責任を担うことになります。外部とのコミュニケーション能力やトラブルに対する冷静な判断力など、園の顔となる覚悟をしっかり持つことが重要です。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

都道府県から求人を探す

北海道・東北
北海道|青森 |岩手 |宮城|秋田|山形|福島

「園長」とは?

保育施設の最高責任者であり、その園の「顔」となる存在です。園の運営やスタッフの管理・指導などを担い、幅広い視点を持って経営を実践します。公立保育所では一定の保育士経験と昇格試験の合格が求められますが、私立保育所では必ずしも特定の資格や経験は必須とされません。

「園長」の仕事内容

園の経営を担う責任者として、財務や労務の管理、施設環境整備、保育士指導、安全衛生管理、保育士の採用業務、保護者対応、地域や行政、マスコミ対応など、多岐にわたる業務を担います。細やかな心配りが必要であり、トラブルに対する冷静な対応も求められるでしょう。

「園長」の給料事情

保育所における施設長の平均給与(賞与の1/12を含む)は、私立保育所では常勤528,826円、非常勤203,618円、公立保育所では常勤594,465円、非常勤303,699円です(平成29年度「幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」内閣府のデータより)。

「園長」のメリット・特徴

施設の方針を決める中心的存在となり、自身の理想とする保育を実現できることが最大の魅力です。大きな責任が伴う仕事ですが、同年代の保育士と比較しても、より高い給与を得ることができるポジションでもあります。また、保育の現場とは少し距離を置いた業務が中心となるため、体力的な負担は軽減されるでしょう。

こんな方にオススメ

  • 自身のめざす保育がはっきりしている人
  • 新設の保育所でキャリアアップしたい人
  • マネジメント業務の経験がある人
  • 保育への強い熱意や覚悟がある人
  • 積み重ねてきた経験を生かしたい人
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職