愛知県名古屋市の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士愛知県愛知県名古屋市

愛知県名古屋市

名古屋市は、首都圏の諸都市に次いで保育士の給与水準が高いエリアです。高い給与水準の理由は、公務員と同等の待遇を条件として保育士の福利厚生面を整えているためです。また、愛知県外から転入して働く保育士であれば、自治体より住宅補助(上限8万円/月)を受けることもできます。名古屋市では社会福祉法人の保育園が比較的目立ちますが、院内や託児所などの小規模施設も少なくありません。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

名古屋市の保育士求人事情

保育士の求人情報取り組みからお出かけスポットまで

保育士を目指す人の中には、名古屋市で働きたいと考える人もいるでしょう。名古屋市は日本でもとくに発達している都市であり、人口も多い都市です。名古屋市にはたくさんの保育園がありますが、給与や待遇はそれぞれで異なります。自分に合う場所を見つけるためには、事前に求人情報を確認することが重要です。そこで今回は、名古屋市における保育士の求人情報を解説します。独自の取り組みからお出かけスポットも紹介するため、名古屋市で保育士を目指す人は参考にしてください。

名古屋市における保育士の平均給与は?

保育士専門サイトの求人情報を参考にすると、名古屋市における保育士の平均給与は、約340万円となっています。なお、この金額は賞与を含めた金額です。以下は、名古屋市で働く保育士の平均年収と全国平均を比較した表となります。

平均年収平均時給
全国約358万円約1,865円※2
名古屋市約340万円※1約1,250円※2

※1:平均月給20万円+賞与5ヶ月分で計算した年収 ※2:1日の勤務時間8時間、1ヶ月の出勤日数20日で計算した時給

(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

全国平均と比べて少し年収は低くなりますが、その分保育士を支援する取り組みが多く用意されています。

そのため、名古屋市では収入面でも、キャリアの面でも安心して働くことが可能です。

名古屋市が進める保育士支援の取り組み

名古屋市は全国的に見ても保育士の給与水準が高く、2019年には6年連続で待機児童ゼロを達成したことで話題になりました。ただ、現時点において名古屋市はまだまだ保育士不足の状態です。

深刻な保育士不足の解消のために、名古屋市が取り組む保育士への取り組みについて解説します。

1.保育士修学資金貸付

名古屋市に関わらず、愛知県内では保育士を目指す学生に向けて、保育士修学資金貸付制度を実施しています。愛知県内の保育士養成施設に入学する人は、以下の貸付を受けることが可能です。

学費月額5万円以内
入学準備金20万円以内(初年度)
就職準備金20万円以内(卒業年度)

この取り組みの特徴として、貸付ではあるものの条件を満たせば返還が免除されます。 返還が免除される条件は以下のとおりです。

  • 卒業後1年以内に保育士登録を行い、愛知県内で保育士の仕事に就くこと
  • 愛知県内で5年以上保育士として働くこと
(出典:愛知県社会福祉協議会「保育士修学資金貸付の手引き」/ https://www.aichi-fukushi.or.jp/intoro/jinzai/pdf/nsl_guide0722.pdf)

2.保育士再チャレンジ研修会

名古屋市では、保育士資格を持ち就労意欲はあるものの、子育て等でブランクがある人や実務経験がない人を対象に研修会を行っています。また、希望者は個別で職業相談会も受けられるため、資格を活かしたいと考えている人にはおすすめです。

対象者・保育士資格を持ち、現在保育所等で就労していない人
・研修後、市内保育所等に就労意欲のある人
内容・働くための知識や技術、就職活動のポイントを学ぶ
・1回につき、講義+見学実習の2日間
募集人数各回50名程度
費用180円程度(見学実習日の給食代)
その他託児所あり(10名まで)
(出典:名古屋市「2019年度保育士再チャレンジ研修会のご案内」/ http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000072176.html)

名古屋市における保育士の求人状況

名古屋市は、2019年に6年連続で待機児童ゼロを達成しました。しかし、国の基準において待機児童数はゼロとカウントされているものの、隠れ待機児童と呼ばれる児童の数が増えている現状もあります。その理由は、急速に増えた保育施設に対して、保育士の採用が追いついていないためです。

以下は、名古屋市における求人情報をまとめた表となります。

保育士有効求人倍率(愛知県)※12.94倍(2019年10月時点)
待機児童数※20人(2019年4月時点)
保育士求人数※3534件(2020年3月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成30年及び令和元年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf))(※2出典:名古屋市「平成31年4月1日現在の保育所等利用状況について」/ http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/cmsfiles/contents/0000117/117359/190516_31.4.1hoikusyotouriyoujyoukyou.pdf)(※3出典:マイナビ保育士/」/https://hoiku.mynavi.jp/)

現在もわずかながら人口が増加している名古屋市では、公立・民間の認可保育所や、認定こども園等の求人が豊富です。交通が発達しており、駅から徒歩圏内で通勤できる園も多くあります。車通勤OKのケースも多いため、勤務条件や職場環境が整っていると言えるでしょう。

正社員だけでなく、臨時職員や週3日程度のパート・アルバイト等、さまざまな雇用形態の求人の中から選択できます。

【保育士向け】名古屋市の遠足・お出かけスポット

名古屋市内には、園児の遠足にピッタリな楽しく学べるスポットがたくさんあります。今回は、その中でも2つのスポットを紹介します。

1.名古屋市科学館

名古屋市科学館は、体験型の展示が特徴の施設です。メインであるプラネタリウムは世界最大で、ギネスにも登録されています。 星座や天文学的な内容をテーマに毎月制作され、最新映像機器を駆使して上映されるプログラムが子どもに大人気です。

2.東山動植物園

東山動植物園は、子どもたちに人気のコアラやゴリラ等、日本一多い約500種類の動物たちと出会える動物園です。広い園内には、四季折々約7,000種の花が咲き乱れる植物園や遊園地も併設されています。

食事の持ち込みがOKである他、動物園内には売店も用意されているため、1日中過ごすことが可能です。

まとめ

ここまで、名古屋市における保育士の求人情報と、独自の取り組みからお出かけスポットまでを解説しました。

待機児童の数は減少している名古屋市ですが、保育士の数は足りていません。求人数も多い状態であるため、需要が高い都市と言えます。

名古屋市で保育士として働きたいと考えている人は、この記事を参考に、仕事内容や条件が自分に合った保育施設を選んでください。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職