愛知県豊田市の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士愛知県愛知県豊田市

愛知県豊田市

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

豊田市の保育士求人事情

保育士の求人情報求人状況・おすすめの遠足スポット

愛知県豊田市は、自動車とその関連部品の製造を中心に発展を遂げ、現在でも強力な経済基盤を持つ都市として知られています。また、経済だけではなく、文化・自然面においても豊かな都市です。 豊田市のような経済・文化・自然の豊かさを備えた街で、保育士として働きたいと考える人もいるでしょう。 この記事では、豊田市における保育士の平均給与や、豊田市が行う保育士支援サービス、求人状況を中心に解説します。豊田市で保育士として働くことに興味のある人は、ぜひ読み進めてください。

豊田市における保育士の平均給与は?

まず初めに、気になる給与から紹介します。求人サイトから推定すると、豊田市における保育士の平均年収は以下の通りです。(賞与・手当込み)

平均年収
全国約363万円
愛知県約377万円
豊田市約288万~400万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

年収に振れ幅がありますが、これは豊田市が非常に広大で、地域によって求人状況が異なるためです。市街地の保育園であれば収入は高くなり、名古屋のような大都市と同じ水準が期待できます。

求人募集を見る際は、必ず勤務地に目を向けるようにしましょう。

豊田市が進める保育士支援の取り組み

全国的に保育士不足が懸念されていますが、豊田市も問題改善に向けた取り組みを行っています。ここでは、保育士の数を増加させるために、同市が行っている取り組みを紹介します。

その中心となる制度が「潜在保育士の再就労支援」と「保育対策総合支援事業費補助金」の2つです。

1.潜在保育士の再就労支援

豊田市保育課では、保育士の資格を持ちながらも保育現場で働いていない「潜在保育士」に向けて、受講費無料の研修を開催しています。これは同市が推進する「こども園」の状況を知ってもらい、職場復帰に対する不安を解消することが目的です。

ちなみに、豊田市における「子ども園」とは、一般的な認定こども園と異なり、既存の保育園や幼稚園を活用した施設のことを指します。幼稚園教諭と同じ場所で働くこととなりますが、基本的な保育士の業務は変わりません。

対象者保育士の仕事に就いていない、保育士資格の保有者(潜在保育士)
内容市保育課の職員が潜在保育士に対して、こども園の現状について講義
目的職場復帰に対する不安の解消
(出典:豊田市「第2次豊田市子ども総合計画」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/319/honpen.pdf)

2.保育対策総合支援事業費補助金

豊田市では私立保育所の整備を進めるため、平成29年度から補助金制度を開始しました。あくまでも社会福祉法人や学校法人を対象とした制度ですが、私立保育所が増えれば、保育士の求人も増えることが予想されます。

また、この補助金は改築や修繕も対象としているため、快適な職場環境で働ける可能性が高くなります。財政力がある豊田市ならではの施策です。

対象者市内に私立保育所を設置している、または設置しようとしている社会福祉法人・学校法人
補助金工事内容によって金額が変動
目的私立保育所の整備による、施設全体の安全性・保育環境の向上
(出典:豊田市「豊田市私立保育園施設整備費補助金交付要綱」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/004/151/yoko_h29.pdf)

豊田市における保育士の求人状況

ここからは豊田市における保育士の求人状況を解説します。豊田市における保育士の求人倍率と求人数は以下の通りです。

保育士有効求人倍率※12.94倍(2019年10月時点)
保育士求人数※281件(2020年4月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成30年及び令和元年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf))(※2出典:マイナビ保育士/」/https://hoiku.mynavi.jp/)

豊田市では保育士不足が続いています。豊田市における保育士の求人倍率は2.94倍であり、これは全国平均(3.05倍)とほぼ同じ水準です。

また豊田市では待機児童問題にも力を入れており、新園設置を進め、受け入れ定員の拡大と保育士数増加を試みています。これから保育士を目指す人にとっては、選択できる園が多くなるため、未経験でも複数の保育園を比較・検討することが可能です。

ちなみに、豊田市は平成26~31年にかけて、6年連続で待機児童数0を達成しています。行政による取り組みの成果が出ており、今後も受け入れ定員の拡大を図っていくことはほぼ確実です。保育士は依然として必要とされる状況にあります。

(出典:豊田市「平成31年4月1日の待機児童数ゼロについて」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1031123/1031146.html)

【保育士向け】豊田市の遠足・お出かけスポット

ここでは豊田市で保育士として働きたい人へ向けて、豊田市の遠足・お出かけスポットを紹介します。いずれも子どもたちが好む場所です。豊田市で保育士となり、遠足・お出かけの計画を立てる際は、ぜひ参考にしてください。

1.鞍ケ池公園

豊田市民の憩いの場として知られる「鞍ケ池公園」には、幼い子どもでも楽しめる施設が充実しています。 たとえば、ちびっこ広場には滑り台などの遊具があります。暑い日には水遊び場も人気です。動物園には希少動物のミナミカナダヅルを始め、約30種の動物が飼育されています。モルモットやウサギなどと触れ合える機会もあるため、きっと子どもたちも喜ぶでしょう。

また雨の日や寒い冬には、屋内のプレイハウスを活用できます。ボールプールや積み木など、幼児でも安全に遊べる遊具が揃っていることが魅力的です。

2.とよた科学体験館

新豊田駅の近くにある「とよた科学館体験館」は、子どもの知育に最適なスポットです。サイエンスホールには体験型の展示が並び、科学や天文学の面白さに触れることができます。また、プラネタリウムでは子ども向け番組も投映され、迫力満点の映像を楽しむことが可能です。

その他、定期的にサイエンスショーも開催されています。ものづくりの街である豊田市を象徴する施設であるため、子どもたちと遠足をする際は、一緒に訪れてみてください。

まとめ

経済・文化・自然的な豊かさを有する豊田市ですが、依然として保育士不足が叫ばれています。求人倍率も高くなっており、保育士として就職しやすい状態です。

豊田市には大企業が存在するため、私立・公立保育所だけでなく、企業内託児所の求人もあります。企業内託児所は待遇・福利厚生面で充実していることが特徴です。 また正社員だけでなくパート・アルバイトなど、多用な雇用形態で求人を行う施設もあります。

豊田市で保育士を目指す際は、様々な選択肢を持つことができるため、入念にリサーチして自分にとって最適な職場を選んでください。

※当記事は2020年4月現在の情報を基に作成しています

豊田市の保育士求人事情

保育士の求人情報求人状況・おすすめの遠足スポット

愛知県豊田市は、自動車とその関連部品の製造を中心に発展を遂げ、現在でも強力な経済基盤を持つ都市として知られています。また、経済だけではなく、文化・自然面においても豊かな都市です。 豊田市のような経済・文化・自然の豊かさを備えた街で、保育士として働きたいと考える人もいるでしょう。 この記事では、豊田市における保育士の平均給与や、豊田市が行う保育士支援サービス、求人状況を中心に解説します。豊田市で保育士として働くことに興味のある人は、ぜひ読み進めてください。

豊田市における保育士の平均給与は?

まず初めに、気になる給与から紹介します。求人サイトから推定すると、豊田市における保育士の平均年収は以下の通りです。(賞与・手当込み)

平均年収
全国約363万円
愛知県約377万円
豊田市約288万~400万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

年収に振れ幅がありますが、これは豊田市が非常に広大で、地域によって求人状況が異なるためです。市街地の保育園であれば収入は高くなり、名古屋のような大都市と同じ水準が期待できます。

求人募集を見る際は、必ず勤務地に目を向けるようにしましょう。

豊田市が進める保育士支援の取り組み

全国的に保育士不足が懸念されていますが、豊田市も問題改善に向けた取り組みを行っています。ここでは、保育士の数を増加させるために、同市が行っている取り組みを紹介します。

その中心となる制度が「潜在保育士の再就労支援」と「保育対策総合支援事業費補助金」の2つです。

1.潜在保育士の再就労支援

豊田市保育課では、保育士の資格を持ちながらも保育現場で働いていない「潜在保育士」に向けて、受講費無料の研修を開催しています。これは同市が推進する「こども園」の状況を知ってもらい、職場復帰に対する不安を解消することが目的です。

ちなみに、豊田市における「子ども園」とは、一般的な認定こども園と異なり、既存の保育園や幼稚園を活用した施設のことを指します。幼稚園教諭と同じ場所で働くこととなりますが、基本的な保育士の業務は変わりません。

対象者保育士の仕事に就いていない、保育士資格の保有者(潜在保育士)
内容市保育課の職員が潜在保育士に対して、こども園の現状について講義
目的職場復帰に対する不安の解消
(出典:豊田市「第2次豊田市子ども総合計画」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/319/honpen.pdf)

2.保育対策総合支援事業費補助金

豊田市では私立保育所の整備を進めるため、平成29年度から補助金制度を開始しました。あくまでも社会福祉法人や学校法人を対象とした制度ですが、私立保育所が増えれば、保育士の求人も増えることが予想されます。

また、この補助金は改築や修繕も対象としているため、快適な職場環境で働ける可能性が高くなります。財政力がある豊田市ならではの施策です。

対象者市内に私立保育所を設置している、または設置しようとしている社会福祉法人・学校法人
補助金工事内容によって金額が変動
目的私立保育所の整備による、施設全体の安全性・保育環境の向上
(出典:豊田市「豊田市私立保育園施設整備費補助金交付要綱」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/004/151/yoko_h29.pdf)

豊田市における保育士の求人状況

ここからは豊田市における保育士の求人状況を解説します。豊田市における保育士の求人倍率と求人数は以下の通りです。

保育士有効求人倍率※12.94倍(2019年10月時点)
保育士求人数※281件(2020年4月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成30年及び令和元年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf))(※2出典:マイナビ保育士/」/https://hoiku.mynavi.jp/)

豊田市では保育士不足が続いています。豊田市における保育士の求人倍率は2.94倍であり、これは全国平均(3.05倍)とほぼ同じ水準です。

また豊田市では待機児童問題にも力を入れており、新園設置を進め、受け入れ定員の拡大と保育士数増加を試みています。これから保育士を目指す人にとっては、選択できる園が多くなるため、未経験でも複数の保育園を比較・検討することが可能です。

ちなみに、豊田市は平成26~31年にかけて、6年連続で待機児童数0を達成しています。行政による取り組みの成果が出ており、今後も受け入れ定員の拡大を図っていくことはほぼ確実です。保育士は依然として必要とされる状況にあります。

(出典:豊田市「平成31年4月1日の待機児童数ゼロについて」/ https://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1031123/1031146.html)

【保育士向け】豊田市の遠足・お出かけスポット

ここでは豊田市で保育士として働きたい人へ向けて、豊田市の遠足・お出かけスポットを紹介します。いずれも子どもたちが好む場所です。豊田市で保育士となり、遠足・お出かけの計画を立てる際は、ぜひ参考にしてください。

1.鞍ケ池公園

豊田市民の憩いの場として知られる「鞍ケ池公園」には、幼い子どもでも楽しめる施設が充実しています。 たとえば、ちびっこ広場には滑り台などの遊具があります。暑い日には水遊び場も人気です。動物園には希少動物のミナミカナダヅルを始め、約30種の動物が飼育されています。モルモットやウサギなどと触れ合える機会もあるため、きっと子どもたちも喜ぶでしょう。

また雨の日や寒い冬には、屋内のプレイハウスを活用できます。ボールプールや積み木など、幼児でも安全に遊べる遊具が揃っていることが魅力的です。

2.とよた科学体験館

新豊田駅の近くにある「とよた科学館体験館」は、子どもの知育に最適なスポットです。サイエンスホールには体験型の展示が並び、科学や天文学の面白さに触れることができます。また、プラネタリウムでは子ども向け番組も投映され、迫力満点の映像を楽しむことが可能です。

その他、定期的にサイエンスショーも開催されています。ものづくりの街である豊田市を象徴する施設であるため、子どもたちと遠足をする際は、一緒に訪れてみてください。

まとめ

経済・文化・自然的な豊かさを有する豊田市ですが、依然として保育士不足が叫ばれています。求人倍率も高くなっており、保育士として就職しやすい状態です。

豊田市には大企業が存在するため、私立・公立保育所だけでなく、企業内託児所の求人もあります。企業内託児所は待遇・福利厚生面で充実していることが特徴です。 また正社員だけでなくパート・アルバイトなど、多用な雇用形態で求人を行う施設もあります。

豊田市で保育士を目指す際は、様々な選択肢を持つことができるため、入念にリサーチして自分にとって最適な職場を選んでください。

※当記事は2020年4月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職