愛知県|幼稚園の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士愛知県愛知県|幼稚園

愛知県|幼稚園

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

【愛知県】幼稚園教諭の求人情報|保育士との給与比較も

愛知県は、日本で4番目に人口の多い自治体です。県庁所在地である名古屋は日本三大都市の一つに数えられ、工業都市の中心地として栄えています。

出典:Aichi Now「愛知ってどんなとこ?」

愛知県には、子育て世代も多いことから、自治体による育児支援などの取り組みも盛んです。そのため、幼稚園や保育園で働くことを検討している人は少なくないでしょう。

出典:愛知県「あいち はぐみんプラン2020-2024」

ここでは、幼稚園教諭の仕事内容から、愛知県における保育・幼稚園業界の実情、平均給与・求人状況までを解説します。保育士との働き方の違いが気になる人も、ぜひ参考にしてください。

1.幼稚園教諭の仕事内容とは?

幼稚園教諭の仕事は、公立・私立の幼稚園で3歳から6歳(小学校入学前)の子どもたちに「教育」を行うことです。一方、保育園で働く保育士は、保護者の代わりに子どもたちの生活を補助する「保育」を行うため、幼稚園教諭と保育士の役割は大きく異なります。

また、保育園・幼稚園における保育者・先生の配置基準は、保育園が1人あたり3~30人まで(各年齢で異なる)、幼稚園が1人あたり35人までです。そのため、幼稚園教諭は一度に受け持つ子どもの数が多くなりやすく、その分体力も要します。

1-1.愛知県における保育・幼稚園業界の実情

愛知県は「あいち はぐみんプラン2020-2024」を策定しており、少子化対策や子育て支援を積極に行っている自治体です。

出典:愛知県「あいち はぐみんプラン2020-2024」

しかし、2021年時点の愛知県は待機児童数が155人であり、瀬戸市が38人・長久手市が32人と、他の地域に比べて多い状況です。子どもの数に比べて保育園が少ない状況にあるため、子どもの預け先として幼稚園を選ぶ保護者もいるでしょう。

出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)」

2021年時点で愛知県には419の幼稚園があり、内訳は国公立が59・私立が360となっています。なお、認定こども園(幼保連携型認定こども園)の数は205です。

出典:愛知県「令和2年度学校基本調査結果統計表」

認定こども園で働くためには、保育士資格と幼稚園教諭免許状の両方が必要です。愛知県では、幼稚園教諭免許状を持ち、幼稚園での実務経験がある場合、保育士資格取得に必要な履修科目や試験科目が軽減される「特例制度」が導入されています。そのため、幼稚園資格を持つ人は、幼稚園以外にも活躍の場を広げることも可能です。

出典:愛知県「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について」

また、愛知県幼児教育研究協議会が幼児教育指針を定め、幼稚園や保育園・認定こども園における幼児教育の活性化を図る取り組みを進めています。指針の中には、幼稚園教諭や保育士の専門性の向上や研修の充実も含まれているため、愛知県の幼稚園教諭や保育士は幼児教育に関して多くのノウハウを得ることができるでしょう。

出典:愛知県「本県初の「愛知の幼児教育指針」を策定しました!」

2.【愛知県】幼稚園教諭の平均給与

愛知県と全国における保育士・幼稚園教諭の平均年収は下表のとおりです。

 保育士の平均年収幼稚園教諭の平均年収
愛知県約404万円約443万円
全国約374万円約383万円
出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」

愛知県の保育士と幼稚園教諭の平均年収は、共に全国平均を上回る傾向です。特に、幼稚園教諭は、全国でも高い水準を誇る東京や千葉よりも高い平均年収となっています。

マイナビ保育士に掲載された愛知県内の幼稚園教諭求人を見ても、高い年収を提示する幼稚園が多く見られます。基本月給が低く設定されていても、賞与が4ヶ月分以上出る幼稚園が少なくありません。また、愛知県では認定こども園の年収も高く、年収500万円を目指せる求人も存在します。

さらに、通勤手当・住宅手当・家族手当・精勤手当などの手当が充実している幼稚園が多いことも特徴のひとつです。手当が充実した幼稚園で働くことで、より高い収入を得ることができるでしょう。さらに、研修制度が設けられている園で働くことによって、キャリアアップ・昇給を目指せます。

3.【愛知県】幼稚園教諭の求人状況

愛知県における保育士の有効求人倍率と保育士・幼稚園教諭の求人数は下記のとおりです。なお、保育士と幼稚園教諭の求人数は、マイナビ保育士に掲載された求人数にもとづいています。

保育士の有効求人倍率(※1)1.76倍(2021年4月時点)
保育士の求人数(※2)1,392件(2021年8月時点)
幼稚園教諭の求人数(※2)100件(2021年8月時点)
※1出典:厚生労働省「令和2年及び令和3年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」
※2出典:マイナビ保育士

保育士の有効求人倍率は愛知県で1.76倍となっており、全国平均の2.04倍を下回ります。そのため、就職の競争率は比較的高いと言えるでしょう。

しかし、マイナビ保育士を見ると愛知県では保育士求人が1,392件あり、うち幼稚園教諭の求人数も100件あります。立地や待遇のよい幼稚園の競争率は高い可能性があるものの、幅広い選択肢から応募先を選べます。

また、愛知県の幼稚園教諭のうち、半数以上の雇用形態が正社員求人です。一度就職した幼稚園で長く勤めたい人は、正社員求人を選ぶとよいでしょう。

3-1.幼稚園で働くことが向いている人の特徴は?

幼稚園は教育機関であるため、保育園のように子ども達の生活をサポートし遊ばせるだけではなく、一人ひとりの個性や成長を把握しカリキュラムを立てて行動する必要があります。そのため、子どもの成長に関わる「先生」としての仕事にやりがいを感じる人は向いているでしょう。

また、幼稚園の保育時間は1日4時間が標準で土日祝休みであることや、3歳未満の乳児を預からないことから、心身の負担の少ない勤務形態を求める人にもおすすめです。

まとめ

愛知県は待機児童数が100人を超える、保育需要が高い自治体であり、県内では子育てや幼児教育の環境をよりよくするための取り組みがなされています。また、愛知県の幼稚園教諭の平均年収は全国や東京都の平均を上回る傾向にあり、賞与や手当が充実した求人が多く見られます。

保育士の有効求人倍率は全国に比べて低いものの、求人数は多いため、就職を希望する人は積極的に応募することがおすすめです。愛知県で幼稚園教諭の求人を探す際は、豊富な求人情報を掲載する「マイナビ保育士」をぜひご利用ください。

※当記事は2021年8月現在の情報をもとに作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
保育適正認定
医療・介護・保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度適正認定事業者として認定されました。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職