秋田県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士秋田県

秋田県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

秋田県の保育士求人事情

保育士の求人情報平均年収と支援・取り組みについて

秋田県の景観

秋田県は、世界遺産の白神山地や田沢湖がある、美しい自然に囲まれた土地です。豊かな住環境が整っている秋田県には子育て世帯も多いため、保育士需要の高まりを受けて、保育士の求人情報が増えています。

今回は秋田県で保育士の仕事を探している方に向けて、平均給与や自治体の支援策を解説します。最後に子どもに人気の遠足スポットを紹介するため、すでに保育士として働いている方も、ぜひ当記事を参考にしてください。

秋田県​における保育士の平均給与は?

秋田県の景観

保育士として秋田県で働く場合、どれくらいの給与が見込めるのでしょうか。 以下は、全国の平均年収と秋田県の平均年収を比較した表です。

平均年収
全国約363万円
秋田県約337万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

同じ東北である青森県の保育士の平均年収が約347万円であることを踏まえると、秋田県の保育士の平均年収は全国的に低い水準にあるといえます。 ただし、上記の金額はあくまでも平均値であり、実際の給与は個々の職場によって大きく異なります。資格手当や役職手当などがある場合、一部の企業内保育所の場合は、給与が全国平均を上回る可能性があることを念頭に置きましょう。

もちろん、他業種と比較して保育士の給与が例外的に低いわけではありません。

秋田県で保育士の求人を探している際は、年収の数字だけで判断せず、待遇や福利厚生も踏まえて勤務地を検討しましょう。

秋田県が進める保育士支援の取り組み

秋田県の景観

共働き世帯でも子育てしやすい環境を作るためには、地域の保育サービスの拡充が欠かせません。そのため、秋田県では保育士の確保に向けた多様な支援を行っています。

ここでは、秋田県が行っている修学資金貸付制度と講習会を紹介します。秋田県で保育士を志している方は、各取り組みを積極的に利用しましょう。

1.保育人材を確保するための保育士修学資金貸付制度

大学や短大、専門学校などで保育士資格の取得を目指す学生に向けて、秋田県は「保育士修学資金貸付制度」を行っています。保育士修学資金貸付制度は、修学資金や入学・就職準備金の一部を無利子で貸し付ける制度です。

保育士養成施設の卒業後5年間、保育士として秋田県内で勤務した場合、貸付額の返済はすべて免除されます。秋田県で働くために保育士養成施設に通っている方は、保育士修学資金貸付制度の利用を検討してみましょう。

対象者指定の保育士養成施設に在学している方
貸付額・修学資金 月額5万円以内 ・入学準備金 20万円以内 ・就職準備金 20万円以内
返還免除の条件保育士養成施設の卒業後、秋田県内で5年間(過疎地域は3年間)継続して保育の仕事に従事する
(出典:社会福祉法人秋田県社会福祉協議会「保育士修学資金貸付制度のご案内」/ http://www.akitakenshakyo.or.jp/p_topic.php?p=5&id=538)

2.秋田県福祉保健人材・研修センターによる講習会などの開催

すでに保育士業務に携わっている方に向けては、スキル向上のための講習会を開催しています。講習会は秋田県社会福祉協議会が主催しており、インターネット上の「研修受付システム」から簡単に受講を申し込めます。

ただし、「研修受付システム」を利用するためにはユーザー登録が必要です。詳しい方法は、「研修受付システム」のページにある取扱説明書を参照してください。

福祉に関する相談窓口秋田県福祉保健人材・研修センター
講習・研修会等の開催ホームページ上で随時公開
(出典:社会福祉法人秋田県社会福祉協議会「福祉保健福祉人材・研修センターとは」/ http://www.akitakenshakyo.or.jp/p_topic.php?p=5&id=47)

なお、2020年5月時点では以下の研修が予定されています。

研修名保育施設保育士研修
対象者保育施設に3年以上勤務する方
研修科目・保育をめぐる福祉の現状と保育士の役割 ・保護者支援とコミュニケーション
研修日(※)令和2年7月14日~15日
受講定員50名

※研修日は変更となる場合があるため、正式な日程は社会福祉法人秋田県社会福祉協議会のホームページを確認してください。

(出典:社会福祉法人秋田県社会福祉協議会「職域研修、特別研修詳細:保育施設保育士研修」/ http://www.akitakenshakyo.or.jp/training/147.html

秋田県における保育士の求人状況

秋田県の景観

では、実際に秋田県ではどのくらいの求人数が出ているのでしょうか。 以下は、秋田県の保育士の有効求人倍率と、保育士求人数をまとめた表です。

保育士有効求人倍率(※1)1.73倍(2019年10月時点)
保育士求人数(※2)12件(2020年5月時点)
(※1出典:全国保育士養成協議会:資料「2019年度 保育士養成研究所 第1回研修会 資料:保育の動向と保育士養成課程について/ https://www.hoyokyo.or.jp/nursing_hyk/reference/(※2出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

全国の保育士有効求人倍率は3.05倍であるため、秋田県の保育士有効求人倍率は低い傾向にあります。

しかし、平成31年時点における秋田県の待機児童数は65人です。全国的には少ないものの、前年度と比べると待機児童数は増加傾向にあります。

(出典:内閣府「H31.4.1時点保育所等整備量・待機児童数の公表について」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_45/pdf/s5.pdf

秋田県では待機児童数をゼロにするべく、継続して子育て支援策を講じています。それに伴い、認定こども園などの保育施設も増えているため、今後も保育士の求人が出ると予想されます。

秋田県ではさまざまな保育施設から求人募集が出ているため、就職・転職の際は勤務地や待遇などを十分に考慮して選びましょう。

【保育士向け】秋田県​の遠足・お出かけスポット

秋田県の景観

最後に、秋田県で人気の遠足・お出かけスポットを2つ紹介します。どちらも子どもが喜ぶ場所であるため、保育士として行事の計画を立てるときにぜひ役立ててください。

1.秋田県立中央公園

秋田県立中央公園は、秋田空港の周囲に位置する、広大な敷地を有する公園です。ファミリーピクニックゾーンでは、子どもを伸び伸びと遊ばせることができます。園内には飛行機の離着陸を間近で観察できる場所もあるため、子どもと一緒に散策してもよいでしょう。

2.秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~

秋田市内にある大森山動物園は、キリンやゾウ、レッサーパンダなど、約95種類の動物が飼育されている動物園です。動物の食事風景を解説付きで見られる「まんまタイム」のほか、ウサギやモルモットなどの小動物に触れる「ふれあい教室」も実施されています。大森山動物園では、動物たちと触れ合いながら、子どもに命の大切さを教えられるでしょう。

秋田県は、子育て環境だけでなく、保育士の勤務環境も整っている地域です。

「秋田県で保育士として活躍したい」「ブランクがあるけど復職したい」という方は、保育士専門の求人サイトで求人情報を探してみましょう。

まとめ

秋田県の保育士の平均給与は決して高水準ではないもの、交通費支給や各種手当などで年収が全国平均を上回ることもあります。また、秋田県では保育士支援に力を入れているため、行政のサポートを受けながら保育士に必要なスキルを身に付けられます。

これから保育士を目指す方はもちろん、育休や産休で離職した方にとっても、秋田県は働きやすい環境が整っています。正社員やアルバイトといった雇用形態を問わず、さまざまな保育施設から求人情報が出ているため、自分に合う勤務先を見つけましょう。

※当記事は2020年5月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職