青森県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士青森県

青森県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

青森県の保育士求人事情

保育士の求人情報充実の支援で着実にキャリアアップ

秋田県の景観

青森県は、保育士に向けての学習支援、および就職後の支援が充実しており、働き手の環境整備がなされている県です。キャリアアップのための研修制度も整備されているため、安心して就職できる環境と言えるでしょう。

当記事では、青森県における保育士の求人情報について紹介します。青森県での保育士の平均給与や保育士支援について詳しく解説しているため、青森県で保育士を検討している方はぜひご覧ください。

青森県における保育士の平均給与は?

秋田県の景観

まずは、青森県における保育士の平均給与を見てみましょう。就業してどれほどの収入が得られるかという情報は、就職先を選択する上で大切な基準となります。

厚生労働省が発表したデータによると、青森県と全国における保育士の平均年収は、以下の通りです。

平均年収
全国約363万円
青森県約347万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

上記の表より、青森県の平均年収は全国の平均年収に比べて若干低いことが分かります。ただし、全国の平均年収は、東京などの年収が高い地域が額を押し上げています。その点を考慮すると、青森県は多くの地域と等しい賃金水準にあると言えるでしょう。

また、上記の金額はあくまで平均であるため、残業手当など各種手当が充実している職場では、平均を上回ることは十分にあります。

青森県が進める保育士支援の取り組み

秋田県の景観

青森県では、保育士が安心し勤務できる環境づくりが推進されています。その種類は、保育士を目指す学生の支援から、実際に業務に従事している保育士のキャリアアップ支援までさまざまです。

今回は、数ある支援のなかから、「保育士修学資金貸付」および「青森県保育士等キャリアアップ研修」について紹介します。

1.保育士修学資金貸付

保育士修学資金貸付は、青森県内の保育士養成施設に在学している方を対象に、将来的に青森県で就職することを条件に貸し付けられる資金です。

保育士養成施設を卒業後1年以内に保育士登録をし、青森県内の保育施設で5年間働くことで、返還が全額免除されます。

対象者・青森県に住民登録している方 ・県内の保育士養成施設に在学している方 ・施設卒業後、青森県で就職する意欲のある方 ・経済的な理由で貸付が必要な方
基本額月額5万円以内
入学準備金20万円以内
就職準備金20万円以内
(出典:青森県社会福祉協議会「保育士修学資金貸付の概要」/ http://aosyakyo.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/27becbc5f0c5bd9b75c971d747c4c497.pdf))

なお、本修学資金は無利子です。さらに、一部では、青森県で3年間保育士として働くことで返還免除となります。金銭面で苦しい事情のある方でも、安心して学業に集中できるでしょう。

2.青森県保育士等キャリアアップ研修

青森県保育士等キャリアアップ研修は、青森県で実施される研修を受けることにより、キャリアアップができる仕組みのことです。現在のキャリアに「副主任保育士」「専門リーダー」「職務分野別リーダー」を設け、同時に処遇改善加算がなされます。

対象者・副主任保育士 ・専門リーダー ・職務分野別リーダー
処遇改善加算・4万円(副主任保育士、専門リーダー) ・5千円(職務分野別リーダー)
(出典:青森県健康福祉部こどもみらい課「保育士等の人材確保について」/ ​https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/kodomo/files/20171207-shiryo-2.pdf))

研修は都道府県が主体となって実施されますが、研修の効力は全国の保育施設で有効です。

今後、青森県以外で働く際の待遇改善にも繋がるため、研修の機会があれば積極的に参加しましょう。

青森県における保育士の求人状況

秋田県の景観

保育士を目指している方にとって、求人状況がどのようになっているのかは気がかりな点です。

ここでは、青森県における保育士の求人状況について紹介します。青森県における保育士の有効求人倍率と求人数は、下記の通りです。

保育士有効求人倍率(※1)1.88倍(2019年10月時点)
保育士求人数(※2)6件(2020年4月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成30年及び令和元年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ ​https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf))(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

青森県における保育士の有効求人倍率は、1.88倍となっています。有効求人倍率とは、1人あたり何件の求人があるかを示すものです。つまり、青森県では1人の保育士を目指す方に対し、1.88件の求人があり、需要が高いことを示しています。

また、2020年4月時点での保育士求人数は6件です。

ただし、あくまでwebで公開されている求人数であるため、既に年度が始まっている段階でも職員の募集が途切れていないことから、青森県で保育士を求める施設は多いと言えるでしょう。

【保育士向け】青森県の遠足・お出かけスポット

最後に、青森県で保育士として働くことを希望する方に向けて、人気の遠足・お出かけスポットを紹介します。 遠足やお出かけは、保育士の仕事内容のなかでも、大切な仕事です。保育士や園児の交流を図るとともに、園児が公共のマナーを学べるイベントとなります。

1.青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館は、遊びながら科学的な知見を体験できる施設です。世界初の太平洋無着陸横断を成功したミス・ビードル号の復元機など、子どもたちが一日中楽しめる設備・体験が用意されています。

2.青森県営浅虫水族館

青森県営浅虫水族館は、水の世界の楽しさを体験しながら楽しめる施設です。人気のタッチコーナーでは、ヒトデやカニなどを実際に手に取ることができ、実体験を通じた観察をすることができます。

遠足やお出かけ先を選ぶ際は、ぜひ今回紹介したスポットも候補地として検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

青森県は、保育士の有効求人倍率が1倍を超える水準で推移しており、保育士を必要としている県です。平均給与は、年収の高い東京などを除けば、全国平均並みと言えるでしょう。

青森県の保育士支援は充実しており、修学資金貸付など、保育士として働きたい方が安心できる制度が整備されています。

就活情報サイトでは、青森県の保育士求人が随時更新されているため、多くの情報を活用しながら、自身に最適な就職先を選択してください。

※当記事は2020年4月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。