愛媛県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士愛媛県

愛媛県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

愛媛県の保育士求人事情

保育士の求人情報支援事業の詳細や遠足スポットについて

愛媛県の景観

恵み豊かな瀬戸内海に面している愛媛県は、都会の喧騒を離れ、のどかな環境で保育士として働きたい人におすすめのエリアです。愛媛県で保育士として働くことで、仕事とプライベートの両立が図れるでしょう。

今回は、愛媛県における保育士の求人情報に関して、平均給与や県が進める保育士支援の取り組みを解説します。子どもを連れて行くことができる、遠足・お出かけスポットも紹介するため、愛媛県で保育士を目指す人は参考にしてください。

愛媛県​における保育士の平均給与は?

愛媛県の景観

愛媛県における保育士の平均年収と、全国における平均年収は下記のとおりです。 なお、愛媛県の平均年収は、求人情報によって算出された推定値となります。

平均年収
全国約363万円
愛媛県約353万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

愛媛県における保育士の平均年収は、全国平均よりも10万円ほど低い金額です。しかし、愛媛県は都市圏に比べて物価や家賃が安いため、全国平均ほどの年収にならない場合でも、十分な生活を送ることができます。また、表に示されている金額はあくまで平均値です。手当や賞与の額は勤務先によって異なるため、勤務先によっては、平均以上の年収になるケースも少なくありません。

愛媛県で保育士として働き、より多くの収入を得たい場合は、愛媛県における保育士の平均年収を指標にし、より高い給与を得られる保育施設を探しましょう。

企業が運営している保育園の場合、さらに年収がアップする場合もあります。自分に合う環境で働くためにも、求人情報はこまめに確認しましょう。

愛媛県​が進める保育士支援の取り組み

愛媛県の景観

愛媛県は、県内で保育士として働きたい人を応援するため、保育士支援の取り組みが豊富です。なかでも、金銭面に関する取り組みは、嬉しい制度といえるでしょう。

ここでは、「保育士試験による資格取得支援事業」と「潜在保育士の再就職支援事業」の2つを紹介します。取り組みをうまく活用して、保育士を目指しましょう。

1.保育士試験による資格取得支援事業

愛媛県では、「保育士試験による資格取得支援事業」を実施しており、保育士の仕事がしたい人のサポートを行っています。概要は下記のとおりです。

対象者保育士試験合格後、下記の施設または事業で保育士として勤務することが決定した人。
・保育所
・認定こども園を目指す幼稚園
・事業所内保育事業
・児童養護施設
・認定こども園
・小規模保育事業A型及びB型
・乳児院
・認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書を交付されている
認可外保育施設(全て公立施設は対象外)
補助金保育士試験を受験するための学習に要した経費の2/1(上限15万円)
支給要件保育士登録後、対象施設において1年間以上勤務すること
(出典:愛媛県「令和元年度保育士資格取得等の補助について」/https://www.pref.ehime.jp/h20300/ikusei/hoiku/hoikushisyutokuhojo.html))

2.潜在保育士の再就職支援事業

愛媛県では、ブランクがある資格保有者・業務経験者の再就職を促すため、「潜在保育士の再就職支援事業」を実施しています。貸付という形ではあるものの、条件を満たすことで返還は免除されます。概要は下記のとおりです。

対象者潜在保育士
就職準備金40万円(1回限り)
返還免除の条件就業場所が愛媛県内にある保育所等で2年以上勤務
(出典:愛媛県「愛媛県保育士修学資金貸付等事業について」/https://www.pref.ehime.jp/h20300/hoiku/hoikushisyuugakukashitsuke.html)

愛媛県​における保育士の求人状況

愛媛県の景観

愛媛県で保育士として働きたいと考えている人は、効率的に就職活動をするためにも、愛媛県における保育士の求人状況をチェックしておきましょう。 愛媛県の保育士有効求人倍率と、マイナビ保育士に登録されている求人数は、下記のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)1.95倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)25件(2020年6月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

愛媛県における有効求人倍率は、他の都道府県に比べて高くありません。また、保育士の求人数も多いとはいえないでしょう。

しかし、令和元年10月1日時点で、愛媛県における待機児童数は400人に上っています。前年同月と比較すると約95人増加しており、待機児童問題が深刻化している状態です。

(出典:愛媛県「待機児童数(令和元年10月1日現在)」/https://www.pref.ehime.jp/h20300/hoiku/documents/taiki011001.pdf)

待機児童数のさらなる増加を食い止めるため、愛媛県では今後も継続して保育士の求人が出されるでしょう。このことから、今後さらなる保育士需要の増加が期待できます。

【保育士向け】愛媛県​の遠足・お出かけスポット

愛媛県の景観

愛媛県には、子どもたちと訪れたい魅力的な遠足・お出かけスポットがたくさんあります。なかでも、「愛媛県立とべ動物園」と「丹原総合公園」は、県内でも人気があるスポットです。それぞれのスポットを解説します。

1.愛媛県立とべ動物園

愛媛県とべ動物園は、30年以上の歴史がある動物園です。170種823点もの動物たちが、10のゾーンに展示されています。世界一周旅行をするように動物の姿を見ることができるため、動物の生態のみならず、地理も楽しく学ぶことができるでしょう。

2.丹原総合公園

トランポリンやロープ遊具等の遊具が充実している丹原総合公園は、一日中飽きることなく遊ぶことができるスポットです。テニスコートや体育館等、施設も充実しています。

どちらも魅力がたくさんのスポットであるため、子ども達と楽しい時間を過ごせるでしょう。

まとめ

ここまで、愛媛県における保育士の求人情報に関して、平均給与や県が進める保育士支援の取り組みを中心に解説しました。

愛媛県は、「保育士試験による資格取得支援事業」や「潜在保育士の再就職支援事業」等、保育士支援を積極的に行っている自治体です。愛媛県で保育士を目指す人は、手厚いサポートを受けることができます。

この記事を参考にして、愛媛県における保育士の求人情報を把握し、活躍できる保育士を目指しましょう。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。