福岡県福岡市の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士福岡県福岡県福岡市

福岡県福岡市

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

福岡市の保育士求人事情

保育士の求人情報待機児童0人を続ける行政の取り組み

福岡市は、九州で最も人口が多い都市で、共働きの子育て世帯も多く、一部のエリアは「保活激戦区」と呼ばれています。 福岡市ではこのような現状を打破するべく、保育士の求人を多く出したり、保育サービスを充実させたりと、さまざまな支援を行っています。そのため、福岡市で保育士として就職したいと考えている人は多いでしょう。

そこで今回は、福岡市における保育士の平均給与や保育士支援の取り組み、求人状況を解説します。さらに、福岡市でおすすめの遠足スポットも紹介するため、福岡市で保育士の資格を活かして働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

福岡市における保育士の平均給与は?

福岡市で好条件の求人募集情報を探すためにも、福岡市における保育士の平均年収を押さえておくことが重要です。 福岡市・福岡県と全国における保育士の平均年収は、下記のとおりです。

平均年収
全国約363万円
福岡県約381万円
福岡市約290万~350万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

福岡市における保育士の平均年収は、福岡県や全国と比べて低くなっています。ただし、福岡県や全国の平均年収が統計データであることに対し、福岡市の平均年収は求人サイトに掲載されている時給や月給から算出された推定値です。そのため、勤務先によっては平均以上の収入を得ることができます。

また、資格手当をはじめとする諸手当が充実している保育施設や、主任や園長などの役職に就任できる可能性がある保育施設を選べば、より高い給与を得られるでしょう。

企業や法人が運営している保育施設も、高給である傾向にあります。保育士の求人情報を探す際には、手当や運営事業者についてもチェックしておきましょう。

福岡市が進める保育士支援の取り組み

福岡市では保育サービスの充実を図るため、さまざまな保育士支援の取り組みを行っています。

ここでは、中でも注目したい「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付制度」と「潜在保育士に対する就職準備金の貸付制度」の概要を紹介します。 福岡市で保育士として働く際は、ぜひ活用してください。

1.未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付制度

福岡市では、未就学児を抱えて働く保育士の金銭面を支援するため、保育料の一部を貸し付けています。無利子の貸付という形を取っていますが、条件を満たせば返還が免除されます。

対象者下記のいずれかの要件を満たす保育士
・週20時間以上勤務する
・未就学児を持ち、保育所などに新たに勤務する
・保育所などに雇用されており、産後休暇や育児休業から復帰する
・平成28年10月1日以降に保育士として勤務開始している
貸付額未就学児の保育料の半額(月額27,000円を限度)
返還免除条件2年間保育所などに勤務する
(出典:福岡市「保育士人材確保事業(保育士への資金貸付)の実施について」/ https://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo-mirai/hoikushoshido/child/hoikushi_kashituke.html)

2.潜在保育士に対する就職準備金の貸付制度

福岡市は、潜在保育士に保育の現場で活躍してもらうため、就職準備金の貸し付けを実施しています。保険料の一部貸付と同様で、条件を満たせば返還が免除されます。

対象者下記の条件をすべて満たす保育士
・週20時間以上勤務する
・保育士登録後1年以上経過、もしくは保育士登録後1年未満で養成施設の卒業または保育士試験の合格から1年以上経過している
・保育所などを離職後1年以上経過、もしくは勤務経験が無い
・保育所などに新たに勤務する
貸付額200,000円以内(一定の条件を満たす地域は400,000円以内)
返還免除条件2年間保育所などに勤務する
(出典:福岡市「保育士人材確保事業(保育士への資金貸付)の実施について」/ https://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo-mirai/hoikushoshido/child/hoikushi_kashituke.html)

福岡市における保育士の求人状況

福岡市では、保育サービスの需要に応えるため、多くの求人を出しています。 福岡県における保育士有効求人倍率と福岡市における保育士求人数は、下記のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)1.83倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)278件(2020年6月時点
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

平成31年4月1日時点で、福岡県全体における待機児童数が1,232人であることに対し、福岡市の待機児童数は20人です。また、平成29年時点の89人に比べて、平成30年は40人と順調に待機児童数を減少させていることがわかります。

(出典:内閣府「H31.4.1時点保育所等整備量・待機児童数の公表について」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_45/pdf/s5.pdf)(出典:福岡市「平成30年度 保育所入所申込状況について」/ http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/63034/1/h30hoikusyomoushikomijokyo.pdf)

福岡市では待機児童数ゼロを目指し、パート・アルバイト・正社員と幅広い雇用形態で多くの保育士を募集しています。福岡市では待機児童ゼロが達成されるまで、これからも多くの求人が出され続けるでしょう。

(出典:福岡市「令和元年度こども未来局運営方針)

【保育士向け】福岡市の遠足・お出かけスポット

最後は、福岡市で保育士として働く際に、子どもとの遠足・お出かけを楽しみたいと考えている人に向けて、福岡市でおすすめの遠足・お出かけスポットを紹介します。

1.海の中道海浜公園

海風を感じながら、美しい花々や動物たちの姿を見ることができる「海の中道海浜公園」は、福岡市でも屈指の遠足・お出かけスポットです。1日では遊びきれないほど広いため、何度訪れても違う遊びを楽しめるでしょう。

2.福岡市動植物園

「福岡市動植物園」では、約140種の動物と約2,600種の植物と出会うことができます。動物に餌やりをすることができるため、子どもたちの教育にもうってつけです。 福岡市で保育士として遠足・お出かけをする際は、ぜひ今回紹介したスポットを活用してください。

まとめ

福岡市における保育士の平均年収は、全国や福岡県全体と比較して低い傾向にあります。しかし、諸手当が充実している職場で働くことによって、平均年収以上の収入を得ることが可能です。

福岡市では保育士を確保するため、金銭面でのサポートも行っています。条件を満たすことで、貸付金の返還を免除してもらうことができるため、積極的に活用するとよいでしょう。

福岡県・福岡市の待機児童数は減少傾向にありますが、待機児童数ゼロを目指して幅広い雇用形態で保育士を募集しています。福岡市で保育士の求人を探す際は、今回紹介した保育士の平均給与や求人状況を参考に、自分に合う環境や勤務条件の職場を見つけましょう。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職