北海道札幌市の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士北海道北海道札幌市

北海道札幌市

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

札幌市の保育士求人事情

保育士の求人情報待機児童0人を続ける行政の取り組み

2020年現在、札幌市は待機児童数ゼロを誇るエリアです。しかし、札幌市は現状に甘んじることなく、市民のニーズに応えて保育サービスをさらに拡充するため、保育士を多数募集しています。また、札幌市は保育士に対する就業支援環境も万全に整えているため、札幌市で保育士になれば、安心して働けるでしょう。今回は、札幌市における保育士の平均給与や札幌市が進める保育士支援の取り組み、札幌市の保育士の求人情報などを解説します。札幌市で経験や資格免許を活かして保育士として働きたい人は、ぜひチェックしてください。

札幌市における保育士の平均給与は?

札幌市で保育士として働きたい場合は、まず札幌市における保育士の平均給与を知っておきましょう。札幌市の保育士の平均年収と北海道の保育士の平均年収、全国の保育士の平均年収は、以下に示す表のとおりです。

平均年収
全国約363万円
北海道約355万円
札幌市約260万~350万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

札幌市における保育士の平均年収は、北海道全体や全国と比べると低く感じられるでしょう。しかし、札幌市の保育士の平均年収は、あくまで求人サイトに掲載されている時給や月給から算出された推定値です。そのため、統計データによる北海道及び全国の保育士の平均年収とは単純に比較できません。 また、札幌市で保育士として働く場合、国や自治体が運営する施設で働くか、企業が運営する施設で働くかによって得られる給与は大きく前後します。資格手当などの諸手当や福利厚生が充実しているか、主任や園長などの役職に就くことができるかも重要な要素です。札幌市にある保育施設の求人募集情報を検索する際は、給与以外の情報もチェックしましょう。

札幌市が進める保育士支援の取り組み

札幌市では、保育士が衣食住の心配をすることなく安心して働けるよう、さまざまな保育士支援事業に取り組んでいます。中でも、「保育人材を確保するための保育士就職準備金貸付事業」と「将来の保育人材を育成するための修学資金等貸付制度」は注目すべき支援事業です。

ここからは、各事業の概要を紹介します。

1.保育人材を確保するための保育士就職準備金貸付事業

札幌市は保育士の資格を持っている潜在保育士にも現場で活躍してもらうため、「保育士就職準備金貸付事業」を実施しています。

対象者札幌市内の保育所などで新たに勤務する保育士(週20時間以上勤務するなどの条件あり)
貸付額400,000円以内(1回限り)
返還免除の条件札幌市内の保育所などで2年間継続して保育業務などに従事した場合 (上記を満たさなくても、1年以上引き続いて保育業務などに従事した場合は、一部免除を受けられる可能性あり)
(出典:社会福祉法人札幌市社会福祉協議会「貸付制度」/ https://www.sapporo-shakyo.or.jp/consult/loan/)

2.将来の保育人材を育成するための修学資金貸付制度

札幌市は将来保育士として活躍する人材を育てるため、保育士の資格取得支援事業の一環として「保育士修学資金貸付制度」を整えています。

対象者札幌市や札幌市近郊の保育士養成施設などに在学中の人、もしくは入学する予定の高校生
貸付額月額50,000円以内 (入学費用や就職準備金として、それぞれ20万円以内の加算可能)
返還免除の条件卒業後1年以内に保育士登録を行い、札幌市内の保育所などで週20時間以上、5年間保育業務などに従事した場合 (上記を満たさなくても、1年以上引き続いて保育業務などに従事した場合は、一部免除を受けられる可能性あり)
(出典:社会福祉法人札幌市社会福祉協議会「貸付制度」/ https://www.sapporo-shakyo.or.jp/consult/loan/)

札幌市における保育士の求人状況

札幌市にある保育施設では、保育サービスの質を高く保つため、パート・アルバイトから正社員までさまざまな雇用形態の保育士求人を出しています。 北海道における保育士有効求人倍率と、札幌市における保育士求人数は、以下に示す表のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)1.68倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)108件(2020年6月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

北海道における2019年4月1日時点の待機児童数は152人でした。それに対し、札幌市において国が定義する待機児童数は、2020年4月1日時点で0人です。札幌市は3年連続で待機児童ゼロを達成しており、札幌市の保育サービスは充実していると言えるでしょう。

(出典:内閣府「H31.4.1時点保育所等整備量・待機児童数の公表について」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_45/pdf/s5.pdf)(出典:札幌市子育てサイト「保育所入所待機児童の状況について(令和2年4月1日現在)」/ http://kosodate.city.sapporo.jp/material/files/group/1/200401taiki3.pdf)

これから札幌市はさらに多様化するニーズに応えるため、行政による保育サービス拡充に向け、保育士の募集を継続すると予想されます。

【保育士向け】札幌市の遠足・お出かけスポット

広大な面積を誇る札幌市には、多くの遠足・お出かけスポットがあります。中でも「真駒内曙公園」と「北園公園」は、幼い園児たちとの遠足・お出かけにぴったりのスポットです。 最後に、それぞれのスポットの魅力を紹介します。

1.真駒内曙公園

夏は水遊び、冬はソリ滑りを楽しめる「真駒内曙公園」は、豊かな自然の中で子どもを遊ばせたい人におすすめのスポットです。広大な芝生広場や子ども心をくすぐる遊具もあるため、一日中飽きることなく遊び続けることができます。

2.北園公園

冒険公園の異名を持つ「北園公園」では、子どもたちをのびのびと遊ばせることができます。

大型のコンビネーション遊具やターザンロープなど、さまざまな種類の遊具があるため、冒険気分で遠足・お出かけを楽しめるでしょう。

まとめ

2020年時点で3年連続待機児童ゼロを誇る札幌市は、さらなる保育サービスの拡充を図るため、さまざまな保育士のサポート事業を実施しています。札幌市で保育士として働けば、保育士の仕事もプライベートも一層充実した時間を過ごせるでしょう。

今回紹介した、札幌市における保育士の平均給与や求人情報などを参考に好条件の仕事情報を手に入れ、札幌市の保育士の求人募集にぜひ応募してみてください。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職