岩手県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士岩手県

岩手県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

岩手県の保育士求人事情

保育士の求人情報平均年収と支援・取り組みについて

岩手県の景観

岩手県は、子育てと仕事の両立をサポートする取り組みに力を入れている地域です。

岩手県内で保育士を目指す場合は、県が進める取り組みにも注目しましょう。

ここでは、岩手県で保育士として働くにあたり、知っておきたい県内の保育士求人情報について解説します。岩手県における保育士の平均給与や保育士求人の状況、さらに遠足やお出かけで使えるおすすめスポットにも触れているため、ぜひ参考にしてください。

岩手県​における保育士の平均給与は?

岩手県の景観

ここでは、岩手県における保育士の平均給与について解説します。

以下は、岩手県と全国の保育士平均年収を比較した表です。

平均年収
岩手県約328万円
全国約363万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

岩手県における保育士の平均給与は、全国平均に比べてやや低いことが特徴です。

しかし、年収は就職先によって異なるため、岩手県で働くと全国平均よりも給与が少なくなるとは一概にいえません。

保育所の運営形態・正社員やパート勤務などの雇用形態・仕事内容や賞与の有無などの雇用条件によっては、岩手県でも全国平均レベルの給与を得ることが可能です。

岩手県が進める保育士支援の取り組み

岩手県の景観

岩手県では、保育士の確保が課題とされています。保育士不足の原因のひとつが、保育士の資格取得や就職活動にかかる金銭的な負担です。

岩手県では、保育士支援の一環として貸付制度を行っています。

岩手県で保育士を目指す場合は、対象となる支援を積極的に利用しましょう。

ここからは、岩手県が進める保育士支援の取り組みについて詳しく紹介します。

1.保育士修学資金貸付制度

保育士修学資金貸付制度は、保育士資格取得を目指す人への支援が目的です。

対象者には、無利子で最大2年間の貸付を行います。県内の保育施設などで5年間保育業務に従事した場合は、貸付金の返還が免除される仕組みです。過疎地や沿岸希望枠の場合は、保育業務への従事期間が3年間となります。

保育士修学資金貸付制度を利用するためには、連帯保証人が必要です。提出した書類を基に審査が行われ、承認されると保育士養成施設を通じて貸付決定通知が送付されます。

対象者保育士養成施設に在学中で、卒業後は県内での業務従事を考えている人
貸付金額・月額5万円以内
・入学準備金20万円
・就職準備金20万円
・沿岸希望枠の場合は就職準備加算金として20万円以内で追加可能
申請期限あり
(出典:岩手県社会福祉協議会「保育士修学資金貸付制度について」/ http://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2017070500031/)

2.保育士就職準備金貸付制度

保育士就職準備金貸付制度は、保育士資格保有者の再就職を支援するための制度です。

結婚や妊娠・出産で保育の現場を離れていた人など、保育士経験者や有資格者の就職をサポートすることで、保育士不足の解消につながっています。

県内の保育施設などで2年間保育業務に従事した場合は、貸付金の返還が免除されることが特徴です。ただし、保育士修学資金貸付制度と同様に、保育士就職準備金貸付制度を利用するためには、連帯保証人が必須となります。

対象者(すべて満たすこと)・週20時間以上保育士として勤務する人
・該当施設(保育所、認定こども園、企業主導型保育事業など)を離職した人もしくは勤務経験がない人
・県内の保育施設などに再就職する人
・保育士修学資金貸付で就職準備金の加算を受けていない人
補助金40万円以内
申請期限随時受付
(出典:岩手県社会福祉協議会「保育士修学資金等貸付制度のご案内」/ http://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016122100038/)

岩手県における保育士の求人状況

岩手県の景観

全国の保育士有効求人倍率が2.29倍であるのに対して、岩手県における保育士有効求人倍率は1.81倍でやや低い傾向にあります。

しかし、全国の全職種有効求人倍率が1.05倍であることを考えれば、岩手県における保育士への需要は高いといえるでしょう。

保育士有効求人倍率(※1)1.81倍(2020年7月時点)
保育士求人数(※2)10件(2020年11月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/R2.11..pdf(※2出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

岩手県は、東北6県のなかでは保育士の求人数が少ない地域です。岩手県の保育士求人募集は、盛岡市・紫波郡・釜石市・北上市に集中しています。

2019年10月1日時点で岩手県における待機児童数は423人と高い数値であり、今後岩手県の保育士求人数が増える可能性は高いといえます。

(出典:令和元年10月時点の保育所等の待機児童数の状況について「000661459.pdf」/ https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000661459.pdf)

【保育士向け】岩手県​の遠足・お出かけスポット

岩手県の景観

岩手県には、子どもたちが楽しめる遠足・お出かけスポットが豊富です。お出かけスポットの特徴や魅力、利便性などをチェックして、保育士の仕事に活かしましょう。

最後に、親子遠足やお別れ遠足などにぴったりのおすすめスポットを紹介します。

1.岩手サファリパーク

「岩手サファリパーク」は、サファリバスに乗って動物を近い場所から眺めたり、ウサギやサルと触れ合ったりできる人気スポットです。めずらしい動物も多く、子どもたちの好奇心を刺激できます。

アクセスは、東北自動車道「若柳金成IC」から車で約30分です。

休園日は、火・水・木・金曜日となっています。

2.奥州市ふれあいの丘公園

「奥州市ふれあいの丘公園」は、人工石の小川やそりすべりができる人工芝ゲレンデなど、子どもがのびのびと楽しめる公園です。夏は水遊びを楽しむ子どもたちの姿も多く見られます。

アクセスは、JR東北本線「水沢駅」より車で約13分、東北自動車道「水沢IC」から車で約15分です。

火曜日・12~3月の冬季は、休園日となります。

まとめ

岩手県の保育士平均年収は全国平均より低いことが特徴です。ただし、実際の年収は就職先によって異なります。職場の雇用形態や雇用条件によっては、安定した収入が期待できるでしょう。岩手県で保育士を目指す場合は、募集職種や求人情報をしっかり比較することが大切です。

また、岩手県では、保育士志望の人や保育士として再就職したい人に対する支援を行っています。県が進める取り組みを上手く活用して、ニーズに合った就職を目指しましょう。

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。