鹿児島県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士鹿児島県

鹿児島県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

鹿児島県の保育士求人事情

保育士の求人情報独自の支援から求人状況まで紹介!

鹿児島県の景観

近年、鹿児島県は待機児童数の増加が問題視されている状況です。そのため、保育園数を増やし、保育士人材の確保・育成に向けた支援が行われています。 こういった事情のある鹿児島県は、保育士の求人数も増加している状態です。この記事では、鹿児島県における保育士の給料事情や支援制度の内容、求人状況について解説します。鹿児島県内で保育士として働きたい方は、就職・転職時の参考にしてください。

鹿児島県における保育士の平均給与は?

鹿児島県の景観

求人情報をもとに算出したところ、鹿児島県における保育士の平均給与(賞与・手当込み)は、約343万円です。全国平均の約363万円と比較した場合、少し低くなるものの、平均給与の相場に大きな開きはありません。

平均年収
全国約363万円
鹿児島県約343万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

ただし、平均給与は保育園の規模や施設形態・雇用形態(正社員・パート・アルバイト)など、条件によって異なります。

鹿児島県内では、施設によって保育士の基本給に大きな差はありません。違いが見られる部分は、処遇改善手当・通勤手当(交通費)・住居手当などの諸手当です。

たとえば、社会福祉法人が運営する認可保育園の場合、住宅手当が10,000円/月の施設と、条件によっては40,000円/月が支給される施設などで差があります。

鹿児島県が進める保育士支援の取り組み

鹿児島県の景観

鹿児島県では、保育士の地域定着や確保のために、「保育士修学資金貸付」制度や、公共職業安定所と連携した職業サポートが行われています。 保育士として就職・転職したい場合は、このような支援やサポートの活用もおすすめです。ここでは、鹿児島県が進めている支援やサポートの中でも、特徴のある2つを解説します。

1.保育士修学資金貸付

「保育士修学資金貸付」事業とは、鹿児島県内の地域に根付いた保育士を育成・確保するため、保育士の資格取得を目指す方に修学資金などの貸付を行う制度です。

対象者鹿児島県内における養成所で保育士の資格取得を目指していて、以下の条件を満たしている方
・養成施設長から推薦がある方
・家庭の経済状況などから貸付が必要と判断された方
・ほかの貸付金や奨学金制度を利用していない方※併用できる場合は相談が必要
・卒業後に鹿児島県内で保育士として働く意思がある方
対象の養成施設(9校)・鹿児島純心女子大学
・神村学園専修学校
・鹿児島純心女子短期大学
・鹿児島国際大学
・第一幼児教育短期大学
・鹿児島キャリアデザイン専門学校
・龍桜高等学校
・鹿児島女子短期大学
・奄美看護福祉専門学校
補助金修学資金:月額5万円以内
入学時:入学準備金として20万円以内
卒業時:就職支度金として20万円以内
(出典:鹿児島県社会福祉協議会「鹿児島県保育士修学資金のご案内」/ http://www.kaken-shakyo.jp/minsei/r2hoiku/r02hoikushugaku01.pdf)

養成施設を卒業した後、鹿児島県内で保育士として5年間継続勤務した場合、全額の返済が免除されます。

2.ミニ面接会・説明会

鹿児島市保育士・保育所支援センターでは、就職支援としてハローワーク鹿児島と連携し、「保育士のミニ面接会・説明会」を開催しています。

対象者保育業務に興味がある方は、誰でも参加可能
参加手数料無料
定員数説明会参加者:定員14名 ミニ面接会:原則8名まで
(出典:鹿児島市保育士・保育所支援センター「保育士のミニ面接会・説明会」/ https://hoikushi.work/mensetukai.html)

説明会やミニ面接会を行っている保育施設は、鹿児島市立保育所を除く「認可保育所」と「認定こども園」です。参加定員数が決まっているため、早めの申し込みが必要となります。

年間に10回程度開催されています。

鹿児島県における保育士の求人状況

鹿児島県の景観

鹿児島県は待機児童数が多い自治体です。2018年4月時点で158人だった待機児童数は、2019年4月時点で209人と51人増加し、早急な待機児童解消が求められています。 待機児童解消に向け保育園が新設されていることから、保育士の確保も必要です。そのため、鹿児島県内においては、新卒やブランクありの経験者も歓迎されています。

保育士有効求人倍率(※1)2.57倍(2019年10月時点)
保育士求人数(※2)45件(2020年5月時点)
(※1出典:全国保育士養成協議会:資料「2019年度 保育士養成研究所 第1回研修会 資料:保育の動向と保育士養成課程について」/ https://www.hoyokyo.or.jp/nursing_hyk/reference/)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/)

鹿児島における保育士の有効求人倍率は、1.83倍(2018年10月時点)から1年間で2.57倍に増加しています。鹿児島県内で募集されている保育施設は、社会医療法人の院内保育園・児童発達支援センター・地域生活支援センターなどです。

日常生活を子ども達とともにする託児所や認可園、障害児支援施設からの募集が多い傾向にあります。

【保育士向け】鹿児島県の遠足・お出かけスポット

鹿児島県の景観

鹿児島県には、子どもたちとの遠足やお出かけにぴったりなスポットが、多数存在しています。ここでは、鹿児島県内の遠足・お出かけスポットについて紹介します。

1.いおワールド かごしま水族館

「いおワールド かごしま水族館」は、約500種類3万点の海の生物が展示されている水族館です。水族館内には、こどもが楽しめる「ワクワクはっけんひろば」もあります。 ワクワクはっけんひろばは、海辺や小川のジオラマで子ども達が生き物を探したり、観察したりできる体験型のコーナーです。観客が参加できる「いるかの時間」などもあります。

2.平川動物園

「平川動物園」は、国内でも珍しいコアラがいる動物園です。飼育員がコアラにエサをあげている場面を見ることもできます。 芝生の広場や屋根付き休憩所があるため、子どもたちとゲームをしたりお弁当を食べたりすることも可能です。

子ども達と楽しい時間を過ごしたいときは、上記のスポットを訪れてみましょう。

まとめ

ここまで、鹿児島県における保育士の給料事情や支援制度の内容、求人状況について解説しました。

鹿児島県の保育士給与は、全国平均と近い水準です。また、近年は待機児童解消のため保育士の確保に力を入れており、保育士の需要も高まっています。さまざまな支援や取り組みも導入されており、ブランクのある方でも安心です。

この記事を参考にして、自分に合う職場を見つけられるようにしてください。

※当記事は2020年5月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。