京都府京都市右京区の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士京都府京都府京都市右京区

京都府京都市右京区

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

京都市右京区の保育士求人事情

京都市右京区の保育士の求人情報|支援の取り組みや平均給与も紹介

京都市の北西部に位置する右京区は、嵐山などの観光地があることで有名です。かつて貴人たちが別荘を構えた区南部には住宅地や大学のキャンパスが広がり、多くの子育て世代が暮らしています。

子育て世代が多く暮らすエリアは、保育士の需要も高い傾向です。保育士を目指す場合は、京都市右京区での就職がおすすめとなります。

この記事では、京都市右京区における保育士の求人情報を解説します。平均給与や保育士支援の取り組みも解説するため、保育士を目指す方は参考にしてください。

京都市右京区における保育士の平均給与は?

京都市右京区・京都府・全国における保育士の平均給与は以下のとおりです。京都府のデータは厚生労働省の統計、京都市右京区のデータは求人サイトから算出された推定値を記載しています。

 平均年収
京都市右京区約310万〜390万円
京都府約378万円
全国約363万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

京都府における保育士の平均給与は、全国平均を約15万円上回っています。右京区内では、府平均より高い収入を得る保育士も少なくありません。

ただし、上記の金額はあくまで平均です。基本給が高い職場や、賞与・各種手当が充実している職場では、より多くの収入を得られる可能性が高くなります。

 京都市右京区が進める保育士支援の取り組み

京都市右京区では、保育士を確保するためにさまざまな支援が実施されています。就職前の方だけでなく、就職した方も利用できる支援があるため、積極的に活用しましょう。

ここでは、京都市右京区が進める保育士支援のなかでも、特に代表的な取り組みを2つ紹介します。

1.保育士就職準備金貸付

保育士就職準備金貸付を利用すると、就職・転職時に発生する経済的負担が軽減できます。就職にともなう転居費用や、子どもの預け先を探すための諸費用などが対象です。

対象者以下の条件をすべて満たす方
・保育士資格登録の後、対象となる保育施設(以下、保育施設)を離職した、または勤務経験がない(保育士養成施設の新規卒業者などを除く)
・保育士修学資金貸付における就職準備金の加算を受けていない
・京都府内の保育施設において新たに週20時間の勤務を行う
・京都府福祉人材・研修センターの保育人材届出制度に保育士として登録している
補助金40万円以内(使途がわかる領収書を添付)
返還免除となる条件勤務開始日から2年以上続けての勤務
(出典:京都市社会福祉協議会 京都府福祉人材・研修センター「貸付のご案内 保育士就職準備金貸付」/ http://fukujob.kyoshakyo.or.jp/kashituke/hoiku_shushokujunbi/)

2.未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付

未就学児をもつ保育士が時間外・夜間・休日保育などの業務に従事する際、普段利用する保育施設の延長・時間外保育を使えないことは多くあります。そのような状況の場合、利用料金の貸付を受けることが可能です。

対象者以下をすべて満たす方
・京都府内の保育施設に勤務している・自身の子ども(未就学児)を保育所などに預けている
・就労先の園で時間外保育などに従事するため、子どもの預かり支援に関する事業(ファミリー・サポート・センター事業など)を利用する
・京都府福祉人材・研修センターの保育人材届出制度に保育士として登録している
補助金子どもの預かり支援に関する事業を利用した料金の半額(最大123,000円/年、最長2年)
返還免除となる条件勤務開始日から2年以上続けての勤務
(出典:京都市社会福祉協議会 京都府福祉人材・研修センター「未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付」/)

京都市右京区における保育士の求人状況

京都府全体の保育士有効求人倍率、および京都市右京区の求人数は以下のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)2.22倍(2020年7月時点)
保育士求人数(※2)34件(2020年9月時点)
(※1出典:厚生労働省「令和元年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/https://www.mhlw.go.jp/content/R2.11..pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

全国における保育士の有効求人倍率は2.29倍となっていることから、京都市では保育士の需要が高いことがわかります。

京都市の発表によると、2020年4月現在における市全体の待機児童数は0人です。その一方で、潜在的待機児童が444人(うち55人が右京区)いることも明らかになっています。

(出典:京都市子ども若者はぐくみ局「保育所等及び学童クラブ事業における利用児童等の状況について」/https://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/cmsfiles/contents/0000269/269227/0204taikijidoukouhousiryou.pdf

京都市は、保育の質の維持・向上と保育士の確保に向け、さまざまな取り組みを実施している状態です。一人でも多くの保育士が必要な状況のため、今後も多くの求人が掲載されるでしょう。

【保育士向け】京都市中京区の遠足・お出かけスポット

京都市右京区には、子どもが楽しめる遠足・お出かけスポットが多くあります。遠足やお出かけ場所が決まらない場合は、参考にしてください。

1.嵐山公園

嵐山公園は、トロッコ嵐山駅のすぐ南にある亀山地区、渡月橋北岸の臨川寺地区、渡月橋南岸の中之島地区からなる観光名所です。混雑することも多くありますが、春と秋には紅葉や桜が楽しめるため、子どもたちにおすすめとなります。

2.東映太秦映画村

東映太秦映画村は、さまざまなアトラクションや東映アニメ・特撮イベントなどが楽しめるスポットです。忍者のからくり人形やチンチン電車、鳴き声とともに池から現れる恐竜など、子どもに人気の見どころがたくさんあります。

まとめ

ここまで、京都市右京区における保育士の求人情報に関して、平均給与や保育士支援の取り組みを中心に解説しました。

京都府は支援制度を充実させており、府内における保育士の有効求人倍率も高い状態です。さらなる需要の高まりも予測されるため、保育士として活躍したい方には京都市右京区がおすすめとなります。

マイナビ保育士は、保育士専門の求人サイトです。自分の希望や条件に合う求人を探したいときは、マイナビ保育士で求人を探しましょう。

※当記事は2020年9月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。