沖縄県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士沖縄県

沖縄県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

沖縄県の保育士求人事情

沖縄県の保育士求人・貸付事業やお出かけスポットも

沖縄県の景観

観光地としても人気の沖縄県は、独自の琉球文化を持ち、日本にいながら異国情緒が楽しめる地域のため、移住地として憧れる方も少なくありません。

同時に待機児童数が全国で3番目に多い県でもあります。そのため、保育士の人材確保に力を入れており、就職先を探している保育士にとって有利な状況です。

当記事では、沖縄県における保育士の求人情報を解説します。給与事情や保育士支援の取り組みについても紹介するため、沖縄県で保育士として働きたい方は、ぜひ参考にしてください。

沖縄県​における保育士の平均給与は?

沖縄県の景観

沖縄県と全国における保育士の平均年収は、下記の通りです。

 平均年収
沖縄県約329万円
全国約363万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

沖縄県における保育士の平均年収は約329万円となっており、全国平均と比較して低水準です。全国平均と比べると、約34万円もの差があります。

しかし、沖縄県は保育士の待遇改善に力を入れているため、近年は給与が上昇傾向にあります。

沖縄県が待遇改善として実際に行っている対策は、下記の通りです。

・家賃補助
・県内外からの就職希望者に渡航費の補助

上記の他にも、金銭負担を軽減するさまざまな対策が取り組まれています。

このように、保育士に対する待遇が改善されていることから、沖縄県は保育士として働きやすい地域と言えます。

沖縄県が進める保育士支援の取り組み

沖縄県の景観

沖縄県では、保育士不足を解消するため、保育士に対する支援制度が設けられています。

ここでは、沖縄県で実施されている2つの支援制度を紹介します。

いずれも申請期間は就職から3ヶ月以内となっているため、注意が必要です。

また、一定の要件を満たすと返還免除が受けられます。経済的な支援を求める方は、積極的に活用しましょう。

1.保育士就職準備金貸付

「保育士就職準備金貸付」とは、保育士資格を持ちながらも保育士として働いていない滞在保育士を対象に、再就職を支援する制度です。

就職後の通勤費用や勤務に必要な物資の購入、研修費用などの就業応援金として役立ちます。

制度の概要は、下記の通りです。

対象者・保育士として週20時間以上勤務する方
・指定の施設等を離職した方、または勤務経験のない方
・指定施設等に新たに就職する方
補助金40万円以内(無利子)
貸付可能回数1人1回のみ
返還免除対象施設等で保育士として2年間勤務した場合
(出典:沖縄県社会福祉協議会「「潜在保育士」の就職支援を図るための就職準備金貸付制度」/ https://www.okishakyo.or.jp/jinzai/2020/04/01/)

令和2年4月1日より対象者が暖和され、これまで対象外となっていた「離職後1年以内の方」や「保育士養成施設の新卒者」も対象となりました。

沖縄県において保育士は歓迎されています。ブランクがある方や再就職希望者の方なども、支援制度をうまく活用しましょう。

2.保育士修学資金貸付

「未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付」とは、未就学児童を育成している方で、保育士免許を保持している方を対象にした制度です。

保育料の一部貸付は、保育士不足の解消を目的としています。

制度の概要は、下記の通りです。

対象者・保育士として週20時間以上勤務する方
・指定施設等に新たに勤務する方
・指定施設等に通う未就学児を持つ保育士で、産後休暇または育児休業から復帰する方
補助金保育料の半額(上限:月額27,000円上限/無利子)
貸付期間1年間
返還免除対象施設等で保育士として2年間勤務した場合
(出典:沖縄県社会福祉協議会「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付制度」/ https://www.okishakyo.or.jp/jinzai/2020/04/01/)

同制度では、最大1年間の貸付が可能です。

たとえば、保育料が月3万円の場合は毎月15,000円の貸付となり、1年間で18万円受け取ることができます。

申し込みは必要書類を郵送するだけと簡単なため、子育てで忙しい方も気軽に利用できます。子育て中の方で仕事の復帰を考えている方は、積極的に活用しましょう。

沖縄県における保育士の求人状況

沖縄県の景観

沖縄県における保育士の有効求人倍率と求人数は、下記の通りです。

保育士有効求人倍率(※1)3.08倍(2020年7月時点)
保育士求人数(※2)57件(2020年11月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/R2.11..pdf(※2出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

保育士を目指している方にとって沖縄県は、就職先を見つけやすい地域です。

理由として、沖縄県の有効求人倍率の高さが挙げられます。沖縄県の有効求人倍率は、2020年7月時点で3.08倍で、全国平均の2.29倍と比べて高い数値です。

沖縄県の有効求人倍率が高い理由として、保育園に子どもを預けたいというニーズが増えていることが挙げられます。

「マイナビ保育士」で掲載されている沖縄県の保育士求人は、2020年11月時点で57件あります。保育士の応募者よりも求人の数が多く、保育士1人あたり約3件の求人が期待されるため、沖縄県は就職に有利な地域と言えるでしょう。

また、待機児童数の多さも求人数に影響しています。

沖縄県の待機児童数は、令和2年4月1日時点で1,365人となっており、東京都・兵庫県に続き、全国で3番目に多い状況です。

((出典:沖縄県「市町村別の待機児童数の推移」/ https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/kosodate/documents/200401taikijidousuu.pdf

待機児童数が多い理由としては、下記の2つが挙げられます。

・保育園利用者の増加・保育士の不足

保育園利用者の増加に伴って、園児と遊んだり生活全般のお世話をしたりする保育士が求められます。

そこで、沖縄県は待機児童ゼロに向けて、保育士に対する貸付制度や就労環境・給与の改善などの対策を行っています。

沖縄県における待機児童数は年々減少しているため、保育士業務の改善が進んでいると言えます。

((出典:沖縄県「市町村別の待機児童数の推移」/ https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/kosodate/documents/200401taikijidousuu.pdf

そのため、沖縄県では今後も求職者に有利な条件で就職先を見つけることができるでしょう。

【保育士向け】沖縄県​の遠足・お出かけスポット

沖縄県の景観

最後は、沖縄県における遠足・お出かけスポットを2つ紹介します。

1.西崎親水公園

西崎親水公園は、沖縄本島の最南端に位置する糸満市にある巨大なアミューズメントパークです。公園内には長距離のローラー滑り台があり、亀や鯉が泳ぐ池の上を滑り降りることができます

ネットのジャングルジムやコンビネーション遊具で遊べる他、夏場は人工池で水遊びもできるため、子どもたちは1日中飽きずに楽しむことができます。

2.ミースィ公園

ミースィ公園は伊江島にある公園です。安全性が考慮された大型のコンビネーション遊具にはさまざまな仕掛けがあり、幅広い年齢の子どもが楽しめます

その他、大人数で遊べるバスケットコートや多目的広場もあります。スポーツも楽しめるため、子どもたちをのびのびと遊ばせたい際には最適にスポットです。

保育士として働く際は、今回紹介したスポットもぜひ候補のひとつとして入れてください。

まとめ

沖縄県の待機児童数は全国で3番目に高く、保育士の求人需要が高い地域です。

沖縄県の平均給与は、全国平均と比べて低い傾向にあります。しかし、沖縄県では保育士に対する待遇が年々改善されているため、収入アップを期待することが可能です。

沖縄県では滞在保育士に対して、就職準備金や一部保育料の貸付といった貸付事業を実施しています。これから保育士として働きたい方や、子育てしつつ保育士として活躍したい方は、積極的に活用することをおすすめします。

沖縄県では、保育士を取り巻く環境や業務内容も、改善の方向へと日々変化しています。

求人を探す際は、求人数が豊富な「マイナビ保育士」をぜひご利用ください。

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。