大阪府の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士大阪府

大阪府

大阪府は、子ども・子育て支援新制度や待機児童解消加速化プランに基づいて、保育所等の整備や人材確保を進めています。保育士の給与水準も月額約20万円で、関西エリアではトップクラスです。認定こども園への移行支援も行っており、すでに移行済み、あるいは移行予定の公私立の保育所・幼稚園も少なくありません。企業主導型保育所もハイペースで増えており、様々な形態の施設が職場の選択肢として入ることになります。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

大阪府の保育士求人事情

保育士の求人状況は?平均給与から支援制度まで解説!

大阪市の景観

昨今の働き方改革と女性の社会進出により、保育士の仕事に社会的な注目が集まっています。特に、日本第二の大都市である大阪府は、女性の社会進出が著しく、保育需要の高い地域です。その一方で、これまで大阪府は保育所の整備が不十分な面があり、保育士資格を持ちながらも、他の産業に従事する潜在保育士も少なくありません。当記事では、大阪府における「保育士の給与水準」や「行政による保育士支援政策」、「保育士の求人状況」について解説します。

大阪府における保育士の平均給与は?

大阪市の景観

厚生労働省が発表している「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、大阪府における保育士の平均給与(年収)は、男女平均で約349万円です。この金額には、年間賞与など特別支給の給与額も含まれます。地域によっては男女間で年収に大きな差がありますが、大阪府の場合は3%程度と大きな差はありません。ここでは、大阪府における保育士の平均給与について、「全国平均との違い」と「時系列での推移」を紹介します。

1.全国比較では平均的水準

「平成30年賃金構造基本統計調査」によれば、保育士給与の全国平均は約358万円です。このことから分かるように、大阪府における保育士の年収は、全国的に見れば平均的な水準であるといえます。近畿2府4県と大阪府に並ぶ大都市の東京都・愛知県における保育士給与の平均は、次の通りです。

都道府県平均給与(年収)
大阪府349万円
東京都434万円
京都府407万円
兵庫県366万円
愛知県365万円
奈良県343万円
和歌山県335万円
全国平均358万円
(出典:「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

和歌山県や奈良県といった地方部と比較すると、保育士給与が高い水準となっている点が大阪府の特徴です。地方部に比べて、都市部である大阪府の保育士給与が高くなる原因として、女性の社会参加による保育需要の高さが考えられます。

2.保育士の給与水準は改善傾向

全国的に見て平均的な水準の大阪府は、近年大幅に保育士給与が改善しています。2012年は約324万円であるのに対して、2018年は約349万円となり、6年間で約25万円の改善が見られました。このような大阪府における保育士給与の大幅な改善の背景には、「保育需要の高まり」と「行政による積極的な支援政策」による影響があります。

大阪府が進める保育士支援の取り組み

大阪市の景観

女性の社会進出が活発な大阪府では、子供の出産後も働きながら子育てを行う女性が少なくありません。その結果、保育に対する需要が年々高まっています。その一方で、保育所や保育士の不足によって問題となっていることが、保育所に子供を預けられないという「待機児童」の存在です。そこで、大阪府は保育士の確保を進めるために、以下のような政策を展開しています。

  • 保育士資格取得に関する特例制度
  • 保育人材確保のための貸付事業
  • 保育士等キャリアアップ研修制度

ここでは、大阪府で保育士確保のために行われている政策の具体的内容について、詳しく解説します。

1.保育士資格取得に関する特例制度

2012年の「認定こども園法」の改正にともない、「幼保連携型認定こども園」で勤務する場合は、幼稚園教諭と保育士の両資格を取得しなければなりません。いずれかの資格を所持している場合は、一定の要件を満たすことで、もう一方の資格を取得できますが、大学などで必要な単位を修得する必要があります。仕事を行いつつ大学などで単位取得を行うことの負担は小さいものではありません。

そこで、大阪府では「幼保連携型認定こども園」で勤務できる人材を増加させるために、両資格の取得を支援する「保育士資格取得に関する特例制度」を開始しました。 保育士または幼稚園教諭としての「勤務期間が3年かつ4,320時間以上の人」には、他方の資格取得に必要な単位数の軽減・免除を行っています。保育士または幼稚園教諭としての実務経験を活かして、認定こども園での勤務が可能です。

2.保育人材確保のための貸付事業

「保育人材確保のための貸付事業」とは、保育士資格の取得を目指す人に対して、学費などの一部費用を貸し付ける制度です。この制度では、学費だけではなく、「転居費用など就職のために必要な費用」や「子供を保育所に預けるために掛かる保育料の一部」を支援しています。保育士として2~5年間にわたって従事することで、借り入れた金額の返還免除を受けることが可能です。また、保育士への直接的な貸付の他にも、人材を雇い入れる保育所に対しての貸付制度も用意されています。

3.保育士等キャリアアップ研修制度

「保育士等キャリアアップ研修制度」とは、保育士として働く人のキャリアパスに対する不安を払拭するために設けられた研修制度です。キャリアアップ研修では、「乳児保育」や「幼児教育」だけではなく、「食育・アレルギー対応」や「保護者支援・子育て支援」といった専門的なスキルが身に付けられます。自宅や勤務先の所在地にかかわらず、どの都道府県からも研修の受講が可能です。また、研修完了で発行される修了証は、全国共通のものとなっています。

大阪府下における保育士の求人状況

大阪市の景観

大阪府における保育士の求人状況は、改善傾向にあります。下記の表は、2013年から2017年までの大阪府における保育士の有効求人倍率の推移です。有効求人倍率は、労働市場の需要と供給を測る指標のことで、求職者1人あたりに何人分の求人数があるのかを示しています。つまり、2017年の大阪府では、求職者1人あたりに5.7人分の求人があるということです。

年度大阪府下の有効求人倍率全国の有効求人倍率
2017年5.663.4
2016年3.222.67
2015年2.562.34
2014年2.42.06
2013年1.991.64

また、保育士資格を持ちながらも、保育士として従事していないという潜在保育士は、全国で約76万人が存在するとされています。保育士としての登録者数の6~7割にも及び、潜在保育士の職場復帰が、切迫する保育需要に対する一つの課題です。

同じ保育士の仕事でも、勤務する施設の形態によって業務内容は大きく異なります。 下記の表は、「マイナビ保育士」での大阪府下において採用情報が登録されている施設形態別の施設数です。

保育施設の形態「マイナビ保育士」に登録されている施設数
認可保育園815件
認証保育園・認定保育園31件
院内保育所49件
企業内保育所79件
病後児保育9件
その他認可外保育所118件
幼稚園32件
こども園135件
学童施設12件
障がい児施設35件
プリスクール・幼児教室5件

※2019年7月現在

「マイナビ保育士」における施設形態別の施設数としては、「認可保育園」が全体の62%と過半を占めています。

他には、「認可外保育所」や「こども園」の割合が多いという結果です。

【保育士向け】大阪府下の遠足・お出かけスポット

大阪市の景観

保育士として働かれている方の中には、遠足で子供たちを連れていく場所選びに頭を悩ませている方も少なくありません。保育所から程遠くないスポットの中から、子供たちが楽しめる場所を選ぶことが大切です。

ここでは、保育士として働かれている方に向けて、大阪府下の遠足・お出かけスポットを3つ紹介します。

1.天王寺動物園

天王寺動物園は、大阪市天王寺区にある動物園です。日本で3番目に長い歴史を持ち、敷地面積約11ヘクタールにおよそ1,000点の動物たちが飼育されています。 動物園は、子供たちの感情や情緒を育む情操教育として最適です。普段見慣れない珍しい動物を間近まで近づいて観察することで、子供たちの想像力を刺激できます。

2.花博記念公園鶴見緑地

花博記念公園鶴見緑地は、大阪市鶴見区と守口市の間にある都市公園です。1990年に開催された花博のメイン会場として使用された後は、都市公園として整備されました。 園内には、大きな池や芝生のエリア、キャンプ場など子供たちが楽しめるスポットが数多くあります。鶴見緑地の豊かな自然に触れることで、子供たちの情操教育にも効果的です。

3.キッズプラザ大阪

キッズプラザ大阪は、大阪市北区扇町にある子供向け博物館です。館内にはテーマごとに様々な展示が設けられています。

子供たちが楽しく遊びながら、最新のテクノロジーや社会の仕組み、世界各国の文化などを学べる点が魅力です。

まとめ

現在、大阪府における保育士の求人状況は、1人の求職者に対して5.7人分の求人数があるという売り手市場です。給与水準自体は全国平均とほぼ同じで、東京など他の都市部よりは低いものの、近年は大幅に改善しています。

また、保育士不足の解消を目的とした行政による積極的な取り組みが行われている点が、大阪府における保育行政の特徴です。

大阪府の保育士は、以前と比べて大幅に労働条件が改善し、働きやすくなっています。保育士として復職を検討されている方は、是非この機会に最新の求人状況を確認してみてはいかがでしょうか。

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

大阪府における保育士の給料相場は?知っておきたい支援制度も解説!大阪府における保育士の給料相場は?知っておきたい支援制度も解説!
保育士として働きたい方の中には、大阪で仕事を探している方もいるかと思います。しかし、実際に大阪で働くかどうかまでは決めておらず...
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。