大阪府堺市の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士大阪府大阪府堺市

大阪府堺市

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

堺市の保育士求人事情

保育士の求人情報平均給与からお出かけスポットまで

堺市で保育士の仕事を探されている方にとって、仕事内容は分かっているものの、平均給与や求人状況は不明確で気になる部分ではないでしょうか。 保育士として働く場合は、各市町村が実施している支援事業も把握しておくことをおすすめします。支援事業のことを知らないまま就職先・転職先を決めてしまうと後悔するケースもあるため、待遇面以外も確認するようにしましょう。 本記事では、堺市における保育士の平均給与や求人状況、支援事業、遠足におすすめのスポットを紹介します。これから堺市で保育士として働こうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

堺市における保育士の平均給与は?

保育士向けの求人サイトに掲載されている情報を元に算出した結果、堺市における保育士の平均給与は、月収約20万円~28万円です。中には、月収30万円以上の求人もあります。

堺市と全国の平均年収は、以下の通りです。

全国平均堺市平均
約358万円約240万円~350万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

全国の平均年収を比較すると、堺市の平均年収はやや下回ります。 ただし、堺市の平均年収には賞与は含んでいません。実際の平均年収には賞与が加算されるため、全国平均に近い金額が期待できます。

また、大阪府の平均年収は349万円となっており、大阪府の他市と比べても遜色ありません。

近隣の和泉市などと勤務地を迷っている場合は、給与面よりも交通経路を考慮して求人に応募してみてはいかがでしょうか。

堺市が進める保育士支援の取り組み

堺市では、保育士が長期間働き続けられるよう、働きやすい環境づくりを支援しています。

今回は、「さかい保育士就職支援事業」と「堺市休暇取得促進支援等事業」の2つの取り組みを紹介します。堺市で保育士として働くことを目指している方は、ぜひご覧ください。

1.さかい保育士就職支援事業

堺市では、保育士資格を持ちながら、保育士として働いていない方に対し、就職準備金を貸付する事業を行っています。保育士の職から離れていたものの、再度保育士として働こうとしている方にとって、魅力的な事業です。

以下は、さかい保育士等就職応援事業の概要です。

  • 貸付限度額:40万円
  • 貸付時の利子:無利子
  • 貸付対象者:以下の全てを満たす方 ①保育士登録から1年以上経過している ②保育施設での勤務経験がない、または離職後1年以上が経過している ③指定の保育施設にて保育士として週20時間以上勤務することが決定している
(出典:大阪府社会福祉協議会「さかい保育士等就職応援事業(さかい保育士等就職準備貸付)のごあんない」/ http://www.osakafusyakyo.or.jp/fcenter/Cms/app/webroot/js/kcfinder/upload/files/h31sakai-hoikushi4.pdf)

上記以外にも条件や補足項目などがあるため、関心のある方は実際に問い合わせてみてください。

2.堺市休暇取得促進支援等事業

堺市休暇取得促進支援等事業は、保育施設が働きやすい環境であることをPRするため、平成30年度時点で30箇所以上の保育園(こども園等を含む)で実施されています。休暇が少ない方や、休暇を取りづらい方にとって、魅力的な事業といえるでしょう。

以下は、休暇取得促進支援事業の一例です。

  • ①年次有給休暇取得促進支援事業 年次有給休暇の計画的付与制度の導入をする
  • ②リフレッシュ休暇取得促進支援 勤続年数が3年以上の職員に対し、連続2日以上の休暇取得を促進する
  • ③ワーク・ライフ・バランス支援 勤務時間外に保育に関する研修等を受講した際に、その受講料を補助する
(出典:堺市「堺市休暇取得促進支援等事業について」/ http://www.city.sakai.lg.jp/smph/kosodate/hughug/seishonen_oshirase/sonota/hatarakitai/shien/df_filename_73644420190228.html))

上記の他にも、さまざまな休暇取得促進支援事業があります。

堺市における保育士の求人状況

堺市における保育士の求人数は多いといわれていますが、その背景には待機児童問題があり、堺市には令和元年時点で未だ58名の待機児童がいることを発表しています。

(出典:堺市「保育所等利用待機児童数」/ https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/koho/hodo/hodoteikyoshiryo/kakohodo/teikyoshiryo_h31/teikyoushiryou_r0105/0527_05.files/0527_05.pdf))

年々増加しているといわれている待機児童問題の解決に向け、堺市が取り組んだ対策が保育施設の新設です。 堺市が待機児童問題に取り組んだ結果、近年は保育士の求人が増えている傾向にあり、有効求人倍率の観点からみても大阪府の保育士求人数が多いことは明らかです。

【保育士有効求人倍率】

全国3.05倍
大阪府4.10倍
(※1出典:厚生労働省「平成30年及び令和元年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」/ https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf))

待機児童の減少を進めている堺市では、正社員だけでなく、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、とさまざまな雇用形態で、多くの保育施設が保育士を募集しています。

以下は、令和2年3月度時点における堺市の施設形態別の求人数です。就職先を検討する際の参考にしてください。

保育施設形態「マイナビ保育士」に登録されている施設数
認可保育園39
認証保育園・認定保育園7
院内保育所5
企業内保育所8
病後児保育2
その他認可外保育園6
幼稚園10
こども園36
障がい児施設1
(出典:マイナビ保育士「大阪府堺市の保育士求人」/ https://hoiku.mynavi.jp/r/pr_osaka/ci_27140/

【保育士向け】堺市の遠足・お出かけスポット

世界遺産にも登録された百舌鳥・古市古墳群をはじめ、堺市には、多数の遠足・お出かけスポットがあります。最後は、堺市の遠足・お出かけにおすすめのスポットを紹介します。

1.大仙公園

大仙公園は堺市を代表する公園の1つで、400本にもおよぶ桜が植えられていることから「お花見スポット」として有名です。広々とした芝生や児童の森と呼ばれる公園もあり、開花時期だけでなく、年間を通して楽しめます。

また、堺市博物館もあるため、天候不良の続く梅雨の時期でも訪れやすい場所です。 近辺に古墳があることも教育観点からもおすすめです。

2.大泉緑地

大泉緑地は、大仙公園同様に堺市を代表する公園の1つです。大泉緑地には32万本以上の樹木が植えられており、自然豊かな公園です。

緑の多い公園である一方で、「大泉池」をはじめとした3つの池があります。鳥が水飲み場として集まるため、バードウォッチングが楽しめることもおすすめポイントです。

遠足などで出かける際は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

堺市における保育士の平均給与は、全国の平均給与と大きな差はありません。また、休暇取得促進支援等事業により、ワークライフバランスの取れた職場もあるため、働きやすいエリアといえます。

加えて求人数が多く、有効求人倍率も高いため、自分に合った職場を探すことができます。転職を検討されている方にとっても、魅力的なポイントといえるでしょう。

堺市には、今回の記事で紹介したスポットの他にも、多くのお出かけスポットがあります。堺市の保育士として採用された際には、ぜひさまざまなスポットに訪れてみてください。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。