埼玉県さいたま市の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士埼玉県埼玉県さいたま市

埼玉県さいたま市

東京のベッドタウンとして、都心へのアクセスの良さが群を抜いているさいたま市は、休日に多くの家族連れで賑わう大型ショッピングモールが立ち並びます。人口の多さによる深刻な待機児童問題を解消するべく、市が独自の認定を受けた認可外保育園を増設したり、「保育コンシェルジュ」を配置して保育関連の相談窓口を設けたりと、積極的な取り組みが功を奏しています。保育士確保のためにもさまざまな施策を進めているので、働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

さいたま市の保育士求人事情

保育士の求人情報独自の支援から平均給与まで紹介

さいたま市で保育士として働きたいと考えている方の中には、現在の求人状況や給与水準について興味を持っている方が多いでしょう。スムーズにさいたま市で保育士の仕事を探すためには、平均給与や行政の取り組みについて把握することが大切です。そこで当記事では、さいたま市で働く保育士の平均給与と行政の取り組み・求人状況について、解説します。さらに、さいたま市内の遠足・お出かけスポットについても紹介するため、保育士の仕事を探している方だけではなく、現役保育士の方もぜひ参考にしてください。

さいたま市における保育士の平均給与は?

さいたま市における保育士の平均給与は、約20万円~30万円です。このデータは、保育士向け求人サイトに掲載されている求人情報をもとに算出した推計値であり、実務経験者向けを中心に30万円を超える月給の求人も見られます。さいたま市と全国での平均年収は、次の通りです。

【さいたま市と全国における平均年収】

全国平均さいたま市平均
約358万円約240万~360万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ ※さいたま市の平均年収は、求人サイトより算出した推計月収額に12倍したものである。)

さいたま市と全国平均を比較すると、ほぼ同じ水準の給与額を期待できます。また、全国平均額には、月々の給与に加えて賞与が加算されている一方で、さいたま市の平均年収額には賞与を加えていません。 実際には、さいたま市にある多くの保育所で賞与が支給されています。

そのため、賞与を含めると、全国平均よりも高い年収をさいたま市で働く保育士は期待できるでしょう。

さいたま市が進める保育士支援の取り組み

待機児童問題を抱えるさいたま市では、保育士不足を解消するために、さまざまな保育士支援の取り組みを実施しています。現在、さいたま市で保育士の仕事を目指している方は、スムーズな転職・就職のために、行政が実施している取り組みについて確認しましょう。

ここでは、さいたま市が実施している保育士向け支援事業について、2つ紹介します。

1.認可外保育施設保育士資格取得支援事業

さいたま市では、認可外保育施設で働く無資格の職員に向けた、保育士資格取得支援事業を実施しています。

さいたま市が実施する認可外保育施設保育士資格取得支援事業の概要は、次の通りです。

対象者・認可外保育施設などに勤務する保育士資格を持たない職員で、指定保育士養成施設で受講を開始する人
対象経費・指定保育士養成施設の入学料・受講料など
補助額・対象経費の1/2(上限額は条件により異なり、最大30万円)
(出典:さいたま市「認可外保育施設保育士資格取得支援事業について」/ https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p049867.html)

現在、保育士資格を持たずに保育所で補助スタッフとして働いている方は、ぜひキャリアアップに向けて、保育士資格取得支援事業の利用を検討してみましょう。

2.民間保育施設の雇用対策事業

さいたま市では、民間保育士施設で働く保育士の処遇改善を目的に、職員雇用対策費補助金事業を実施しています。

民間保育施設向け雇用対策事業の概要は、次の通りです。

対象者・民間保育所に勤務する常勤職員
対象経費・民間保育所に勤務する常勤職員の給与処遇改善を目的に支給する経費
補助額・常勤職員1人あたり月額15,000円 (年額193,500円:月額に期末手当分67,500円を加算)
(出典:さいたま市「保育士として働いている方へ向けた施策」/ https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p048243.html)

民間保育施設の雇用対策事業は、さいたま市独自の制度です。

全国平均に比べて、さいたま市が有利な雇用状況である背景には、民間保育施設の雇用対策事業に代表される積極的な行政支援があります。

さいたま市における保育士の求人状況

さいたま市は、埼玉県の県庁所在地で、県内南部に位置しています。東京都心へのアクセスに優れているため、ベッドタウンとして発展を遂げている人口130万人超の大都市です。このような特徴から、子育て世代の住民が多く、保育所・保育士の不足が問題となっています。

令和元年10月のさいたま市における待機児童の状況は、806人です。また、希望する保育所を利用できていない利用留保児童は、昨年より491人多い、3,319人にも及びます。上尾市など近隣の自治体に比べて、さいたま市の待機児童数は非常に高い水準です。

(出典:さいたま市「令和元年10月1日現在の保育所等利用待機児童数について」/ https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p009567_d/fil/taiki191001.pdf)

このような保育ニーズの高さを受けて、令和元年10月時点の埼玉県における保育士の有効求人倍率は、4.21倍で高い水準となっています。単純計算で求職者1人に対して、4件以上の求人募集が存在するという状況です。

(出典:厚生労働省「保育士の有効求人倍率の推移(全国)」/ https://www.mhlw.go.jp/content/000572476.pdf)

保育士が不足しているさいたま市の保育所では、各種手当・休暇や、パート・アルバイトといった柔軟な雇用形態の整備を進め、魅力的な職場を目指しています。週3勤務OKや残業なしの求人もあります。そのため、さいたま市は保育士にとって魅力的な職場を見つけやすい都市です。

さいたま市で保育士の募集がある法人形態としては、社会福祉法人や株式会社が多く見られます。

また、さいたま市では実務未経験OK・歓迎の求人も多くあります。

求人を探す時は、仕事内容や給与の他に、応募資格にも目を通しましょう。

【保育士向け】さいたま市の遠足・お出かけスポット

さいたま市には、遠足・お出かけスポットとして、児童たちを連れていける場所が数多くあります。さいたま市にある遠足・お出かけスポットの中から、特に人気の高いスポットを2つ紹介します。

1.大宮公園小動物園

大宮公園小動物園は、大宮区北部にある大宮公園内に設置された小規模な動物園です。ニホンザルやミニブタ・ヤギなど定番の動物から、ブチハイエナなど珍しい動物まで展示されています。小規模な動物園であるため、児童を連れて歩きやすく、遠足・お出かけにおすすめのスポットです。

2.鉄道博物館

鉄道博物館は、JR東日本が設立した大宮区にある鉄道専門の博物館です。館内には、キッズパークやミニ運転列車など子どもたちの楽しめる展示が数多くあります。屋内展示が基本であるため、雨の日でも十分に楽しめる点が、鉄道博物館の魅力です。

まとめ

さいたま市で働く保育士の平均給与は、約20万~30万円です。近隣の自治体に比べて、さいたま市では高い水準となっています。また、求人状況については、埼玉県の有効求人倍率が4.21倍であることから分かるように、売り手市場となっている点が特徴です。

現在さいたま市には、保育ニーズの拡大と保育士不足による待機児童が問題となっており、保育士不足を解消するために、行政の積極的な支援事業が展開されています。行政による充実した支援事業が用意されているさいたま市で、ぜひ理想の職場を探してみましょう。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職