埼玉県|こども園の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士埼玉県埼玉県|こども園

埼玉県|こども園

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

【埼玉県】こども園で働く職員(保育教諭)の求人情報・平均年収

埼玉県は東京へのアクセスが良く、都市と自然のバランスが取れた暮らしやすい都道府県です。埼玉県の家賃は都内よりも低いことから、東京都のベッドタウンとして古くから人気があります。

埼玉県の待機児童数は減少傾向にあるものの、幼稚園・保育所・認定こども園などの施設で働く人材に対する需要は高い状況です。

当記事では、埼玉県の認定こども園の実情、求人情報、平均年収について詳しく解説します。

埼玉県にある認定こども園で保育教諭として働きたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.認定こども園とは?

認定こども園とは、幼稚園の「教育」と保育所の「保育」の特徴を併せ持つ、未就学児を対象とした施設です。

認定こども園には、「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」の4種類があります。幼保連携型は幼稚園と保育所の両方の機能を併せ持つタイプであり、全国的に最も施設数が多い認定こども園です。幼稚園型・保育所型は各強みを活かしながら、保育所もしくは幼稚園の機能を取り入れた認定こども園です。地方裁量型は、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認可外の保育施設を指します。

保育所は一般的に共働き世帯が利用できますが、認定こども園の利用には保護者の就労状況は問われません。さまざまな世帯の子どもを受け入れる体制が整っていることが、認定こども園の特徴です。

また、認定こども園は幼稚園に比べて、入園できる年齢が広いことも特徴の一つです。認定こども園では0~5歳児を受け入れており、0~2歳児には保育を、3歳児以上には教育をメインに行います。

1-1.埼玉県における保育業界・認定こども園の実情

埼玉県における保育業界・認定こども園の実情を知るために、待機児童の数について取り上げます。待機児童とは、保育所に入所を希望するものの、入所に至っていない児童のことです。

2021年4月時点における、埼玉県の待機児童数は388人です。2020年4月時点における待機児童数1,083人からは、大幅に待機児童が減りました。一方で、待機児童数が増加した自治体もあり、埼玉県では今後も待機児童数ゼロに向けて、保育に関する人材の確保が進められています。

出典:埼玉県「令和3年4月1日現在の保育所等の待機児童数について」

2021年5月時点における、埼玉県の認定こども園数は147園です。近年では、全国的に幼稚園が認定こども園に移行するケースが増えており、実際に埼玉県では2020年度から2021年度にかけて、4園が「幼保連携型認定こども園」に移行しました。また、2019年5月から2021年5月までの2年間で、認定こども園が新たに28園開所されています。埼玉県では認定こども園数の増加に伴い、保育教諭の需要も高まっている状況です。埼玉県には、さいたま市・川口市・川越市・越谷市・所沢市に、認定こども園の約4分の1が集まっています。そのため、認定こども園の求人を探す際は、5市を中心にチェックしてみましょう。

出典:埼玉県「認定こども園について」
出典:埼玉県「令和3年度学校基本調査速報」

2.【埼玉県】保育教諭の平均給与

下記は、埼玉県および全国における保育士の平均年収・埼玉県の保育教諭の平均年収をまとめた表です。

 保育士の平均年収保育教諭の平均年収
埼玉県約364万円約394万円
全国約374万円約383万円
出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」

埼玉県における保育士の平均年収は、全国の平均年収と比べて約10万円低い傾向です。埼玉県では、新卒者・未経験者を募集する保育所が多いため、全国の平均年収に比べて低くなっています。

埼玉県の保育士と保育教諭の平均年収を比較すると、保育教諭のほうが約30万円高い状況です。認定こども園には、4か月分前後の賞与を支給する施設が多く、高収入を得やすいという特徴があります。また、通勤手当・家賃補助などの各種手当を支給する認定こども園もあり、手当のみで数万円を支給するケースもあります。

ひと口に埼玉県といっても、地域によって給与額に差が出ます。そのため、転職で年収アップを図りたい人は、認定こども園の多い地域・保育教諭の需要が高い地域を中心に求人を探すことが大切です。経験者を求める保育所や各種手当を支給する保育所などに入職できれば、埼玉県および全国平均以上の年収を得られる確率は上がるでしょう。

3.【埼玉県】保育教諭の求人状況

下記は、埼玉県における保育士の有効求人倍率・保育士および保育教諭の求人数をまとめた表です。

保育士の有効求人倍率(※1)2.72倍(2021年4月時点)
保育士の求人数(※2)1,631件(2021年8月時点)
認定こども園の求人数(※2)60件(2021年8月時点)
※1出典:厚生労働省「令和2年及び令和3年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」
※2出典:マイナビ保育士

埼玉県における保育士の求人倍率は2.72倍であり、全国における保育士の有効求人倍率2.04倍より高い傾向です。東京都と神奈川県における保育士の有効求人倍率は、それぞれ2.70倍と2.11倍であり、埼玉県の保育士需要は近隣の都県よりも高いことがうかがえます。

埼玉県にある認定こども園の求人数は60件です。正社員の求人数は37件、非常勤・パートの求人は22件となっており、埼玉県では自分の生活に合わせた認定こども園が探しやすいといえます。自分に合った求人を探す際は、雇用形態やこだわり条件などを絞ることで見つけやすくなるでしょう。

3-1.認定こども園で働くことが向いている人の特徴は?

認定こども園は、先述の通り「幼稚園と保育所の要素」を持ち、0~5歳児に教育や保育を行います。そのため、教育と保育の両方を幅広く経験したい人や、子どもの成長・発達について長い期間を通して見守りたいタイプの人に適しています。

また、運動行事・季節のイベントに力を入れることが多く、取り組みを通じて子どもたちとの生活を楽しみたい人にも、認定こども園はおすすめです。

まとめ

認定こども園は、幼稚園と保育所の役割を持つ0~5歳児に教育・保育を行う施設です。全国的に施設数は増加傾向にあり、2021年5月時点における埼玉県の認定こども園数は147園です。認定こども園は将来的に増加する見込みであるため、保育教諭として働く人材に対する需要は今後さらに高まるでしょう。

埼玉県には認定こども園が、さいたま市・川口市・川越市・越谷市・所沢市に多くあり、5市を中心に求人を探すと効率よく情報を集めることができます。埼玉県で認定こども園の求人を探す際は、「賞与が高い」「各種手当を支給する」などに着目することが重要です。

※当記事は2021年8月現在の情報をもとに作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
保育適正認定
医療・介護・保育分野における適正な有料職業紹介事業者認定制度適正認定事業者として認定されました。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職