東京都荒川区の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士東京都東京都荒川区

東京都荒川区

下町の風景が今も広がる荒川区は、共働きで子育てがしやすいと人気が高い街です。行政サービスがとても充実しており、全国自治体ランキングにおいて教育分野1位・子育て分野2位をほこっています。また、待機児童問題にもいち早く取り組み、保育施設の定員拡大に努めてきました。その結果、募集される保育士の数も増加傾向にあり、奨学金制度(区の保育士として5年間継続勤務に限る)や、宿舎借り上げ支援など、積極的に保育士をサポートする制度を取り入れています。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

荒川区の保育士求人事情

保育士の求人情報平均給与や区独自の貸付制度について

荒川区は東京都内でも下町情緒あふれる魅力的なエリアです。地域全体を通して、あたたかい雰囲気のある荒川区では、子育てと仕事の両立をはじめとする子育て支援に力を入れており、多くの保育士を歓迎しています。

ここでは、荒川区における保育士の平均給与や荒川区が進める保育士支援の取り組み、荒川区における保育士求人募集状況を解説します。あわせて、園児や子どもたちが楽しめる遠足・お出かけスポットも紹介するため、荒川区で保育士として働きたい人は、ぜひ参考にしてください。

荒川区における保育士の平均給与は?

荒川区で免許や経験を活かして保育士として働く場合、どれほどの給与が得られるかが気になる人は多いでしょう。荒川区の平均年収をおさえておけば、より条件の良い職場を効率良く探し出すことができます。

荒川区・東京都・全国、それぞれにおける保育士の平均年収を、下記にまとめました。

平均年収
全国約363万円
東京都約410万円
荒川区約290万~450万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

荒川区における保育士の平均給与には大きな幅があり、東京都の平均年収と全国の平均年収を大きく上回る可能性もあれば、大きく下回る可能性もあることがわかります。

ただし、東京都と全国の年収は統計データによるもの、荒川区の年収は求人サイトに記載された時給や月給から算出された推定値です。

住宅手当や資格手当などの手当が充実していたり、主任などの役職に就任できたり、企業が運営していたりする場合、平均年収を上回る可能性は十分にあります。

荒川区が進める保育士支援の取り組み

荒川区は勤務地が区内にある保育施設で保育士として働きたいと考えている人をサポートするため、さまざまな保育士支援の取り組みを実施しています。中でも、「荒川区保育士支援奨学金補助事業」と「荒川区保育士入学準備奨学金貸付制度」は特に魅力的な事業です。ここからは、上記2つの事業内容の詳細を解説します。

1.荒川区保育士支援奨学金補助事業

荒川区は、保育士の奨学金返済を支援する「荒川区保育士支援奨学金補助事業」を実施しています。対象者や補助金額、対象の奨学金は下記のとおりです。

対象者下記要件をすべて満たす人
・奨学金などを利用して保育士資格を取得したこと
・荒川区内の私立保育施設などで常勤の保育士として勤務していること
・保育士として採用されてから5年未満であること
・自ら奨学金を返済していること
補助金年度内20万円(ひとり親家庭などは30万円)を限度とする
対象の奨学金貸付型の奨学金
(出典:荒川区「荒川区保育士支援奨学金補助事業(返済支援型)の実施について」/ https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kosodate/keikaku_koho/shogakukin.html)

2.荒川区保育士入学準備奨学金貸付制度

荒川区は、「将来、荒川区内で保育士として働きたい」と考えている区内在住者に対し、返済免除型の「荒川区保育士入学準備奨学金貸付制度」を設けています。 対象者や貸付額、返済免除の条件は下記のとおりです。

対象者下記要件をすべて満たす人
・区内に住所があること
・保育士養成施設に入学予定であること
・経済的な理由により保育士養成施設における就学が困難であること
貸付額入学準備金50万円を限度とする(無利子)
返済免除の条件下記要件をすべて満たすこと
・保育士養成施設を卒業し、保育士資格を取得する
・卒業後、1年以内に荒川区内の私立保育施設などに就職する
・5年間継続して勤務する
(出典:荒川区「荒川区保育士入学準備奨学金貸付制度(返済免除型)の実施について」/ https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kosodate/keikaku_koho/hoikushi_shogakukin.html)

荒川区における保育士の求人状況

荒川区は保育サービスを拡充させるため、より多くの保育士を確保しようと、パート・アルバイトから正社員までさまざまな求人を出しています。 東京都全体における保育士有効求人倍率と、荒川区における保育士求人数は、下記のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)3.41倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)53件(2020年6月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

なお、平成31年4月1日時点の東京都全体における待機児童数が3,690人であることに対し、荒川区の待機児童数は45人にとどまっています。さらに、前年同月の荒川区における待機児童数は80人であることから、荒川区は待機児童数の減少に成功していることがわかります。

(出典:東京都「都内の保育サービスの状況について 表4 区市町村別の状況」/ https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/07/29/documents/05_03.pdf)

しかし、荒川区は今後も待機児童数ゼロを目指して保育士を募集し続けると予想されます。

荒川区で保育士として活躍したい人は、今後も荒川区の求人情報から目を離さないようにしましょう。

【保育士向け】荒川区の遠足・お出かけスポット

荒川区には、子どもたちが楽しめる遠足・お出かけスポットがたくさんあります。中でも、「荒川自然公園」や「尾久の原公園」は自然の楽しさを全身で感じられる魅力的なスポットです。

1.荒川自然公園

春夏秋冬それぞれの楽しさを感じられる「荒川自然公園」は、遠足・お出かけの定番スポットです。夏はプールで遊んだり、昆虫園でカブトムシなどの虫たちと触れ合ったりすることができます。

2.尾久の原公園

「尾久の原公園」は水遊びを心行くまで楽しめる夏におすすめのスポットです。 また、元々湿地帯であったことから、多くのトンボが自由に飛び回る姿を見ることができます。

まとめ

共働き家庭の支援に力を入れている荒川区は、保育士資格取得済みの人はもちろん、保育士資格の取得を目指している人のサポートにも力を入れています。 保育士へのサポート環境が整っている荒川区で保育士になることができれば、得られる給与以上に豊かな生活を送ることができるでしょう。

ここまで紹介した、荒川区における保育士の平均給与や求人状況などを参考に、自分の希望に合う業務内容や勤務条件の保育士求人を検索してみてください。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。