東京都板橋区の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士東京都東京都板橋区

東京都板橋区

副都心線開通により神奈川・埼玉への利便性がさらに拡充した板橋区では、新規高層マンションが続々と建設されていて、子育て世代の流入が見込まれます。板橋区は福祉・保育分野の制度の手厚さに定評があり、23区内で唯一お迎えサービス付きの病児保育を実施していることから、子どもの急な体調不良にも対応してくれると高く評価されています。また事業規模や保育形態、教育方針も施設ごとに大きく違うので、保育士としての働き方の選択肢が広がるでしょう。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

板橋区の保育士求人事情

保育士の求人情報保育士支援の取り組みから求人状況まで

「東京都の板橋区で保育士として働きたい」と考えている人の中には、板橋区における保育士の求人事情がわからず、どうすれば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 保育士と就職するうえで、就職先自治体における保育士の求人事情を知ることは、とても重要なことです。

そこで今回は、東京都板橋区における保育士の平均給与や保育士支援の取り組み、保育士の求人情報について解説します。また、板橋区のおすすめ遠足・お出かけスポットも紹介するため、参考にしてください。

板橋区における保育士の平均給与は?

板橋区はJR埼京線や都営三田線、東武東上線、有楽町線・副都心線といった交通網が発達しており、都心へのアクセスが良好な立地にあります。 板橋区で保育士として働けたなら、休みの日もきっと充実した生活を送ることができるでしょう。

板橋区における保育士の平均月給は約21万円、平均年間給与は、ボーナス(賞与)が4か月分支給されると考えれば、約336万円となっています。

全国東京都全体板橋区
約358万円約434万円約336万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

東京都全体の平均年収はもちろん、全国の平均年収と比べても、板橋区の平均年収は少ないと言えます。

ただし、板橋区は保育士に対し手厚い家賃補助を実施しているため、額面に対して自由にできるお金は意外と多くあることが現状です。

板橋区が進める保育士支援の取り組み

板橋区では保育士が快適に働くことができるように、保育士に対する支援事業を実施しています。板橋区が取り組んでいる保育士向けのサポート事業の中でも、特に魅力的な支援が「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」です。

ここでは、板橋区の「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」について解説します。

1.保育従事職員宿舎借り上げ支援事業

板橋区が実施している「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」とは、保育士のために宿舎の借り上げを行う保育施設に対し、借り上げにかかる費用の一部を補助する制度です。

板橋区にある物件はもちろん、区外であっても、公共交通機関を利用して勤務地に通える範囲にある物件であれば、住宅手当を受けることができます。補助してもらえる金額は月々の家賃の8分の7であり、限度額は月額71,750円と定められています。

(出典:板橋区「板橋区保育従事職員宿舎借り上げ支援事業補助金交付要綱」/https://www.city.itabashi.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/015/698/h271224hoikujuujisyokuinsyukusyakariage.pdf)

板橋区の「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」を利用すれば、可処分所得が増えるため、地方出身者でもゆとりある暮らしを実現することができます。

板橋区の保育園への就職が決まった際には、勤務先の保育園に「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」を利用したいと相談しましょう。

板橋区における保育士の求人状況

板橋区のみの有効求人倍率に関するデータは明らかにされていません。

ただし、令和元年10月時点での東京都全体における保育士の有効求人倍率については5.23倍となっています。求職者と求人数の内訳は、保育士の有効求職者数が1,563人、有効求人数は8,173件であると厚生労働省から発表されています。

(出典:厚生労働省「保育士有効求人倍率」/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/hoiku/index.html)

東京都全体でもさまざまな保育施設が保育士を募集していますが、板橋区でも以下の表のように、数多くの保育施設がパートはもちろん、正社員の保育士を募集しています。

保育施設「マイナビ保育士」に登録されている施設数
認可保育園132
認証保育園・認定保育園35
院内保育所9
企業内保育所7
その他認可外保育所13
幼稚園4
学童施設10

平成31年4月1日時点での板橋区の待機児童数は108人で、平成27年度における378人と比べると、270人もの待機児童を解消するという快挙を成し遂げています。

(出典:板橋区「第24回 板橋区子ども・子育て会議(令和元年度 第1回)」/https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kusei/shingikai/kodomokaigi/1010680.html)

ただし、待機児童ゼロへの道のりはまだまだ遠いため、どの保育施設でもより多くの保育士の獲得を望んでいます。そのため、主婦歓迎・未経験歓迎・シフト制・年齢不問・ブランクOK・扶養内勤務OKといった求人が多数存在します。

板橋区で保育士として働きたい人は、ぜひ検索・応募してみてください。

【保育士向け】板橋区の遠足・お出かけスポット

最後に板橋区で保育士となり、遠足などの行事の際におすすめできる遠足・お出かけスポットを2つ紹介します。

1.こども動物園高島平分園

こども動物園高島平分園では、ウサギやモルモットなどの小動物からヤギやヒツジ、ポニーなどの比較的大きな動物まで、さまざまな生き物と触れ合うことができます。

モルモットを抱っこしたり、ヤギやヒツジにエサをあげたりできる他、満3歳以上であれば乗馬体験活動をすることも可能です。

2.城北中央公園

城北中央公園は緑豊かで広々とした公園です。広大な広場で鬼ごっこなどをして楽しめるほか、たくさんの遊具でのびのびと遊ぶことができます。

公園内のサービスセンターにはおむつ替え用のベビーベッドも設置されているため、おむつ替えが必要な子も安心して連れていくことができます。

遠足行事などの際の候補地として、ぜひ参考にしてください。

まとめ

板橋区における保育士の平均給与は、全国平均や東京都の平均給与と比べると、低い金額となっています。ただし板橋区には保育士支援の一環として、「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」が存在します。

「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業」を利用すれば、給与の額面に対して自由にできる金額に余裕ができ、ゆとりある生活をおくることができるでしょう。

都心へのアクセスも抜群の板橋区で保育士として働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職