山口県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士山口県

山口県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

山口県の保育士求人事情

保育士の求人情報平均年収やお出かけスポットも紹介

山口県の景観

山口県は、県民が安心して子ども達を療育できるように、子育て環境を積極的に整備している自治体です。保育士の確保は、子育て環境の充実に欠かせない要素であるため、今後も保育士の需要増加が期待できる地域といえます。この記事では、山口県における保育士の平均給与や支援策、求人状況や遠足・お出かけスポットを紹介します。具体的な数値とともに解説しているため、山口県で保育士を目指す人は、参考にしてください。

山口県における保育士の平均給与は?

山口県の景観

保育士の給料は、保育士としての経験年数や、勤務先の施設形態等でさまざまです。山口県における保育士の平均給与と、全国における保育士の平均給与を下記にまとめました。

平均年収
全国約363万円
山口県約256万~320万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

山口県における保育士の平均年収は、約256万~320万円です。全国平均の年収と比較した場合、山口県の平均給与は若干低い水準といえるでしょう。 ただし、山口県の平均年収は、あくまで求人サイトから算出された推定値です。通勤手当・配偶者手当・実務手当等各種手当充実の施設、運営母体が企業の施設等では、上記の額を上回る求人も少なくありません。

納得できる就業先を選択するために、求人サイトの募集情報や仕事情報はきちんと精査しましょう。

山口県が進める保育士支援の取り組み

山口県の景観

山口県では、保育士人材を確保するためにさまざまな支援事業を実施しています。支援事業を利用すると、経済的負担を抑えつつ保育士として働くことが可能です。ここでは、山口県が進める保育士支援の取り組みの中から、「保育士就職支援金貸付」と「保育士等キャリアアップ研修」を紹介します。

1.保育士就職支援金貸付

山口県では、福祉人材センターにおいて保育士就職支援金貸付事業を実施しています。本事業は、療育業務や教育業務等に従事する保育士の、離職防止および就職支援を目的とした事業です。

貸付対象者令和元年12月以降に勤務を開始し、保育士として週20時間以上勤務する人(別途条件有り)
貸付額40万円以内(1人一回限り)
返還免除山口県内の保育所等で、2年間引き続き従事した人
ここでは、山口県が進める保育士支援の取り組みの中から、「保育士就職支援金貸付」と「保育士等キャリアアップ研修」を紹介します。(出典:山口県福祉人材センター「保育士就職支援金貸付」/ http://yamaguchi-fjc.jp/subsidy/childminder-support/)

保育士就職支援金貸付は無利子貸付であり、条件つきで返還免除される制度を有しています。貸付金は、勤務に使用する被服費等に使うことが可能です。

2.保育士等キャリアアップ研修

山口県では、厚生労働省が定める「保育士等キャリアアップ研修ガイドライン」のもと、保育士のキャリアアップを支援する研修制度が整備されています。山口県における実施主体、委託先は下記の通りです。

実施主体山口県
委託先社会福祉法人山口県福祉協議会
令和2年度研修山口県社会福祉協議会 福祉研修センター
(出典:山口県「こども政策課/キャリアアップ研修・保育士等キャリアアップ研修について」/ https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a13300/tesuto/201806040001.html)

研修後に取得できる修了資格は、全国共通で通用するものです。仕事内容・業務全般のスキルを磨くことができるうえ、転職・復職の際にも有効な研修制度となります。

山口県における保育士の求人状況

山口県の景観

ここまで、山口県における保育士の給料や支援策といった待遇面を紹介しました。ここからは、山口県における保育士の求人状況について解説します。厚生労働省が発表している山口県の保育士有効求人倍率と、求人サイトにおける求人数は、下記の通りです。

保育士有効求人倍率(※1)0.99倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)14件(2020年6月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

山口県における保育士の求人倍率は、1倍を切っている状態です。この数値だけを見ると、山口県は保育士の需要がないと考える人も少なくありません。しかし、前年4月時点における保育士の有効求人倍率は、1.62倍でした。また数値が上がることも考えられるため、需要がないとはいいきれません。

2019年10月1日から「幼児教育・保育の無償化」が開始されたことを受け、山口県において保護者が保育園を利用する環境は、整備されつつある状況です。

(出典:内閣府「幼児教育・保育の無償化」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/index.html)

今後、保育園需要はさらに増加することが考えられます。山口県においても、保育士は求め続けられる人材です。

【保育士向け】山口県の遠足・お出かけスポット

山口県の景観

山口県には、人気の遠足・お出かけスポットが多くあります。遠足やお出かけは、児童が一般社会の環境やルールに触れる良い機会です。実際に保育園の仕事に就く前に、いくつかの施設を下調べしておきましょう。

1.下関市立しものせき水族館 海響館

海響館は、日本最大級のペンギン展示施設が魅力の水族館です。たくさんのペンギンが飼育されており、泳いでいる姿を見るだけでも楽しむことができます。屋内施設であるため、雨天利用も可能です。

2.ときわ公園

ときわ公園は、189haという広大な面積を持つ公園です。広い敷地にはサクラやショウブ等さまざまな花が咲き乱れ、自然を身体全体で味わうことができます。

動物園や植物館も併設されているため、多彩な楽しみ方ができるでしょう。

まとめ

ここまで、山口県における保育士の平均給与や支援策、求人状況や遠足・お出かけスポットを解説しました。

山口県では、「就職支援金貸付」や「保育士等キャリアアップ研修」をはじめ、さまざまな保育士支援事業を実施しています。平均給与は全国に比べ若干低い水準にありますが、支援事業の利用、好待遇求人の選択を行うことで、納得できる就業先を見つけることも可能です。

自分に合った求人を探したい場合は、マイナビ保育士を利用しましょう。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。