児童発達支援の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士児童発達支援

児童発達支援

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

都道府県から保育士求人を探す

北海道・東北
北海道|青森 |岩手 |宮城|秋田|山形|福島

人気のエリア

児童発達支援センターで働く保育士の特徴|仕事内容・平均給与も

療育支援施設のひとつである児童発達支援センターは、心身にさまざまな障がいを持つ子どもとその保護者への支援を主な役割としています。児童発達支援センターは地域の児童発達支援の中心的存在であり、障がいが疑われる子どもの家族や障がい児が通う保育施設にとっても心強い存在です。

当記事では、児童発達支援センターにおける保育士の仕事内容や給料事情、児童発達支援センターで働くことに向いている人の特徴を紹介します。

児童発達支援センターとは?

児童発達支援センターは、心身に障がいを持つ子どもとその保護者に向けてさまざまな訓練・支援などを行う療育支援施設です。福祉型と医療型の2種類に大別され、本人の特性や発達のレベルに合ったケアを受けられます。

児童発達支援センターは、児童発達支援事業所と混同されることが少なくありません。どちらも障がい児向けの発達支援施設ですが、児童発達支援事業所は発達障がいを持つ未就学児の訓練・支援に特化しています。

児童発達支援事業所よりも業務の幅が広い児童発達支援センターは、地域の児童発達支援の中核たる存在です。障がい児とその保護者向けのケア業務に加え、障がい児が通う保育・教育施設への支援や通所していない家庭向けの相談業務なども行います。

(出典:厚生労働省「児童発達支援ガイドライン」)

児童発達支援センターで働く保育士の仕事内容

児童発達支援センターで働く保育士の主な業務は、次のとおりです。

  • 子ども一人ひとりに合わせた療育やリハビリなどの実施
  • 送迎
  • 食事や排泄、着替えなどの介助
  • 保護者への報告と面談

児童発達支援センターにおける保育士の重要な役割は、子ども一人ひとりに合わせたケアを行うことです。日常生活に欠かせない動作や、集団生活に必要な知識・スキルを身につけるため、療育・リハビリプログラムに沿ってさまざまな遊びを実施します。

子どもによっては食事や排泄などの介助がいる場合もありますが、何でも手を貸せばよいわけではありません。事故などが起こらないようしっかり配慮しつつ、できることは自力でできるよう見守ることが大切です。

1.児童発達支援センターで働くメリット・特徴

児童発達支援センターで働くメリットには、下記のとおりです。

〇児童発達支援に関する専門知識・スキルが身につく
療育・リハビリを行うためには、作業療法士や言語聴覚士といった専門家との連携が不可欠です。多くの専門家と協力しつつさまざまな障がい児たちと接するうちに、児童発達支援に関する専門知識を得ることができます。さらに、保育士として実務経験を積めば、訪問支援員や児童発達管理責任者になることも可能です。

〇一人ひとりの子どもと深く関わる
児童発達支援施設は一般的な保育施設よりも定員数が少なく、その分保育士は子ども一人ひとりと深く関わることができます。ただし、子どもの特性によっては片時も目を離せないことも多く、柔軟かつ注意深いケアが必要です。

〇通所していない障がい児のケアにも関わる
保育所等訪問支援などを通して、さまざまな障がい児のケアに関わる児童発達支援センターは、障がい児を受け入れる保育所や幼稚園にとっても心強い存在です。児童発達支援センターで保育士や訪問支援員として活躍することで、地域全体への貢献にも役立ちます。

児童発達支援センターで働く保育士の給料事情

児童発達支援センターで働く保育士の給料事情を解説します。

下記は、児童発達支援センターで働く保育士の平均収入と、保育士の全国平均を比較した表です。なお、児童発達支援センターの収入額は、マイナビ保育士のデータをもとに算出し、手当・賞与額は平均月収の3か月分で計算しています。

平均年収平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国平均約363万円約24万円約70万円
児童発達支援センター約395万~471万円約22万~26万円約66万~79万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」)

児童発達支援センターで働く保育士の平均年収は、全国の平均年収を約30万円以上も上回っています。一般の保育施設と比べて業務の幅が広く、難易度の高い児童発達支援センターで働くことで、高いスキルと収入を得られるでしょう。

児童発達支援センターで働くことが向いている人の特徴

児童発達支援センターで働くことに向いている人の主な特徴は、次のとおりです。

〇粘り強く子どもと向き合い、小さな成長を喜ぶことができる
障がい児は日常生活などの不自由が多く、特別な介助や配慮が必要な子どもも少なくありません。児童発達支援センターの保育士には柔軟かつ粘り強い対応が求められます。しかし、その分子どもが何かを達成したときなどの感動は大きくなるでしょう。

〇相手の気持ちに共感しつつ、精神的に支えることが得意
障がい児を持つ保護者は育児不安を抱えやすく、また身近に相談相手がいないこともしばしばです。保育士として保護者と接するときは、相手の気持ちに寄り添い安心させるスキルが求められます。

〇向上心が強い
同じ障がいでも、障がいの特性や本人の性格によって必要なケアは異なります。細やかなケアを行うためには、「この障がいにはこう対処する」と決めつけず、その子どもに合った方法を模索することが大切です。常に向上心を忘れず最善の方法を探すよう努めることで、周囲から一目置かれるでしょう。

まとめ

児童発達支援センターで保育士として活躍したい場合は、マイナビ保育士をご活用ください。マイナビ保育士では、正職員から初心者OKのパート・アルバイトまで、さまざまな保育士求人を取り扱っております。

マイナビ保育士に無料登録すると、非公開求人の閲覧が可能となります。多くの非公開求人は一般的な求人よりも高収入・高待遇であり、ある程度実務経験があればスムーズに転職できることもしばしばです。

非公開求人は掲載期間が短いことも多いため、魅力的な求人を見つけた場合は、早めの行動をおすすめします。

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

児童発達支援施設の仕事や転職方法児童発達支援施設の仕事や転職方法
近年、子どもの発達に不安を抱え、支援を必要とする家庭が増えていることから、児童発達支援に注目が集まっています。児童発達支援施設での勤務は、保育士資格...
療育とは?発達支援の効果や早期療育の必要性を解説療育とは?発達支援の効果や早期療育の必要性を解説
療育は、障害のある子どもへの支援方法のひとつです。保育現場で働いていると、保護者から自分の子どもに療育が必要だと相談されることもあるでしょう。しかし、療育...
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職