東京上空から撮影された風景写真

ひと口に「東京23区で働きたい」と言っても、エリアごとにその特徴はさまざま。まずは各区の大まかな傾向を理解しながら、あなたが保育士として働くのにぴったりの勤務地を絞り込んでみませんか?

自然たっぷりの環境でダイナミックな保育をしたいなら「東エリア」

満開の花々とスカイツリーが写った風景写真

東京23区内でも、とくに豊かな自然を誇る東エリア(台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区)。広い園庭でのびのび遊んだり、緑あふれる公園でお散歩したりと、体を動かしてダイナミックな保育を実践したい方にぴったりです。下町情緒あふれるこのエリアは、賃貸ではなく持ち家という家庭の割合が高く、愛着を持って暮らしている人々がたくさん。地域に精通した法人が運営し、地元の人に信頼され続けてきた、歴史ある保育園が多い傾向にあります。また、23区内では高齢化率も比較的高いエリアで、世代間交流などにも挑戦しやすい環境だといえそうです。

『東エリア』の求人一覧はこちら

乳児&少人数をじっくり保育したいなら「都心部」

園児たちと遊ぶ女性保育士の写真

いわゆる都心部(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・渋谷区)には、少人数の0~2歳児を預かる保育所がたくさん設置されています。大企業や商業施設が立ち並ぶため事業所内保育所が多いほか、集合住宅の一室などでも開園できる小規模保育所の数も増え続けています。「低年齢の子どもたちを丁寧に保育したい」という希望がある方に注目してほしいエリアです。また、大使館が集中する地域で外国人家庭が多いこともあり、語学力を生かして働きたい人にもぴったり。

『都心部エリア』の求人一覧はこちら

一方、都心部から少し南下した位置にある南エリア(品川区・目黒区・大田区・世田谷区)は、就業前児童人口が多いことが特徴。必然的に待機児童数も多めになり、保育士の求人にも事欠きません。数多くの求人情報から自分にとってベストの職場を選べる、選択肢の多いエリアだといえます。都心と並んで物価の高い地域ですが、自治体による保育士向けの住宅借り上げ制度を活用することで、「あこがれのエリアでひとり暮らし!」を実現できるかも。

『都心部 南エリア』の求人一覧はこちら

若手のうちから管理職に挑戦したいなら「西&北エリア」

花畑と高層ビルを写した風景写真

23区内でも、とくに子育て政策や待機児童対策に力が入っている印象なのが西&北エリア(中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区)。「子育て環境が良好」というイメージを持たれることが多いようです。保育施設数も増加傾向にあるため、そのぶん管理職のポスト数もたくさん。園長や主任など、若手のうちから管理職に挑戦できる可能性が高いエリアだといえます。また、新規に開園するタイミングで入職し、オープニングスタッフとして保育園を作っていきたいという方にもおススメです。

このほかにも、区ごとに設けられた保育士誘致策(就職した保育士に支給される補助金などのメリット)を把握したり、自宅からのアクセスを考えたりと、勤務地選びにはさまざまな要素を勘案する必要があります。自分がどんな保育士として働きたいのかという軸を定めたうえで、エリアごとの特徴を理解することで、「自分にとってのベストエリア」を見つけることができそうですね!

『西&北エリア』の求人一覧はこちら

キャリアアドバイザーからのコメント

自分にとってベストの保育園を選ぶためには、さまざまな要素を勘案する必要があります。初めから「絶対に〇〇駅付近がいい」「△△区内じゃないとイヤ」などとイメージだけで選択肢を狭めてしまうのは、とてももったいないことだといえそうです。多様な視点から園選びをするためには、それぞれのエリア事情に精通したプロの力を借りるのが一番。ぜひ、マイナビ保育士のキャリアアドバイザーに相談してみましょう!