埼玉県における保育士の給料相場は?支援や補助制度についても解説!

埼玉県は東京都に次いで待機児童が多い地域(2018年4月時点)のため、自治体と民間が一体となって保育士の人材確保に努めています。その努力は、埼玉県における保育士の給与や支援・補助制度といった待遇面にあらわれています。

この記事では、全国平均や他の都道府県との比較による埼玉県の保育士の給料相場、埼玉県の地域差で生じる給料の違いについて解説します。埼玉県で実施されている支援・補助制度も詳しく紹介するため、埼玉県で保育士として就職活動を行っている方は参考にしてください。

【埼玉県】保育士の給料相場|全国平均との比較

給与

地域によって物価や人口の規模が異なるため、保育士の平均給与にも地域差が存在します。埼玉県は首都圏に近く、人口も比較的多い地域であることから、全国の平均給与と比較すると埼玉県における保育士の給与は高い傾向にあります。

実際に埼玉県の保育士の平均給与はどれくらいの水準にあるのでしょうか。 全国の平均給与と比較してみましょう。

埼玉県と全国の保育士の平均給与比較(年収)
埼玉県の保育士の平均給与 356万円
全国の保育士の平均給与 358万円

(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

上記の表を見ると、埼玉県の保育士の平均給与は、全国の保育士の平均給与と比べるとそこまで大差はありません。

年収の金額としてはさほど差がないように見えますが、全国の保育士の平均給与は東京都など一部の平均給与の高い地域により押し上げられています。 そうした理由から、下記の表に示したとおり、埼玉県の保育士の給与は他の都道府県と比べても高水準だと言えるでしょう。

埼玉県とその他都道府県の保育士の平均給与比較(年収)
埼玉県の保育士の平均給与 356万円
東京都の保育士の平均給与 434万円
大阪府の保育士の平均給与 349万円
静岡県の保育士の平均給与 332万円
北海道の保育士の平均給与 341万円

(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

東京都には及ばないものの、埼玉県の保育士の平均年収は他府県と比較すると同等かそれ以上であることが表から見て取れます。

こうした地域差のほか、勤続年数や業務内容、役職などによっても、保育士の給料は異なるため、あくまでも目安として参考にしてください。

埼玉県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

検索

次に、埼玉県内における給料の地域差について見ていきましょう。埼玉県における保育士の給料は、埼玉県の地域によって差があります。なかでも、下記の自治体で働く保育士の給料は高い傾向にあります。

  • さいたま市
  • 戸田市
  • 新座市
  • 越谷市

上記の地域は、保育所によっては保育士の年収が400万円を超えることもあり、埼玉県内でも保育士の給料が高い市区町村です。また、保育士の募集が多い地域でもあります。

市区町村によって給料に違いがある理由

市区町村によって保育士の給料に差が生じる理由には、下記の点が挙げられます。

  • 市区町村により、家賃にかかる費用や物価が異なるため
    地域における家賃や物価などの生活費用の差は、給料の地域差に大きく関わる要素のひとつです。人口の密集している都市部では家賃や物価に比例して給料も高くなりますが、人口の少ない町村部は家賃や物価が安いため、保育士の給料も低くなる傾向にあります。
  • 市区町村独自の手当や取り組みをしている地域があるため
    市区町村によっては、保育士の待遇改善を目的に独自の手当や取り組みを導入しているところもあります。給料改善に積極的な市区町村の場合、保育士の平均給料は高くなる傾向にあります。

保育士に関する独自の手当や取り組みを導入している地域の多くは、保育士の福利厚生・勤務環境が整っている点も特徴です。転職による年収アップを考えている方は、各自治体における独自の取り組みについてチェックするとよいでしょう。

埼玉県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

支援・補助

埼玉県では、保育士を確保することを目的に、さまざまな「支援・補助制度」を実施しています。基本的に、各支援・補助制度は所定の届け先へ申請することでサポートを受けられる仕組みとなっています。利用条件を満たす場合は、積極的に申請を出しましょう。

ここからは、埼玉県で実施されている支援・補助制度を紹介します。

保育士宿舎借り上げ支援事業

保育士宿舎借り上げ支援事業は、さいたま市が国や県の補助制度を活用して実施している支援制度です。この制度では、保育士用の宿舎(賃貸マンション、アパート)を借りている民間の保育園に補助金を支給しています。

保育士宿舎借り上げ支援事業
対象施設 さいたま市内の民間認可保育所、認定こども園、地域型保育事業
対象職員 対象施設に勤務する常勤保育士で、採用10年以内
対象宿舎 対象施設が借り上げている、さいたま市内の宿舎
対象経費 賃貸料、共益費
補助額 新設園:対象経費から本人負担額を差し引いた費用(月額上限8万円)の8分の7
既設園:対象経費から本人負担額を差し引いた費用(月額上限8万円)の4分の3

(出典:さいたま市役所「保育士宿舎借り上げ支援事業を実施しています」/https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p045968.html

保育士宿舎借り上げ支援事業を利用すると、保育所等の運営者は宿舎を借り上げることによる経費の一部を補助金でまかなえるようになります。そのため、同支援事業を利用している保育所等では、保育士に家賃補助を支給している場合があります。

埼玉県保育士就職準備金貸付

埼玉県保育士就職準備金貸付は、埼玉県(さいたま市を除く)で保育士として就職を考えている方に準備金を貸し出す制度です。この支援制度を利用し、さいたま市を除く埼玉県内の保育所等で保育士として2年間働くと、借りたお金の返済が不要となります。

埼玉県保育士就職準備金貸付の内容は以下のとおりです。

埼玉県保育士就職準備金貸付
貸付対象 ①2019年4月1日~2020年3月31日に埼玉県(さいたま市を除く)の保育所等に新たに勤務する人
②保育士登録を行ってから1年以上経過している人
③保育所等を離職してから1年以上経過している人
④新たな勤務先で週20時間以上勤務する人
貸付額 最大40万円
準備金の使途 就業に関する費用(研修参加費、参考図書の購入費、通勤用自転車の購入費、ジャージ・上履きの購入費、転居費用など)
返還免除の要件 埼玉県(さいたま市を除く)で、2年間保育士として勤務する
申請方法 勤務する保育所等が所在する市町村保育担当課へ必要書類を提出する
注意事項 貸付には審査があり、連帯保証人が必要となる

(出典:社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会「平成31(2019)年度 事業案内チラシ」/https://www.fukushi-saitama.or.jp/site/kanri/download.php?file=problem.15.37.pdf&org=hfj2019tirashi2.pdf

埼玉県保育士就職準備金貸付では、一度離職してブランクのある人も対象となり、就職を支援してくれます。貸付金を受け取った後、埼玉県内(さいたま市を除く)で2年間保育士として働けば全額返済不要となるため、実質的には貸付金を給付に近いかたちで利用できます。

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業は、さいたま市が実施している支援制度です。まだ学校に行けない子どもを抱える保育士をサポートするために、保育料の一部を無利子で貸与してくれます。

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業
対象者 未就学児を持つ保育士で、平成29年4月1日以降にさいたま市内の保育所等へ就職、あるいは産後休暇、育児休業から復帰した方
貸付限度額 保育料の半額(1ヵ月最大2万7千円まで)
貸付期間 勤務開始(復帰)から1年間
返還免除の要件 さいたま市内の保育所等に2年以上勤務すること

(出典:さいたま市役所「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業(返還免除有り)を実施しています!」/https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p053601.html

保育士として働きたいと思っていても、未就学児を家に残したまま勤務することは困難です。同事業を利用すれば保育料の経済的な負担を軽減できるため、金銭面を心配することなく保育士の仕事に就くことができます。

ここまで紹介したように、埼玉県では保育士に対するさまざまな支援・補助制度を用意しています。 「離職したけどもう一度埼玉県で保育士として働きたい」「育休が終わるタイミングで保育士として復職したい」という場合は、埼玉県の各支援・補助制度を有効活用しましょう。

まとめ

埼玉県は保育士の給料が全国的にも高い水準にある地域です。特にさいたま市などの都市部では高収入が見込めます。

また、埼玉県では宿舎借り上げ支援事業や就職準備金の貸付、未就学児の保育料の負担など、さまざまな支援・補助制度を実施しています。そのため、埼玉県は保育士が安心して働ける環境が整っていると言えるでしょう。

埼玉県による支援・補助制度を積極的に利用すれば、経済的な負担の軽減につながります。幅広く情報を集めながら、実りある就職活動を行ってください。

※当記事は2019年10月現在の情報を基に作成しています