20200402_nara_main_01-thumb-600x400-1549.jpg

奈良県は、他の都道府県と同じように深刻な「保育士の人材不足問題」を抱え、有資格者や実務経験者の確保を急ぐ自治体といえます。さらに、大阪・京都といった周辺都市への人材流出が目立つという、奈良県独自の問題があります。

この記事では、奈良県で転職・復職を検討する保育士のために、「奈良県における保育士の給料事情」や「公的なサポート制度」を紹介します。奈良県内の保育所や幼稚園から転職を検討する人はもちろんのこと、奈良県へのIターン・Uターン転職を希望する人は、ぜひ参考にしてください。

【奈良県】保育士の給料相場|全国平均との比較

奈良県における保育士の給料相場は、約343万円です。全国的な給料相場の約358万円と比較して、遜色がない水準の給料支給が見込まれます。

全国 奈良県
保育士の給料相場 約358万円 約343万円
保育士の平均年齢 36.8歳 35.1歳

(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」/​https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/index.html

上記の金額は、あくまでも平均的な給料額の相場です。実際の給料水準は、保育施設の種類や派遣社員・アルバイト・正社員・契約社員といった雇用形態、業務経験などによって変動します。

奈良県において比較的高い給料を見込める施設の種類は、公立保育所や社会福祉法人などが運営主体の認可保育所です。

公立保育所や社会福祉法人が運営する認可保育所に勤務する保育士の半数以上は、年収200万円以上を達成し、安定的な働き方を実現しています。
一方で、認可外保育所に勤務する保育士の約3割は、年収103万円未満です。株式会社などが運営主体の認可保育所では、年収200万円未満で勤務する保育士が目立ちます。

(出典:奈良県「奈良県保育士実態調査」29ページ図説より/​http://www.pref.nara.jp/secure/110194/hoikusijittaityousa.pdf

ただし、株式会社が運営する保育所や認可外保育所であっても、公立保育所の給料水準に近いところもあります。そのため、保育所を選ぶ時は、施設形態よりも各施設の詳細な勤務条件をしっかりと確認しましょう。

なお、転職当初は希望の年収を得ることが難しい場合であっても、年齢や勤続年数に応じた給料のアップが期待できます。実際に、奈良県内に勤務する20代の保育士は、年収300万円未満が大半です。
年齢が上がるほどに、年収300万円以上を達成する保育士の比率が増加し、40代や50代では、年収500万円程度を達成する保育士も存在します。

奈良県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

奈良県と首をかしげる女性

奈良県内で比較的高い給料を見込める市区町村は、「奈良市」です。月収で25万円以上・年収350万円以上を提示する求人が多く見られます。育児休暇・介護休暇・通勤手当など福利厚生や各種手当の充実をアピールする施設が多く、給料以外の要素も参考にして、求人情報の絞り込みを行うことが可能です。

奈良市と同じように「生駒市」も、比較的給料の高い市区町村に該当します。パート・非常勤・短時間正社員など、多様な雇用形態を認める施設が存在し、プライベートと仕事の両立が可能です。扶養内勤務など詳細な希望条件を持つ人は、職場見学や面接を行う時に相談しましょう。

大規模な病院の多い「橿原市」や「天理市」には、院内託児所・院内保育所の求人が目立ちます。院内保育は一般的に夜間勤務を伴いますが、固定給に上乗せして夜勤手当を受け取ることが可能です。また、多くの職場がシフト制を導入しているため、夜勤の頻度や休日休みなど、柔軟な働き方を選択できるケースがあります。

県内でもエリアによって給料に違いがある

保育士の給料水準は、求人数と求職者の需給バランスに影響されます。求人に対して求職者の少ない地域では、魅力的な労働条件を提示することで、積極的に人材を集めようとする傾向です。そのため、「保育士不足が深刻なエリアほど給料が高い」といった地域差が生じます。

奈良市・生駒市・橿原市・天理市は、待機児童の人数が多く、保育の専門人材確保が急務の地域です。

【平成28年4月時点における4自治体の待機児童数】

奈良市 生駒市 橿原市 天理市
85人 36人 45人 21人

(出典:厚生労働省「保育人材確保策の実施状況(待機児童10人以上の市区町村)」/​https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000157156.pdf

さらに、上記の4自治体は保育施設の数が多く、専門人材に対する需要が高いといえます。保育施設数が多いにもかかわらず待機児童が多いという実態が、保育士の給料水準を引き上げる要因です。

【平成31年4月時点における4自治体の保育施設数】

奈良市 生駒市 橿原市 天理市
61施設 26施設 15施設 13施設

(出典:奈良県「施設一覧(H31.4.1時点)」/​http://www.pref.nara.jp/secure/180776/publication.pdf

奈良県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

奈良県の景色と女性

奈良県は、保育の担い手不足や保育士の高い離職率を問題視し、積極的な対策を実施する都道府県といえます。「保育士就職準備金貸付制度」や「奨学金返済支援事業補助金」などは、自治体主導で実施する対策の一貫です。

以下では、奈良県の保育士支援・補助制度を3つ取り上げるため、保育士への就職・転職を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

保育士就職準備金貸付制度

「保育士就職準備金貸付制度」とは、奈良県内の保育所や認定こども園など保育施設への勤務が決定した保育士に対して、最大20万円の就職準備金を無利子で貸付する仕組みです。

【就職準備金として使える用途】

(1)保育所等への就職によって転居が伴う場合における転居費用
(2)転居先の賃貸物件の借り上げに伴う礼金や仲介手数料
(3)保育所等で使用する被服費
(4)保育所等の勤務に復帰するに当たり研修等を受けた際の研修費用
(5)保育所等への通勤に要する移動用自転車等の購入費
(6)申請者の子どもが保育所等を利用する際に必要となる費用
(7)子どもの預け先を探す際の活動に必要となる費用
(8)その他、就職する際に必要となる経費として会長が適当と認める費用

(引用:社会福祉法人奈良県社会福祉協議会 「貸付のご案内(保育士就職準備金)/​http://nara-shakyo.jp/publics/index/205/

貸付制度の対象は、奈良県内の保育所などで週20時間以上の勤務が決定した保育士です。「1日5時間・週3日」など、週20時間に満たない働き方の場合は、貸付制度の対象に含まれません。離職間もない保育士はもちろんのこと、ブランクがある保育士の復職でも、貸付を受けることが可能です。

就職準備金の支給を受けた後、2年以上の勤務を行うことで、貸付金の返還義務は免除されます。一方、2年以内に退職した場合は、退職日の翌日から原則2年以内に、借り入れた就職準備金の返還が必要です。

保育士奨学金返済支援事業補助金

奈良県の生駒市などでは、奨学金を活用し保育士資格を取得した後、市内の認可保育所や認定子ども園などに就職した人に対して、3年間にわたって補助金の支給を行います。
生駒市は、県外就職率が高く、人口減少が危惧される市区町村です。保育士の生駒市定住を促すことで子育てしやすい街づくりを目指し、人材流出に歯止めをかけるための制度といえます。

生駒市における2020年度の「保育士奨学金返済支援事業補助金」募集要項は、下記表の通りです。

対象 法人か個人の運営する生駒市内の認可保育所・認定子ども園・小規模保育事業などの常勤職員(※)

※常勤職員の判定は、以下の基準による
・1日6時間以上、月20日以上の勤務
・社会保険被保険者
定員 5名
補助金額 申請の前年度において、奨学金返済に要した費用の1/2(年度ごとに10万円が限度)
補助期間 3年
申込方法 生駒市のこども課にて配布する申請用紙を記入し、郵送もしくは持参により提出

(出典:生駒市「広報いこま いこまち」40ページ目「生駒市保育士 奨学金返済事業の募集」より/​https://www.city.ikoma.lg.jp/cmsfiles/contents/0000004/4970/200201_all.pdf

保育士宿舎借り上げ支援事業

「保育士宿舎借り上げ支援事業」とは、保育所が保育士のために借り上げ宿舎を用意する時、費用の一部を支援する仕組みです。奈良市では、民間保育所等対象施設(保育所・幼保連携型認定こども園・小規模保育事業所)に対して、1戸あたり月額6万円を上限とした補助金を支給します。

(出典:奈良市「奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業」/​https://www.city.nara.lg.jp/site/kosodate/66112.html

保育士宿舎借り上げ支援事業によって、保育士が直接、補助を受けるわけではありません。しかし、保育士宿舎借り上げ支援事業が存在することで、保育士向けの宿舎整備に繋がります。

まとめ

奈良県における保育士の給料は、物価などを考慮すると、全国平均と比べて遜色のない水準です。ただし、奈良県の中でも保育士の給料水準は、市町村によって違いがあります。県庁所在地の奈良市や大阪府に隣接する生駒市における給料水準が高い傾向です。

奈良県で理想の就職・転職を実現するためには、保育士業界に特化した転職サイトに登録して、キャリアアドバイザーの支援を受けることをおすすめします。
キャリアアドバイザーと二人三脚の転職活動によって、希望に沿う年収・待遇の求人と出会い、理想の働き方を実現しましょう。

奈良県の求人情報はこちら