20200428_kindergarden_main_01-thumb-690x350-1643.jpg

未就学児の教育をしたいと考える人にとって、幼稚園教諭の仕事は非常におすすめです。 幼稚園教諭は安定した需要があり、幼児教育を通してやりがいも感じられるため、魅力的な仕事となっています。 しかし幼稚園教諭となるためにどのような手順を踏めばよいのか、わからない人もいるでしょう。 そこで今回は、幼稚園教諭となるために必要な流れを解説します。また幼稚園教諭に向いている人の特徴も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

子どもの成長を間近で実感できる幼稚園教諭の3つのメリットや、大満足の求人を多数掲載中!

幼稚園教諭になるためには?

幼稚園教諭となるためには、まず免許を取得し、その上で採用試験に合格する必要があります。

ここでいう免許とは、国家資格である「幼稚園教諭免許状」のことです。 免許を取得するためには、専門の教職課程で学ぶ必要があり、基本的には大学、もしくは短大を卒業しなければなりません。免許を取得し、希望する保育園の採用試験に合格すれば、晴れて幼稚園教諭として働くことが可能です。 免許取得と採用試験の流れに関しては、以下の項目で詳しく解説します。

まずは免許状を取得する

幼稚園教諭免許状は「専修」「一種」「二種」の3種類に分かれていて、それぞれ取得方法が異なります。基本的な要件は以下の通りです。

・専修免許状
大学院の養成課程で学位(修士)を取得し、卒業すること。

・一種免許状
大学の養成課程で学位(学士)を取得し、卒業すること。

・二種免許状
短大や専門学校の養成課程で学位(短期大学士・学士・専門士のいずれか)を取得し、卒業すること。もしくは、保育士として3年以上の実務経験がある場合、所定の単位を取得し、幼保特例制度で定める教員資格認定試験に合格すること。

上記の通り、幼稚園教諭となるためには、最低でも2年間教職課程で勉強し、免許状を取得する必要があります。

覚えておきたい点として、免許状の種類によって職務内容が変わることはありません。3種の区分はあくまでも教職課程の違いに由来し、就職後は同じ立場からスタートします。

ただし、給与面に関しては二種よりも一種の方が優遇される傾向にあります。また、園長の役職に就くためには一種以上の免許が必要です。学費や将来のキャリアを考えた上で、どの免許状を目指すのかを決めるようにしましょう。

ちなみに特例として、すでに二種免許状を持っていて、勤務経験が5年以上ある場合、所定の単位を取得することで一種免許状に切り替えることも可能です。

採用試験を受ける

無事に幼稚園教諭免許状を取得しても、まだ幼稚園で働けるわけではありません。教諭として働くためには、幼稚園の採用試験を受ける必要があります。

私立幼稚園を希望する場合、試験内容はそれぞれの幼稚園によって異なります。とはいえ、一般企業と同様に、以下のような選考が行われることがほとんどです。

  • エントリーシート/履歴書
  • 筆記試験(小論文など)
  • 実技試験(ピアノや歌など)
  • 面接

公立幼稚園を希望する場合、各自治体が実施する共通試験を受けなければなりません。詳細は市区町村のホームページなどで確認する必要がありますが、首都圏エリアを例に挙げると、多くは以下のような流れで行われます。

4月頃 申し込み
7月頃 第1次選考:書類選考・筆記試験
9月頃 第2次選考:小論文・実技・面接
11月頃 申し込み

公務員として安定した待遇が受けられることもあり、公立幼稚園の採用試験は高倍率となる傾向にあります。年度によっては募集がない場合や、あっても採用枠が1~2名に限られる場合も少なくありません。

とはいえ、公務員試験である以上、傾向と対策を行うこと自体は難しくありません。筆記試験であれば過去問を解いたり、面接であれば訊かれやすい質問を事前に調べたりすることで、合格の可能性を高められます。

幼稚園教諭免許は更新が必要

免許のイラスト

上述した幼稚園教諭免許には有効期限があり、一定期間ごとに資格を更新する必要があります。平成21年度以降に授与された新免許状の場合、その有効期限は10年です。 具体的な更新の流れは以下の通りとなっています。

(1)受講資格の有無を確認する
新免許状の場合、有効期限の満了日までに更新講座を受講する必要があります。

(2)受講したい講習を選択する
文部科学省や教育機関(主に大学)のホームページに情報が掲載されています。開催場所や日時、受講料などを事前に確認しましょう。

(3)それぞれの教育機関に申し込む
各自で教育機関に受講を申し込みます。その際、受講対象であることを証明する書類の提出が必要です。

(4)講習課程を修了する
免許を更新するためには、30時間以上に及ぶ講習の受講が必要です。この課程を修了すると、教育機関から修了証明書が発行されます。

(5)更新申請を行う
勤務先の免許管理者(都道府県公安委員会)に修了証明書を送付し、免許状の更新を申請します。

具体的な講習内容としては、教育史に関する知識から、近年における教育環境の変化、英語教育の重要性など多岐にわたります。一部の講習は選択制となっているため、各自の置かれている職場環境や、取り組んでいる問題に適した講習を選ぶとよいでしょう。

子どもの成長を間近で実感できる幼稚園教諭の3つのメリットや、大満足の求人を多数掲載中!

幼稚園教諭に向いている人の特徴

幼稚園教諭のイラスト

前項まで、幼稚園教諭となるための道のりを紹介しました。これから幼稚園教諭を目指そうとする人には、自分が幼稚園教諭に向いているか気になる人もいるでしょう。ここからは、幼稚園教諭に求められる人物像を解説します。

・子どもが好きな人
幼稚園教諭の大前提として、子どもが好きであることは何よりも重要です。 教育という重要な責任を負う立場であるため、全身全霊をかけて子どもたちと接する必要があります。信頼関係を築くことはもちろん、ときには厳しく叱ることで、自発的な成長を促すことが求められます。 親戚や近所の子どもと接するなかで、自然と笑顔となれる人であれば問題ないでしょう。もちろん、子どもの方から懐かれるような性格であれば、より幼稚園教諭に向いています。

・面倒見のよい人
子どもたちは、食事やトイレといった日常生活をこなすのにも一苦労です。ときには助け舟を出す場面も生じます。決して無理に急かさず、その行動を親身になって見守ることが重要です。 また、親離れが不完全な子どもの場合、急に泣き出したり、怒ったりすることもあります。心理的にも大きく構えて、柔軟に対応しましょう。

・手先の器用な人
幼稚園では、細かい作業を求められる場面が多くあります。保育日誌や職員会議の資料、保護者への案内など、作成業務に追われる日もあるでしょう。 幼稚園の先生と聞くと、ピアノを演奏する姿が思い浮かびますが、お遊戯会で衣装を作ったり、運動会の小道具を工作したりする機会もあります。それぞれの仕事内容を丁寧にこなす能力が必要です。

子どもの成長を間近で実感できる幼稚園教諭の3つのメリットや、大満足の求人を多数掲載中!

まとめ

幼稚園教諭は、子どもたちが学び、成長する姿を見守ることができる魅力的な職業です。もちろん一筋縄ではいかないこともありますが、たくさんの無邪気な笑顔に囲まれながら働く時間は、何物にも代えられません。 私立幼稚園の採用試験は年齢制限がないことがほとんどであるため、最低限の条件を満たせば、ほぼ誰でも私立幼稚園で働くことができます。 公立幼稚園では年齢制限があることが一般的ですが、30代中盤以降で就職できるところもあり、ほかの職業と比べて、年齢は重要視されない傾向にあります。 将来幼児教育にかかわりたい人は、ぜひ一度、幼稚園教諭を検討してみてください。