20200714_overtime_main_01.jpg

保育士は女性から人気が高く、やりがいのある仕事です。しかし、実際に働き始めるとサービス残業や仕事の持ち帰りをすることが多く、働きにくさを感じている保育士も少なくありません。

当記事では、保育士の残業事情について解説します。保育士業界における残業の実態や、残業をしないための対策についても紹介しているため、残業をなくしたい人や、これから保育士として働くことを検討している人は、ぜひご一読ください。

保育士の残業事情と残業による影響

厚生労働省が調査したデータによると、保育士の平均的な残業時間は、一日4時間前後となっています。

(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/index.html

一日の残業時間が4時間の場合、勤務終了の定時が17時半なら21時半、18時であれば22時まで保育園にいる計算となります。

現在の保育園では、早朝保育のため朝は7時台からあり、お迎えも20時ごろまでかかることが実情です。
会社で働く保護者が子どもを保育園に預ける場合、保育時間は労働時間だけではありません。子どもを保育園に預けてから会社までの通勤時間も必要です。単純に考えても、保育時間は普通の会社員が働く時間よりも長くなります。

もちろん、保育士にも法定労働時間が決められています。勤務時間は8時間で、休憩時間も取ることが労働基準法で定められています。しかし、実際に現場で働く保育士は、作業量の多さによって、勤務時間が過ぎても仕事が終わらず、時間通りに帰ることが難しい状況です。

保育士の仕事は、保育時間の長さと業務量によって残業が起こります。しかし、残業をしたからといって全ての時間に残業代がつくわけではありません。保育園でも、いわゆる「サービス残業」が行われており、多くの保育士が無報酬で働いた経験を持っています。

このような残業量の多さは、保育士の心身をむしばんでいきます。残業が続くと、疲れにより注意散漫となり、保育中の事故に発展する可能性も少なくありません。
また、働いても十分な収入が得られず、疲れが溜まる日々に、保育士を辞めたくなる人もいます。

【保育業界】サービス残業の実態

時計と家

保育士業界では、サービス残業が当たり前のように行われてきました。定時を過ぎてからの居残り仕事はもちろんのこと、自宅で行う持ち帰り仕事など、なかなか残業代を請求できない状況です。

最近では、待機児童問題などで保育園や保育士の労働環境にも注目が集まり、少しずつ改善の兆しは見えてきました。しかし、サービス残業はなかなか減りません。

一体なぜ、保育士はサービス残業が多くなってしまうのでしょうか。ここでは、保育士業界のサービス残業の現実とサービス残業が多くなる原因について詳しく解説します。

保育士の残業代はでるの?

保育園でも、当然ながら勤務時間や残業代に関する法律は適用されます。しかし、全ての保育園において、保育士の残業を全て計算して残業代を支給しているとはいえません。どうしても、給料に反映されない残業が日々、発生してしまいます。

基本的に、保育園での残業代は、園の方針として上限金額が決まっており、手当として一律の金額のみが支払われています。しかし、多くの場合、実際に残業した時間をカバーできていません。決められた残業代を超えて残業した分は、サービス残業となります。

保育士を募集する求人の中には「残業なし」や「残業○○時間以内」と書かれたものもありますが、行事などで忙しい時には残業をしなければならない場合もあります。

残業がない前提で就職してしまうと、残業代の説明もおざなりとなり、実際に残業が起きた時に給与手当面で不遇の扱いを受けるリスクが高くなります。そのため、残業なしの求人を選ぶのではなく、残業時間や残業代について説明できる保育園を選ぶようにしましょう。

保育士にサービス残業が多い原因は?

保育士にサービス残業が多い原因の一つは、「子どもを預かる時間ではない=保育士の労働時間ではない」と考える慣習があります。

保育士の仕事といえば、子どもを預かることです。しかし保育士は、子どもを預かる以外の仕事もたくさんあります。

たとえば、日々の連絡ノート記帳やお便りの作成などの事務仕事、明日の準備、さらに季節のイベントがあればイベント準備も並行して行わなければなりません。
このような仕事は、園児が園にいる間は行えないため、必然的に子どもを預かる時間以外に行うこととなります。子どもを預かる時間以外は、保育士の労働時間ではないと思われる慣習がある以上、サービス残業をせざるを得ない状態です。

役割分担をして、手の空いた職員が事務や、裏方の仕事などを担当できれば効率的です。しかし、基本的に保育園は深刻な人手不足の問題を抱えています。子どもへの愛情ゆえに残業代がでなくても無理して働いてしまう人も少なくありません。

また、保育士の業界は、比較的先輩後輩の上下関係が厳しく、人間関係の悪化を恐れて不条理な残業をしているケースもあります。自分の担当業務が終わっても、先輩保育士が残っていると帰りにくく、ついズルズルと残業してしまいます。

残業をしないための対策を考えよう

ToDoリスト

保育業界では、残業をしない取り組みの導入が進められています。新しい手法を取り入れ、保育の仕事を効率的にすることが目的です。

残業をしない取り組みの一つは、保育以外のタスクを「見える化」し、役割分担を行う方法です。企業でも使われる業務効率化の手法であり、タスクの洗い出しによって不要な業務の削減にもつながります。

また、これからの時代の効率化にはITの導入が欠かせません。行事で使うイラストのダウンロードや、イベントのアイデアの取得など、紙媒体からIT化で作業を短縮できることは多いでしょう。

他にも、残業した時間を給料に反映させることも考えましょう。未払いの残業代請求ができるようにはなりましたが、これまでと変わらず残業時間や業務内容の記録をつけ、残業代請求の証拠を残すことも大切です。

保育士の残業問題は、園全体や社会全体で考えなければいけないものですが、自分にできるところから始めることも大切です。どうすれば問題解決に近づくか、個々の保育士にできる対策も考えてみましょう。保育士として働く中でできることは、たくさんあります。

まずは、保育以外の事務や雑務に追われ過ぎないように、作業の効率を重視して行事の準備などを進められる環境を作りましょう。ゆとりを持って年間スケジュールを組み、日ごろから少しずつ進めることが重要です。また、壁面装飾や小道具などは、リサイクルの見地から、以前に使ったものを活用すると良いでしょう。

風通しの良くない保育園では、新しいことを始めようとしても先輩に嫌がられることも珍しくありません。声を上げても上手くいかない場合には、他の保育園に転職することも一つの手段です。
保育士に優しくない園は、保育士の疲れを増やし、保育の質を低下させます。保育士にも優しい良質な保育環境があってこそ、自分の力を十分に発揮できるでしょう。

まとめ

今回は、保育士の残業の実情と残業を減らすための対策について紹介しました。

保育士は残業が多く、残業代をもらえないサービス残業をしている人は多くいます。子どもが好きな人ほど責任感から無理をしてしまい、保育士のやる気を奪う悪しき慣習です。

保育士の負担を減らすためには、園や社会が取り組むべき対策もありますが、保育士自身ができる対策もあります。
最近では、保育士専門の求人情報サイトもあるため、今の職場に不満を感じている場合は、他の保育園に転職するなど環境を変えてみることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

残業少なめの求人情報はこちら