20200824_pregnancy_main_01.jpg

妊娠・出産・育児は、本来であれば大変喜ばしい出来事ですが、仕事をしている女性の場合、妊娠中や出産後の仕事で悩んでしまうことも珍しくありません。特に保育士は、慢性的に人手不足である上に、体を動かす機会も多いため、「妊活に踏み出せない」「妊娠したことを勤務先に言い出せない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

当記事では、妊娠したときに保育士がとるべき対応について解説します。安心して妊娠生活を送るためにも、自身が妊娠した場合の注意点や、産後の仕事復帰時の環境整備もあわせて確認しましょう。

ママさん保育士の求人特集

保育士が妊娠した場合の対応は?

保育士の主な業務は、子どもたちとの触れ合いを通して、月齢・年齢に応じた保育を行うことです。月齢や年齢によって保育内容は異なりますが、園児の身の回りのお世話や外遊びでは体力を使います。そのため、妊娠中は妊娠前と同じ業務をこなすことが難しくなるでしょう。

では、保育士が妊娠した場合、保育園に対してどのような対応をとればよいのでしょうか。ここでは、妊娠した際に行うべき対応について解説します。

認定ベビーシッター

妊娠が判明したら、まずは園長や同僚など仕事で直接関わっている人に報告しましょう。仕事の内容や量を調整してもらうためにも、安定期前に行う心拍確認や母子手帳交付の後など、比較的早いタイミングで職場に報告しましょう。

妊娠を報告する場合、伝える順番に注意が必要です。仲のよい同僚からではなく、まずは園長や主任など直属の上司に伝えましょう。私立保育園など、自治体以外が運営者となっている場合は、運営側にも報告します。

クラス担任をしている人は、直接の上司に妊娠を伝えた後に、同じクラス・学年の担任をしている同僚に伝えてください。他の先生には、安定期に入ってからの報告で問題ありません。

仕事内容を変えてもらう

保育士は、体を動かしたり重い荷物を持ったりする機会が多く、運動会などの行事の前には残業や持ち帰り仕事があることも珍しくありません。

妊娠初期は、つわりの症状や頭痛、眠気といった体調不良が見られる人も多数います。重い荷物を持つなど無理を続けた場合、母子ともに危険な状態となる恐れがあります。

妊娠中は無理をしないよう、園長や同僚の先生に相談し、ハードワーク中心の業務から体への負担が少ない業務に変えてもらいましょう。体調不良などで早退したり休みを取ったりした場合のフォロー体制もあわせて相談し、自分だけでなく他の先生の負担もできる限り少なくする方法を話し合うことが大切です。

産休や育休が取れるか確認する

出産後も保育士として働き続けることを希望している人は、現在の職場で産休・育休を取得し、復職できるかどうかを確認しておきましょう。

法律で定められている産前休業・産後休業は、女性労働者に認められた権利であり、育児休業も勤続年数や勤務日数といった条件を満たせば誰でも取得できます。

ただし、現在の職場が出産後も働き続けられる環境ではない場合、出産・育児に関する休業・休暇を取得できても再び勤務できないことがあります。職場独自の産休・育休制度や育児休暇制度の手続きに関するルールは必ず園側に確認するなど、産休明けの仕事について妊娠中から考えておくことが大切です。

保育士が妊娠した場合の注意点

妊婦さん

妊娠中は仕事量をセーブしたり、体に大きな負荷がかかる業務を避けたりするなど、体調に合わせて仕事をすることが大切です。特に保育士は子どもと触れ合う職業であり、体を動かすことも多いため、妊娠中に保育の仕事を続ける場合はさらに注意して働く必要があるでしょう。

ここでは、保育士が妊娠した場合の注意点を3つ紹介します。自分の体とお腹の赤ちゃんを守りつつ、周囲に負担をかけないようにするためにも、ぜひ参考にしてください。

妊娠初期は特に気をつける

妊娠初期は、個人差はあるものの吐きづわりや、食べづわりといった症状が出やすく、体調が安定しない人も少なくありません。無理をして脱水症状を引き起こしたり、妊娠悪阻で入院したりするケースもあるため、妊娠初期の体調管理は特に気をつけましょう。

妊娠初期には、園児との接し方にも注意が必要です。妊娠初期は、お腹の膨らみはあまり目立ちません。見た目には変化がないため、子どもたちは妊娠していることがわからず、思いきり飛びついてきたり、抱っこを求めたりすることもあります。 妊娠初期は流産のリスクも高いため、お腹に負担がかからないよう園児との接し方を考えましょう。

感染症に気をつける

妊娠中は体調管理に加えて、感染症にかからないよう注意することもポイントです。子どもは大人よりも免疫力が低いため、保育園では麻疹・風疹やおたふくかぜといった感染症が広がる危険性が高いといえます。

妊娠中は服用できない薬が多いだけでなく、妊娠中に感染すると母子ともに危険な状態となるウイルスや細菌も存在します。感染症の罹患歴や予防接種の履歴を確認したり、手洗いなどを頻繁に行ったりして、感染予防に努めましょう。

周囲への配慮をしっかりとする

妊娠中はつわりなどの体調トラブルで欠勤したり、体に負担がかかる作業ができなかったりするため、他の先生に自分の仕事をお願いすることもあるでしょう。

しかし、「妊婦は配慮されて当然」といった態度は禁物です。周囲への協力に感謝するなど、配慮を忘れないようにしましょう。

ママさん保育士の求人特集

産後の仕事環境を考えることが大事

困ったり解決したりする女性

妊娠が判明したら、職場への報告や妊娠中の仕事内容の調整とともに、出産後の仕事についても考えなくてはなりません。 出産後に復帰予定の保育士の働き方としては、次の3つの方法があります。それぞれの働き方のメリット・デメリットを確認し、キャリア選択の参考にしてください。

①パート職員として働く

出産前よりも子育てや家庭の時間を増やしつつ、保育士として働き続けたいと考えている人は、パート職員として働くことがおすすめです。勤務時間を減らすことにより家族で過ごす時間が増え、子どもの成長を間近で見られる時間を確保できるでしょう。

ただし、正職員からパート勤務に切り替えた場合、収入が減るというデメリットがあります。また、今まで築いてきたキャリアが中断されたり、福利厚生が受けられなくなったりする可能性があることも覚えておきましょう。

②同じ園でフルタイムで働く

現在の職場で働き続けることも、選択肢の一つです。キャリアもほとんど中断されず、給料や昇給制度、退職金制度にも大きな影響はありません。今までの経験を活かすことができることに加えて、既に同僚との信頼関係が構築されているため、スムーズに仕事に取り組むことができます。

しかし、フルタイムの仕事と育児との両立は、簡単にできるものではありません。子どもに手がかからなくなるまでは、自分の時間を確保することも難しくなることに注意が必要です。

③他の園に転職して働く

現在の職場環境では仕事と育児との両立が難しい場合、より子育てがしやすい他の園に転職することも検討しましょう。勤務先によっては、保育士としてのキャリアを積むことも可能です。

ただし、新しい環境や業務に慣れるまで時間がかかる点に注意が必要です。 転職は、今までの人間関係をリセットするチャンスでもあります。しかし、新しい環境で上手に人間関係を築けなかった場合、仕事を続けることができず、再び転職しなくてはならないといったケースも少なくありません。

出産後の働き方は、妊娠中にしっかりと考えることが大切です。転職を予定している人は、転職活動や現在の職場の退職に伴う引継ぎもあるため、早めに決断して準備しましょう。

求人情報はこまめにチェックしよう

求人を探す女性

出産後の仕事環境を整えるために、他の保育園への転職を考えている人は、妊娠が判明したら早めに転職サイトに登録しましょう。転職サイトには様々なジャンルがありますが、保育士として働き続けたい場合は、保育士専門の求人サイトを活用することがおすすめです。

保育士専門の求人サイトである「マイナビ保育士」は、求人情報の掲載だけでなく、アドバイザーへの相談ができるなどサービスが充実しています。園との条件交渉や選考日の調整なども代行してもらえるため、妊娠中でも大きな負担はかかりません。 効率よく転職活動するためにも、ぜひマイナビ保育士の利用を検討してみてください。

ママさん保育士の求人特集

まとめ

保育士は、子どもと一緒に体を動かす機会が多い他、荷物の運搬や残業もあるなど体力的に負担のある仕事です。妊娠中に無理をしないためにも、妊娠が判明したら早期に周囲の先生に報告し、仕事を調整してもらうなどフォロー体制を整えてもらいましょう。 妊娠中は、感染症の予防など健康に留意しながら、周囲への配慮の気持ちを忘れないことが大切です。

出産後も保育士として働き続けたい人は、妊娠中から今後の働き方について考える必要があります。出産・育児を機に転職したい人は、支援サービスが充実しているマイナビ保育士の利用を検討してみてはいかがでしょうか。