20200915_hiroshimapay_main_01.jpg

数多くの河川が広がる広島県は、落ち着いて生活したい方に人気のエリアです。子育て世帯にも人気が高いことから、保育士の需要増加が期待されています。

保育士の給料相場や待遇は、エリアによってさまざまです。後になって後悔しないためにも、働きたいエリアの情報はあらかじめ調べておきましょう。

この記事では、広島県における保育士の給料相場を解説します。全国平均との比較も行っているため、広島県で保育士を目指す方は参考にしてください。

【広島県】保育士の給料相場|全国平均との比較

全国と広島県における保育士の給料相場は、それぞれ以下のとおりです。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
広島県 約382万円 約25万円 約77万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

上記の金額は、あくまで相場の金額です。以下では、給料相場における特徴を解説します。

◯広島県における保育士の平均年収は、全国平均と比較して高水準
広島県における保育士の平均年収は約382万円となっており、全国平均である363万円より約20万円ほど高い金額となっています。
一般的に、平均年収は大都市圏になるほど高くなる傾向です。中四国最大の都市を有する広島県においても、この傾向が見られると言えます。

◯平均月収や手当・賞与に関しても、全国平均より広島県のほうが高い
手当・賞与を除いた平均月収に関しても、全国平均が約24万円に対し、広島県は約25万円です。手当や賞与が多く支給されているため、平均年収も高くなっています。

◯年齢・経験・スキルによっては、さらに高収入を得られるケースもある
平均年収は、保育士全体の年収を平均した数値であり、あくまで目安となる数値です。勤務する施設の施設形態・業務内容・役職などの条件により、年収は大きく異なります。 知識やスキルを積極的に身に着けてキャリアアップを図り、リーダーや主任・副主任などに昇格できれば、高い収入が得られるでしょう。

広島県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

広島県と首をかしげる女性

広島県内で特に給料が高い地域に関して、以下の表でまとめました。

広島市 呉市 東広島市 竹原市 三原市
年収 約272万~
400万円
約272万~
304万円
約240万~
280万円
約256万~
368万円
約256万~
400万円
月収
(※)
約17万~
25万円
約17万~
19万円
約15万~
20万円
約16万~
23万円
約16万~
25万円

(※)手当・賞与分を含めていません

広島県最大の都市である広島市は、他の市と比較した場合に年収が高い傾向です。広島市には及ばないものの、呉市も年収が高くなっています。
東広島市・竹原市・三原市では年収の下限がやや下がるものの、上限は非常に高い状態です。幅が大きいため、就業先を見極めることが重要となります

保育士経験者の場合は、スキルや経験によって待遇も変化します。すでに十分な経験を持つ保育士であれば、高収入を稼ぐことも可能です。

エリアにより給料に差が出る理由

同じ広島県内でも保育士の給料に大きな差が出る理由には、待機児童数の問題や需要のバランスがあります。
主な理由は以下のとおりです。

◯広島市は待機児童数が多いため、需要も高い
広島市は、他の市に比べて人口が多い都市です。人口が多くなればなるほど子どもの人数も増加するため、より多くの保育園が必要となります。

広島市の待機児童数は、平成31年4月時点で36人です。前年は63人であることを考慮すると、少しずつ改善されています。
しかし、平成28年には161人の待機児童数が存在したことから、再び増加傾向になる可能性もあります。このような状態のため、広島市における保育士の需要は高い状態です。

(出典:広島県「保育所等の平成31年4月1日現在の待機児童数について」

◯人口が集中するエリアに偏りがあるため、保育士の需要も高い
広島県では、都市部と郊外の人口に大きな偏りが見られます。
例えば、広島市の人口は約120万人に対し、竹原市や三原市の人口は10万人以下です。広島市の次に人口が多い福山市でも人口は約46万人であり、偏りが大きくなっています。

(出典:広島県「広島県の人口(広島県人口移動統計調査)令和2年6月1日現在」/ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/397410.pdf

人口が多いエリアでは、求人に応募する保育士の人数も多くなります。しかし、まだまだ需要に対して応募者数が足りていないため、保育士に対するニーズは今後も高い状態が続くでしょう。

保育園側も保育士のなり手を確保するために、エリアによっては比較的好条件で求人を出しているケースが多く見られます。

◯正社員やパート・アルバイトなど、エリアによって雇用形態に偏りがある
保育士の給料は、雇用形態によっても大きく金額が異なります。正社員とパート・アルバイトでは、勤務時間や手当の有無が異なるため、比較することも難しい状態です。

広島県では、子育て中の潜在保育士を確保すべく、契約社員やパートなど正社員以外の求人が見られます。エリアによっては正社員の募集が少ない場合もあり、結果として給料額にも差が出る状態です。

広島県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

広島県の景色と女性

保育士不足は、広島県だけでなく全国で深刻な問題です。各都道府県では、人材の確保や定着を目的とした支援制度が積極的に行われており、広島県でもいくつかの支援制度があります。

ここでは、広島県が独自に行っている保育士に対する支援制度・補助制度について解説します。

ひろしま保育・介護人材サポート事業

ひろしま保育・介護人材サポート事業は、保育や介護の現場で働く方を支援するための事業です。
広島市内での勤務という条件ではありますが、保育士を支援する取り組みとして活用されています。

対象者 広島市内において民間が運営する保育・介護事業所に勤務する職員
(雇用形態は問わない)
会費 入会時:200円
会費:1,500円(3ヶ月間)
事務手数料:100円(3ヶ月間)
補助内容 ・会員証を提示すると、対象のスーパーや百貨店で割引が受けられる
・買い物補助券が年間で12,000円分支給される

(出典:広島市「ひろしま保育・介護人材サポート事業」/ https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/112/5415.html

正規・非正規の区別がなく補助を受けられるため、パート・アルバイトでもこの制度を活用することができます。

広島県保育士等キャリアアップ研修

保育士等キャリアアップ研修は、保育士のスキルを高めることでより良い保育を提供することや、保育士の処遇改善を目的とした研修制度です。広島県も実施地域となっており、県と指定する機関によって実施されます。

対象者 研修内容は2種類に分かれており、それぞれ対象者が異なる

◯専門分野別研修
保育所における各職務分野別のリーダー的役割を担う方、およびリーダー担当が見込まれる方

◯マネジメント研修
各分野におけるリーダー経験があり、主任保育士の下で副主任保育士または専門リーダーを担う方、および前者の担当が見込まれる方
参加費用 テキスト代は分野ごとで1,300円
研修参加そのものは無料

(出典:広島県「令和2年度広島県保育士等キャリアアップ研修を開催します!」/ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/244/hoikushi-careerenhancement.html

研修を受けた方は修了書が発行され、研修により得た知識やスキルを証明することができます。また、この修了書は離職でキャリアを中断した場合や、他の都道府県に転居した場合にも有効です。

結婚・出産を経て復職する場合や、転職を行う際も有利に活動することができます。保育士としてのキャリアを充実させるためにも、研修は受講することがおすすめです。

まとめ

ここまで、広島県における保育士の給料相場に関して、全国平均との比較や支援制度の紹介を中心に解説しました。

広島県における保育士の給料水準は、全国平均よりも高い状態です。広島県独自の保育士に対する支援制度も充実しているため、これから保育士として活躍したい方には、適している地域と言えます。

保育士として働く場合は、求人サイトから自分に適した求人を見つけることが重要です。マイナビ保育士には多数の求人が掲載されているため、保育士を目指す方は活用してみましょう。