20200915_hokkaidopay_main_01.jpg

北海道では、保育士のニーズ増加に応えて保育施設や認定こども園などの受け入れ枠を拡大している傾向にあります。今後も保育施設の受け入れ枠拡大が計画されているため、保育士の求人も安定した件数が期待できます。

当記事では、北海道における保育士の給料相場を解説します。全国平均と比較した場合の給料事情や北海道で給料が高い市区町村の他、保育士に対する支援・補助制度について紹介するため、北海道で保育士として働くことを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【北海道】保育士の給料相場|全国平均との比較

数多くの大企業が本社を構えている北海道は、保育施設の需要も他の地域と同様に高く、保育士とともに不足傾向が続いています。

需要の高さを表すように、北海道における保育士の平均給料は、下記のとおり全国平均とほぼ同等です。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
北海道 約355万円 約23万円 約75万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

北海道における保育士の平均収入を見ると、全国平均よりもわずかに低いものの、手当・賞与面では充実しています。

手当の中には資格や職務、経験などに基づいて金額が決定するものも含まれているため、能力次第では上記の数字以上の年収や月収を得ることも可能です。

ただし、北海道における保育士の収入は、求人情報を基に算出した推定値です。手当などの差に加えて地域ごとの相場や施設・運営形態、年齢や求人条件の違いなど、さまざまな要素で給料は異なります。

たとえば、マイナビ保育士で求人を掲載している施設の運営団体を見ても、下記のように多種多様です。

・社会福祉法人
・学校法人
・一般企業
・医療法人

医療法人の場合、必ずしも病院に併設された保育施設で働くとは限りません。特定の運営団体にこだわらず、さまざまな求人情報を比較すると、より条件の良い職場に出会えるでしょう。

北海道における保育士求人の傾向としては、企業主導型の施設では個性的な運営方針を掲げているところが多く、賞与とは別に感謝の気持ちを表す金一封を用意している施設もあることが挙げられます。
同等の給料を提示していても、福利厚生面で大きな違いのある場合もあるため、給料条件を見るときは福利厚生などその他の面もあわせて総合的に判断しましょう。

北海道内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

北海道と首をかしげる女性

保育士の給料は、エリアによって違いが見られます。
今回は一例として、北海道の中でも人口の多い札幌市・北見市・函館市に絞って表にまとめました。

札幌市 北見市 函館市
年収 約210万~
300万円
約220万~
240万円
約220万~
270万円
月収
(※)
約17万~
25万円
約18万~
20万円
約18万~
22万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記表の金額から、下記のことが分かります。

・年収200万円台前半が主流
・札幌市は年収300万円以上も期待できる
・手当・賞与を含めると、3市とも300万円以上の年収となる

札幌市・北見市・函館市の平均年収はいずれも200万円台から始まっているものの、札幌市は約210万~300万円と幅が大きく、勤務先によっては年収300万円以上を期待することができます。

ただし、上記の金額は、2020年8月時点でマイナビ保育士に掲載されている求人情報を基に算出した推定値です。北見市や函館市でも、勤務先や手当・賞与の支給額によっては300万円を超える年収の求人が複数期待できるでしょう。

エリアにより給料に差が出る理由

エリアごとに給料の差が出る理由には、人口の差や待機児童数の違いが挙げられます。

北海道内でも人口の多い札幌市・北見市・函館市では、比例して待機児童数も多く、令和2年3月時点で札幌市・北見市・函館市の待機児童数と潜在待機児童数は、下記のようになっています。

待機児童数 潜在待機児童数
札幌市 507人 2,004人
北見市 58人 91人
函館市 0人 35人

(出典:北海道「北海道における保育所等利用状況について令和2年1月1日現在(速報値)」 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/kouhyoutop020101.pdf

札幌市は北見市の約10倍(潜在待機児童数は約22倍)の待機児童数を記録しており、慢性的に保育施設および保育士が不足傾向にあります。
保育士の需要の高まりに比例して給料条件が改善されていることから、とくに札幌市は他の市よりも給料が高くなっています。

また、市区町村ごとに家賃相場や物価が異なることも、給料に差が出る理由のひとつです。家賃相場が高い札幌市・函館市・北見市は、その他の市区町村と比較して給料も高額の傾向にあります。

北海道で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

北海道の景色と女性

全国的に保育士不足に直面している現代、各自治体で保育士の人材を確保するために、数多くの支援・補助制度を用意しています。北海道も例にもれず、保育士が安心して働けるようさまざまな支援事業が設けられました。

ここからは、北海道で実施している保育士に対する支援・補助制度について紹介します。先着順のものや、一定の要件を満たす必要がある制度も含まれるため、申込時は十分に注意してください。

保育士修学資金貸付

保育士修学資金貸付とは、北海道内で保育士として働くことを目的としている学生を対象に、保育士養成施設で学ぶための費用を無利子で貸し付ける制度です。養成施設を介して申し込むため、希望者は入学後に手続きを進める必要があります。

対象者 北海道内の保育士養成施設に在学する学生
補助金 ・月額5万円以内
・入学準備金(貸付の初回)/20万円以内
・就職準備金(卒業時)/20万円以内
貸付期間 養成施設に在学する期間(2年間)

(出典:社会福祉法人北海道社会福祉協議会「保育士確保対策事業」 http://www.dosyakyo.or.jp/hoikukakuho/hoikukakuho_1.html

高等教育の修学支援新制度を利用している場合、条件によっては併用が可能です。たとえば、授業料減免との併用で入学準備金や修学資金の差額分を貸し付けてもらうことはできますが、生活費加算を貸し付けてもらうことはできません。

養成施設を卒業・資格取得してから1年以内に保育士として登録し、北海道内の保育施設で5年間継続して勤務した方は、貸付金の返還が免除されます。 過疎地域自立促進特別措置法が定める過疎地域で勤務する場合は、3年間で返還を免除してもらうことが可能です。

ただし、札幌市での勤務は対象外となります。また、養成施設を退学した場合や、北海道内で保育士として働くことが期待できないと判断された場合も、貸付金の返還義務が生じます。

就職準備金貸付

就職準備金貸付とは、保育士として復職もしくは新たに就職する方に対し、就職準備金を無利子で貸し付ける制度です。たとえば、就職する予定の保育施設が遠方にあり、引越しを視野に入れている場合、就職準備金貸付で引越しの費用を工面することができます。

対象者 ※下記の要件をすべて満たす方

・札幌市を除く北海道内の保育施設などに新たに勤務する方
・週20時間以上、保育士として勤務する予定がある方
・保育士登録を済ませている方
・養成施設の卒業・保育士試験合格から1年以上経過している方
・離職後1年以上の復職者または勤務経験がない方
補助金 40万円以内
貸付期間 1回のみ

(出典:社会福祉法人北海道社会福祉協議会「保育士確保対策事業」 http://www.dosyakyo.or.jp/hoikukakuho/hoikukakuho_4.html

札幌市を除く北海道内で保育士として2年間継続して勤務することで、貸付金の返還が免除されます。1年間のみ勤務した場合は、一部免除となります。

注意点は、対象施設として指定されている勤務先であっても、業務内容によっては貸付や返還免除の対象外となる場合があることです。また、異動や転職をするときは、所定の書類を提出する必要があるため、申込時には条件の詳細を必ず確認しましょう。

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付

未就学児を持つ保育士の場合、保育料を一部助成してくれる「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付」の利用がおすすめです。
下記の要件を満たしている方であれば、1年間は保育料の一部貸付によって家計負担を軽減しつつ働くことができます。

対象者 ※下記の要件をすべて満たす方

・未就学児を持つ保育士
・札幌市を除く北海道内で保育士の業務を行う施設または事業に従事している方
・上記施設・事業で週20時間以上勤務する予定のある方
補助金 保育料の半額(月額27,000円まで)
貸付期間 最長1年間

(出典:社会福祉法人北海道社会福祉協議会「保育士確保対策事業」 http://www.dosyakyo.or.jp/hoikukakuho/hoikukakuho_3.html

北海道内の保育施設で保育士として従事した場合、貸付金の返還は2年間継続勤務で全額免除、1年間の勤務で一部免除されます。ただし、これまでに紹介した制度と同様に、札幌市を除く北海道内の保育施設で働いていることが条件です。

勤務先の辞令によって、本人の意思に関係なく札幌市や北海道外の施設へ異動となった場合も、同様の業務であれば貸付期間として換算することができます。
ただし、札幌市や北海道外の施設へ異動する場合は、所定の書類を提出して報告する必要がある点に注意が必要です。

貸付額は、月額27,000円までとなっていますが、毎月振り込まれるものではありません。半年ごとに入金されるため、申請後は入金スケジュールについても必ず確認しましょう。

まとめ

北海道における保育士の平均年収・月収は、全国平均と比べて低いものの、手当・賞与は高めに設定されています。そのため、勤務先によっては全国平均以上の収入を得られる可能性があります。

札幌市を中心に保育士不足が顕著である北海道では、保育士の人材を確保するため、福利厚生の充実やキャリアアップ制度の導入など、好待遇の求人が数多く見つかります。
また、保育士修学資金貸付や就職準備金貸付など、保育士に対する支援・補助制度にも力を入れており、保育士として活躍できる環境が整っています。

北海道で保育士として働く際には、ぜひ今回の記事で紹介した制度を活用してみてください。

北海道の保育士求人情報はこちら