20201112_gunmapay_main_01.jpg

群馬県は山岳地帯であることから自然豊かで、草津温泉をはじめとする温泉地やスキー場が有名です。群馬県は、都市文化を持ちながら郊外には豊かな自然があり、居住地としても魅力的な地域といえます。

当記事では、群馬県における保育士の給料相場やエリアにより給料に差が生じる理由を解説します。また、群馬県で実施されている保育士支援の取り組みについても紹介するため、群馬県で保育士として働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

【群馬県】保育士の給料相場|全国平均との比較

まずは、群馬県の保育士の給料相場について解説します。 全国と群馬県の保育士の平均年収や平均月収は、下記の通りです。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
群馬県 約370万円 約24万円 約82万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

群馬県における保育士の収入は、全国平均と比較して高水準です。平均月収はどちらも同じですが、平均年収や手当・賞与は全国平均よりも群馬県のほうが高くなっています。

年齢・経験・スキルによっては、上記の金額以上の収入を得ることも可能です。園長の求人であれば、さらに高収入を狙うことも不可能ではありません。

ただし、保育士の給料は施設や運営形態、エリアなどさまざまな条件で異なるため、上記の金額はあくまで参考としてください。

群馬県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

群馬県内でも保育士の求人が多いエリアの平均年収と平均月収は、下記の通りです。

広島県と首をかしげる女性

伊勢崎市 太田市 高崎市 前橋市 藤岡市
年収 約272万~
480万円
約272万~
480万円
約272万~
400万円
約256万~
400万円
約288万~
368万円
月収
(※)
約17万~
30万円
約17万~
30万円
約17万~
25万円
約16万~
25万円
約18万~
23万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記の表から、群馬県の中でもとくに伊勢崎市・太田市における保育士の給料が高いことが分かります。 一方、藤岡市は上記で挙げた他のエリアよりも給料が低くなっています。しかし、平均年収の上限額だけを見れば、全国平均である約360万円よりも高く設定されており、群馬県ではどのエリアでも高収入を目指すことができるといえます。

ただし、上記の金額は求人サイトに掲載されている情報をもとに算出した推定値です。
また、上記の金額は基本的に各種手当や賞与を含めた金額ではないため、住宅手当や資格手当などの金額を含めれば、この限りではありません。

エリアにより給料に差が出る理由

エリアによって給料に差が生じる理由には、エリアの規模が関係します。

例えば、高崎市は群馬県で最大人口を誇る北関東の中核市であり、業種を問わず比較的年収が高く、待遇が手厚い保育施設を見つけやすくなっています。

人口に比例して求人数も多くなり、高崎市と藤岡市を比べると半数以上の差が出るケースも珍しくありません。

また、エリアの規模の他にも、下記の理由により給料に差が生じます。

●人口が集中するエリアに偏りがある
群馬県で人口が集中するエリアには偏りがあり、人口が多いエリアでは待機児童数も多いことから、保育士の需要が高くなっています。 群馬県最大の人口を持つ高崎市と比べて、藤岡市の人口は半数以上少ない傾向にあることから、藤岡市よりも高崎市のほうが給料が高くなっています。

(出典:群馬県統計情報提供システム「群馬県の人口と世帯の動き」/ https://www.pref.gunma.jp/03/bv01_00161.html

●待機児童0を目指している
令和2年4月1日時点で、群馬県の待機児童数は昨年の同時期より7名減ったものの、未だ14名存在します。待機児童0名を目指すためにも、保育士の需要の高さは今後も継続するでしょう。

待機児童が多いエリアでは保育人材の確保が急務となっていることから、求人を多く出してだけでなく、給料を高く設定している施設が多い傾向です。

(出典:群馬県「群馬県保育所等入所待機児童数の状況について」/ https://www.pref.gunma.jp/03/bv01_00161.html

●エリアによって募集している雇用形態に偏りがある

正社員やアルバイトなど、保育士を募集しているエリアによって雇用形態に偏りがあり、当然正社員とアルバイトでは収入額は大きく変わります。

また、正社員とアルバイトの比率が半々のエリアもあれば、正社員の求人がほとんどのエリアもあるため、どのような働き方がしたいかを考えたうえで職場を探しましょう。

群馬県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

広島県の景色と女性

最後に、群馬県が独自に実施している保育士に対する支援・補助制度について詳しく紹介します。

群馬県では、保育士を目指している方に向けて「保育士修学資金貸付事業」や「公共職業訓練(保育士コース)」という支援を用意しています。
群馬県で保育士として活躍することを考えている方は、これから紹介する支援・補助制度を上手に活用しましょう。

保育士修学資金貸付事業

保育士修学資金貸付事業とは、群馬県内の保育施設で保育業務に従事する意思のある方を対象に、修学資金の貸付を行う制度です。
保育人材の育成や確保、定着を支援することを目的としています。

保育士修学資金貸付事業の対象者・補助金・返済免除条件は、下記の通りです。

対象者 ・群馬県内の保育士養成学校に在籍している方
・保育士養成学校の卒業後、保育業務に従事する意思がある方
補助金 ・修学資金:月額5万円
・入学準備金:20万円
・就職準備金:20万円
・生活費加算
返済免除条件 群馬県内の保育所などで5年間業務に従事した場合

(出典:群馬県社会福祉協議会「保育士修学資金貸付事業 制度概要・希望調査等」/ https://www.g-shakyo.or.jp/department/shikin/10704.html

貸付られた補助金は、保育士養成施設を卒業後、群馬県内の保育施設や児童福祉施設などで5年間業務に従事することで、返済免除となります。

保育士修学資金の貸付対象者は、上記の他にも学業の成績が優秀であるなど、詳細な要件があります。保育士修学資金の貸付を希望する場合は、群馬県社会福祉協議会のホームページで、事前に対象者について確認しておきましょう。

公共職業訓練(保育士コース)

公共職業訓練とは、技術・技能を身に付け、再就職を目指す方のための訓練制度です。
基本的に無料で訓練を受けることができますが、講座によっては教材費や資格申請費用などを自己負担する必要があります。

公共職業訓練(保育士コース)の対象者・補助金は、下記の通りです。

対象者 保育士として再就職する気持ちのある方
補助金 教材費などの自己負担なし

(出典:明和学園短期大学「保育士コース2」/ https://www.hirakatagakuen.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2019/03/31382706d5d04df8c5de1be1f8983290.pdf

公共職業訓練(保育士コース)は、保育士として再就職したいという気持ちがあれば、訓練における自己負担はありません。教科書代や教育振興会費などの自己負担もなく、経済的な負担がない状態で2年間訓練を受けることができます。

群馬県では、短期大学で保育士のコースを履修することができ、教養科目と専門科目のバランスのとれたカリキュラムで学ぶことが可能です。
また、保育士・幼稚園教諭の資格取得に加え、食育についても学べるため、就職活動を有利に進めることができるでしょう。

保育士の他にも、健康管理士一般指導員や、JFA公認キッズリーダーU6の資格も目指すこともできます。

まとめ

群馬県における保育士の給料は全国平均と比べても高水準であり、福利厚生の良い職場を見つけることができれば、比較的高い給料を望むことができるでしょう。

群馬県では、保育士として働くことを希望している方に向けて、さまざまな支援を用意しています。修学金貸付制度や職業訓練といった制度を活用することで、自己負担を抑えながら保育士の資格を取得することが可能です。

群馬県は待機児童数が多く、保育のプロである保育士の需要は今後も継続するといえます。
保育士の求人を探す際は支援制度を活用しつつ、ぜひ自身の希望に沿った職場を見つけてください。