20201112_english_education_main_01.jpg

英語教育の若年化が進む近年では、保育園の段階から英語教育を取り入れることも珍しくなくなりました。また、外国人保護者・園児への対応が増えている中、英語でコミュニケーションが取れることは、保育士が転職先を探す際の大きなアドバンテージの一つです。 今回は、英語教育の若年化が進んでいる理由と英語保育の仕事内容、早期英語教育のメリット・デメリットを解説します。保育士が転職を有利に進めるために必要な英語力についても解説するため、保育園の英語教育に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

英語教育の若年化が進んでいる

かつて英語の授業は中学生に上がってからという学校がほとんどであり、幼い頃から英語に親しんでいる子どもは少ない傾向にありました。しかし、2020年度から実施された新・学校指導要領において、小学校の3年生からは外国語活動が始まり、5年生からは必修教科の一つとして扱われています。

(出典:文部科学省「新学習指導要領について」/ https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/044/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/07/09/1405957_003.pdf

英語の必修化が早まることで、「3年生に上がってから苦労するよりは」と考えた保護者により、早期英語教育のニーズも高まっている状態です。幼児期に行われる言語学習は「吸収の効率がよく、身に付きやすい」とされることもあり、最近では英語教育に取り組み始める保育園も増えています。

今のところ、保育の現場において英語力は必須ではありませんが、英語が得意な保育士はどこの保育園に行っても重宝されるでしょう。また、明確に提示できるスキルを保持している場合は、収入がアップする可能性もあります。

英語保育の仕事内容

英語保育と言っても、友人との触れあい方や日常生活でのマナーを教えるといった、基本的な保育士としての仕事は大きく変わりません。
ただし、英語の教育レベルは保育園によって差があり、求められる仕事内容も異なります。

 

通常保育が行われる時間の一部を英語の時間に振り分けたり、希望者のみを募って降園後に英語教室を実施したりと、教育時間もまちまちです。日常生活は日本語で行い、レッスン時のみ英語で話すこともあれば、一日中英語のみで過ごす保育園もあります。

英語教育を前面に出して取り組んでいる保育園は、ネイティブ講師を専門教師として雇っているケースがほとんどです。カリキュラムで協力することはあっても、一般の保育士が英語教師の代わりをすることはあまりありません。
もっとも、準英語教師のような立場で雇用されている場合や、園全体が英会話を主体として運営されているプリスクールなどの場合は、高度な英会話能力が求められます。

英語保育に携わりたいのであれば、まずは求人情報などで希望する保育園の教育方針や英語のレベルを確認しましょう。

英語教育にはメリットとデメリットがある

早期に行われる英語教育には、メリットもある一方でデメリットもあります。ここで生じるメリットとデメリットは、その後の英語学習において大きな影響を与えるため、十分な注意が必要です。

ここでは、早期の英語教育で発生するメリットとデメリットの中でも、代表的な例をそれぞれ2つずつ紹介します。

英語教育のメリット

早期の英語教育によって得られる主なメリットは、以下の2つです。

◯メリット1:自然と英語の音に慣れることができる
日本語と英語では、「RとL」や「子音」など、基本的な発音や周波数といった部分に大きな差があります。
保育園での英語教育は、日常生活や遊びの中で音に慣れていくため、聞き取る能力や発音する能力を育てることが可能です。また、英語独特のイントネーションや表現方法を、自然と身に付けることにもつながります。

言語を習得するために最適とされる時期は、幼児期から10歳程度までです。それ以降に学習を始めても、習得が不十分であったり長期間の学習が必要となったりする傾向が見られます。

◯メリット2:英語の組み立て方を理解できる
日本語と英語で異なることは、発音や周波数だけではありません。言語としての組み立て方、つまり単語の並ぶ語順が大きく異なります。

大きくなってから英語を学び始めた場合、頭の中で英語と日本語で単語の意味を翻訳し、語順を並び替える作業が必要となることがほとんどです。英語での会話や学習をスムーズに行うためには、この翻訳作業をせずに英語を英語のままで理解し、英語で考えることができる「英語脳」が必要だと言われています。

コミュニケーションを楽しみながら英語の使い方を理解することで、勉強という意識のないまま「英語脳」を身に付けることが可能です。

英語教育のデメリット

早期の英語教育で引き起こされる主なデメリットは、以下の2つです。

◯デメリット1:言語の習得が中途半端になる可能性がある
日本語がしっかりと身についていない時期に英語教育を行うことで、どちらの習得も中途半端になってしまいかねません。
日常のおしゃべりであればどちらでも可能なものの、学校の勉強についていけなくなる、物事を深く考えたり表現したり伝えたりできなくなることがあります。

日本語と英語を混ぜて使わないなど、子どもが混乱しないようにカリキュラムを工夫することが重要です。

◯デメリット2:英語嫌いになってしまうことがある
子どもが楽しんで学べることが、早期の英語教育の大きなメリットとなります。
しかし、英語教育に力を入れるあまり、英語の勉強が義務的・強要的になってしまい、子どもに負担を与えることも少なくありません。上手く環境に馴染めなかったり、過度な負担を感じることで、子どもが英語自体を嫌いになってしまうことがあります。

​転職を有利にするために必要な英語力とは?

英語教育を行う保育園を希望する場合、英語力を証明することで転職を有利に進められるでしょう。英語教育に携わりたい保育士向けの英語資格には、保育英語検定・TOEIC・英検の3つがあります。

 

◯保育英語検定の場合
保育英語検定は英語力以外にも、保育に関する知識や幼児言葉、赤ちゃん言葉など、実際に保育の現場で必要となる能力が求められる検定です。
検定試験は6段階あり、それぞれの級に合格できる英語力の目安は下記のとおりです。

5級
入門レベル
・語彙力:約200語
・初歩的な単語やフレーズを理解できる
4級
初級レベル
・語彙力:約500語
・定型の簡単なフレーズで子どもとのコミュニケーションが取れる
3級
基礎レベル
・語彙力:約1,000語
・保育英語の基礎文法を理解している
・子どもと英語でコミュニケーションが取れる
・保護者との簡単な英会話が聞き取れる
2級
補助レベル
・語彙力:約2,000語
・子どもや保護者と英語でコミュニケーションが取れる
・簡単な文書作成能力がある
・英語だけで行われる保育の補助ができる
1級
実務レベル
・語彙力:約3,000語
・子どもや保護者と英語で円滑なコミュニケーションが取れる
・保育活動に必要な文書を英語で作成できる
1級
専門レベル
・語彙力:約5,000語
・子どもや保護者と英語で高度なコミュニケーションが取れる
・保育活動に必要な文書を英語で作成できる

試験内容はマークシート方式の筆記試験を基本とし、3級からはリスニングが、準1級からは英作文と面接が追加されます。

◯TOEICや英検の場合
TOEICは、一般企業で英語力の判断基準に使用されることも珍しくありません。履歴書に記載する場合は、600点以上であれば好印象が期待できる数字です。ただし、英語教育に力を入れている場合は、730点以上を要求されることもあります。

英検もTOEICと同様に、高い認知度と信頼性のある検定です。履歴書に記載する場合は2級以上、準1級や1級であればなおよいでしょう。

英語教育に力を入れている保育園の場合、応募条件にTOEICの点数や英検の級数を明示していることもあります。

まとめ

幼い時期からの英語教育は吸収が早く、楽しみながら覚えやすいとされていることから、保育園にも英語教育を積極的に行うところが増えています。
しかし、早期の英語教育は言葉の習得が中途半端になることや、英語を嫌いになるといった弊害が起こることも少なくありません。英語教育に携わる場合は、子どもたちが自然に英語を好きになるようなサポートが必要です。

保育士に求められる英語力は、働く保育園の教育レベルによって異なります。まずは、希望する保育園の英語レベルを確認し、条件を満たしているようであれば積極的に応募しましょう。