20210105_custody_main_01.png

近年、共働き世帯の増加や核家族化に伴い、預かり保育のニーズが高まっています。そのため、「預かり保育制度が利用できる幼稚園に子どもを通わせたい」と思っている人は多いでしょう。
しかし、預かり保育の制度内容や利用するメリットを十分に理解している人は、多くありません。

そこで今回は預かり保育について、制度の概要やメリット・デメリットを詳しく解説します。預かり保育の利用を検討している人や、預かり保育のある施設で働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

預かり保育の概要

預かり保育とは、幼稚園や認定こども園が、従来の教育課程に該当する9時~14時以外の時間帯で子どもを預かる制度のことです。園によっては、土日や夏季・冬季の長期休業中に預かってくれる所もあります。

預かり保育で実施する内容は、通常の保育時間に行う遊びや創作活動だけではありません。英語やスポーツ、音楽などの活動を実施することがあり、中には専門性の高い外部講師を招いている園もあります。
そのため、預かり保育が習い事の時間となっている場合があることも特徴的です。

預かり保育を利用する人の多くは、仕事の都合などにより、従来の教育終了時間(14時)に子どもを迎えに来られない親です。そのため、利用にあたっては、就労状況の証明書類を提出するなど、一定の条件が課せられる場合があります。

共働き世帯やひとり親世帯など、毎日14時までに子どもを迎えにくることが難しい家庭は多いでしょう。預かり保育は、忙しいママやパパの負担を和らげるために大きな役割を担っています。

一時保育との違い

預かり保育と似た制度に保育園の「一時保育」がありますが、両者の違いを明確に理解している人は多くありません。幼稚園における預かり保育と保育園の一時保育では、下記の違いがあります。

預かり保育 一時保育
預けられる子ども 当該幼稚園に通っている3歳以上の子ども 普段、保育施設などを利用していない子ども
料金 幼稚園ごとに設定されている
※共働きやひとり親の家庭は、無償化の対象となる場合がある
自治体ごとに設定されている
環境 普段から通っている幼稚園であるため、子どもが環境に慣れている 子どもにとって初めての場所であるため、ストレスを感じる可能性がある

一時保育は、普段保育施設などを利用していない子どもを臨時的に預けるサービスであり、園に通っている園児以外は対象外となる預かり保育とは、大きく異なります。

一時保育は、主に病気や仕事の都合など、突発的な出来事で家庭での保育が難しくなったときに利用できるサービスです。また、少しのあいだ育児を離れてリフレッシュしたいときに利用される場合があります。

預かり保育の実施状況は?

預かり保育の実施率は、平成28年時点において公立幼稚園で70.5%、私立幼稚園で96.9%です。
(出典:文部科学省「令和元年度幼児教育実態調査」/ https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2020/01/30/1278591_06.pdf

公立幼稚園のほうが実施率の低い理由としては、1997年度から文部科学省で開始された「預かり保育推進事業」が影響しています。
預かり保育の導入を広めるこの取り組みでは、助成金の給付対象が私立幼稚園のみでした。そのため、私立幼稚園と公立幼稚園で導入率に開きがある現状となっています。

ただし、共働きが増加傾向にあることなどから、預かり保育の必要性はこれからも高まる見込みです。今後、公立幼稚園で預かり保育の導入が進むことは十分に考えられるでしょう。

また、私立幼稚園での導入率は96.5%と高い数値ですが、それでも実施していない幼稚園はあります。私立幼稚園の預かり保育を利用したい場合でも、事前に確認することが重要です。

預かり保育のメリット・デメリット

預かり保育の導入が進んでいる理由は、ニーズの増加だけではなく、利用者や子どもへのメリットがあるためです。
預かり保育には、下記のメリットがあります。

【預かり保育のメリット】

  • 独自のカリキュラムがある
  • 急用が発生したときの預け場所が確保できる

預かり保育では、子ども達をただ遊ばせるだけではなく、園が独自のカリキュラムを設定して教育活動を行う場合があります。学習系・文化系・運動系など園によって多種多様なプログラムが組まれており、子ども達の可能性を広げる機会となるでしょう。

また、預かり保育には、利用予定日を申請することで予め枠を確保してもらう「登録利用」と、予定ができたときに臨時で利用できる「一時利用」があります。
そのため、突然仕事に行かなければならなくなった場合や、兄弟姉妹が急に体調を崩し病院に連れて行く場合など、急用が発生したときの預け場所となることも魅力的です。

預け場所が確保できていることで、普段から安心感を持って生活を送ることができるでしょう。

預かり保育には上記のメリットがある反面、下記のデメリットが考えられます。

【預かり保育のデメリット】

  • お金がかかる
  • 子どもが不慣れな環境で過ごすこととなる

預かり保育は、幼稚園ごとに設定された利用料金がかかります。預ける時間が長ければ長いほど費用がかかるため、「早く迎えに行かなければならない」とプレッシャーに感じる場合があるでしょう。

また、預かり保育では、年齢や組が違う園児と一緒に過ごすことがあるため、不慣れな環境が子どもにとって負担となる可能性があります。
ただし、新たな友達を作るきっかけができることもあるため、普段と違う環境での生活は必ずしもデメリットとはなりません。

預かり保育の求人で働くときに押さえておきたいポイント

この記事を見ている人の中には、預かり保育での就労を検討している人もいるでしょう。ここでは、預かり保育で働く場合に押さえておきたいポイントを解説します。

預かり保育で働く場合は、下記の2点を理解しておくことが大切です。

  • 幼稚園で預かり保育の仕事を行う場合、資格があると働きやすくなるものの、無資格でも働くことができる
  • 預かり保育の場合は短時間勤務が多く、ライフスタイルに合わせた働き方ができる

以前は預かり保育で仕事を行うためには、幼稚園教諭や保育士などの資格が必要でした。
しかし、平成29年の子ども子育て支援新制度により、現在は市町村等による研修を受講することで、無資格でも預かり保育の仕事が行えます。
資格があったほうが働きやすくなるものの、未経験歓迎の求人も多くあり、必ずしも現在資格を所有している必要はありません。

また、預かり保育は基本的に平日14時からであるため、短時間勤務の求人が多いことも特徴です。「実務経験を重ねながら資格取得の勉強を行う」「育児や家事を優先しながら働く」など、ライフスタイルに応じた働き方ができます。

預かり保育の求人はマイナビ保育士で探そう

預かり保育の求人を探す場合は、マイナビ保育士の利用を検討しましょう。マイナビ保育士には、下記のメリットがあります。

  • 完全無料で利用できる
  • 専門のアドバイザーによる丁寧なヒヤリングで、希望に合った求人が紹介される
  • 内定まですべてのサポートを受けられる
  • 職場の雰囲気や離職率など、内部事情に関する情報も閲覧できる

マイナビ保育士は、完全無料で利用できる保育士に特化した転職支援サービスです。専門アドバイザーの丁寧なヒヤリングにより、どのような希望にもマッチする求人を見つけられます。
ヒヤリングはじっくり丁寧に行うため、抱えていた不安や疑問がきっと解決できるでしょう。

また、求人の紹介だけではなく、書類添削から面接対策、さらには内定後のアフターフォローまで転職にかかるすべてをサポートします。
そのため、初めて転職する人でも不安を抱える必要はありません。

マイナビ保育士では職場の雰囲気など、求人情報だけではわからない内部事情を知ることが可能です。そのため、入職後のミスマッチを防ぎ、理想とする職場への転職につながります。
保育園・幼稚園への転職を考えている場合は、ぜひマイナビ保育士の利用を検討してください。

まとめ

預かり保育は、従来の教育時間以外の時間帯に子どもを保育するサービスです。追加でお金がかかってしまいますが、その分独自のカリキュラムを受けられることや、急に予定ができたときの預け場所となるメリットがあります。

また、預かり保育の仕事に就くことを少しでも検討している場合は、マイナビ保育士の利用がおすすめです。保育の分野に特化した専門のアドバイザーが、求職者の転職を成功へと導きます。
求人を募集している施設の離職率など内部情報も閲覧できるため、転職で失敗したくない人は、ぜひマイナビ保育士を利用してください。