20210105_escape_main_01.png

子どもたちと直に触れ合い学べる機会である保育実習には、保育士を志す多くの学生が期待に胸を膨らませて参加します。
しかし、実際に保育実習が始まると、保育実習を辛く感じてしまい、どうしてよいか分からないまま逃げ出したい思いに駆られる人もいるでしょう。

今回は、保育実習を辛いと感じる原因5つと、逃げ出したいほどストレスを感じるときの対処法を解説します。
辛い保育実習を乗り越えるための考え方も紹介するため、保育実習に悩みを感じている人は参考にしてください。

保育実習を辛いと感じる原因

保育実習が始まる前は、実際に子どもたちと触れ合いながら学べることに期待し、待ち望んでいた人がほとんどでしょう。
しかし、いざ保育実習が始まると、予想以上に忙しく仕事が辛いと感じる実習生は少なくありません。

ここでは、保育実習を辛いと感じる主な5つの原因について紹介します。

日誌を書くのに時間がかかって眠れない

実習日誌を書くことに時間がかかってしまい、負担と感じる実習生は多くいます。

基本的に、実習日誌は翌朝までに提出しなければいけません。
そのため、今日の分の実習日誌を書き終えるまで眠れない人がほとんどです。

また、実習日誌は人に見せることが前提となるため、読みやすい字で書かなければなりません。
実習先の保育園によっては「修正ペンを使えない」など、実習日誌の書き方が細かく決められていることもあり、書式に慣れるだけでも一苦労です。

さらに、実習生にとって保育時間中の出来事は、一つひとつ心に留める間もなく、怒涛の勢いで過ぎ去ります。
そのため、起こったことを思い出せずに何を書いていいか分からなくなることも多くあります。

日誌に費やす時間を少しでも減らすために、1日の実習が終わったら、なるべく早めに実習日誌を書くようにしましょう。

指導案を考えることが大変

保育園では、対象となる子どもの年齢や成長度合いによって、どのように働きかけるか・どのような遊びをさせるかなど、対応方法がそれぞれ異なります。
そのため保育実習では、対象年齢に合わせた指導案を作成することが求められます。

発達段階に適した遊び・対応方法を事前に理解し、それを指導案に落とし込みましょう。
指導案の作成に悩み、時間がかかると、保育実習への楽しい気持ちが薄れる傾向にあります。

また、指導案の作成に時間がかかる場合は、指導してくれる保育士に教えを乞うと良いでしょう。
厚生労働省が提供している「保育所保育指針解説」や「保育所保育指針」を参考にすることもおすすめです。

元気な子どもたちと遊ぶ体力がない

街中で子どもたちが元気に走り回る姿を見かけると、ほほえましく思い、元気を分けてもらった気分になる人も多くいるでしょう。

子どもが少人数の場合は、ある程度時間が経てば、遊び疲れて全員眠ってしまうことも少なくありません。
しかし、保育園では何人もの元気な子どもたちが「次は私、次は私」と入れ替わり立ち代わりおねだりします。
もちろん、子どもたちは大人の疲れ具合・体調を気に留めません。

実習中は、ただでさえ覚えることが多く、ミスをしないようにと気を張っています。
気を張る中、何時間も全力で動き回る子どもと遊ぶことで、知らず知らずのうちに身体的負担・精神的負担がたまる人は少なくありません。

実習先の保育士に気を遣う

実習生にとって、気を遣わなければならない相手は子どもたちだけではありません。
人によっては実習先の保育士に気を遣い、疲れを感じる人も多いでしょう。

保育園の正式な一員でない実習生は、何をどこまで踏み込んでいいのか判断できないケースがあります。
せわしなく働いている保育士を見ていると、保育士の手助けをしたらよいのか、子どもたちの相手をしたほうがよいのか迷うこともあるでしょう。

保育士は子どもたちの安全を守るため、常に気を張っています。
保育士側も疲れがたまっている場合は、実習生のケアまで気が回らずに、つい表情や言い回しがきつくなることがあります。

実習先の保育士とのコミュニケーションに悩む際は、周りの実習生や、他の保育士に相談することが大切です。

メモを取る暇がないほど忙しい

保育実習では、自分が思っていた以上に「保育士の仕事が大変だ」と実感する人が多いでしょう。

観察実習であれば、じっくりと保育士を見て、細かくメモを取る時間を捻出できます。
しかし、自分自身が保育に参加するようになると周りの保育士の動きを観察する余裕は少なくなる傾向です。
実習中に気付いたことをメモしたい場合でも、子どもたちの世話に精一杯になり、メモするどころではないことが多くあります。

また、常に子どもたちから目を離すわけにはいかないため、水分補給やトイレに行く時間の確保でさえ一苦労なときも発生します。

そのため、メモを取りたいとき・時間が必要なときなどは、指導してくれる保育士にお願いして、少し間だけ子どもの世話を変わってもらいましょう。
自ら時間を作る努力を行うことが大切です。

逃げ出したいほど保育実習が辛いときは?

実習生が保育実習を辛いと感じる一番の理由は、人によってさまざまです。
前述した5つの理由以外にも、「指導者との相性がたまたま悪かった」ということもあります。

あまりの辛さに、「辞めたい」「逃げ出したい」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、保育実習は保育士の資格を取得するための必須項目です。
保育実習を投げ出せば、これまでの努力が水の泡となります。

保育実習は長くても数週間程度であり、何か月も続く実習ではありません。
「保育資格を取得するための、期間限定の付き合いだ」と考え、あまり悩みすぎずに保育実習を行うことも大切です。

辛い保育実習を乗り越える考え方のポイント

保育実習には辛いことも多くありますが、ただ辛い実習として終わらせることは、非常にもったいないと言えます。
保育実習の辛い面だけを見ずに、見方・考え方をほんの少し変えることで、保育実習の辛さを緩和することが可能です。

以下では、辛い保育実習を乗り越えるためのポイントを2つ紹介します。

保育実習は将来に役立つ機会だと捉える

保育実習は、将来保育士になった際にどのような保育施設で働き、どのような保育士になりたいかを明確に思い描く助けとなります。

保育園に就職した際は、すぐに仕事が振り分けられるため、他の保育士の動き・遊び方を観察して技術を学ぶ余裕がほとんどなくなります。
そのため、実際の保育現場を学べる機会は、保育実習以外にそうありません。

保育実習で過ごす日々は、学校の机に向かって勉強しているだけでは知りえない楽しさや、貴重な体験ができる良い機会と捉えましょう。

不得意なことに早めに気付けたと考える

保育実習が辛いと感じた原因は、自分にとって苦手なこと・不得意な分野であると言えます。

例えば、子どもへの対応がうまくいかなかったり、日誌の作成が苦手であったり、自分の創造性のなさ・体力の低さ・段取りの悪さなどに気付いたりすることもあるでしょう。
あるいは子どもへの対応よりも、保育士との意思疎通に悩むかもしれません。

反対に、実習前はうまくできるか不安に思っていた絵本の読み聞かせが好評だったり、ごっこ遊びが思いのほか喜ばれたりなど、想定外の一面を発見することもあります。

上記の悩み・気付きなどは、保育実習を行わなければ分からなかったことです。
苦手分野に気付くことは、「自分がさらに成長する機会を得た」とも言えます。

保育実習に参加したことにより、自分の不得意なことや苦手なことに気付き、得意なことを伸ばせるチャンスが生まれたとポジティブに考えましょう。

まとめ

保育実習を辛いと感じる実習生は少なくありません。
自分が思っていたよりも周りの役に立てないことや、苦手なものが多くあったことに気付いて落ち込む人が多くいます。

しかし、保育実習は保育の現場を直接学びながら、自分の得手不得手を理解して対策できるチャンスです。

指導を担当する保育士との相性が悪い場合は、「保育実習という期間限定の付き合いだ」と割り切りましょう。
ぜひ保育実習を乗り越えて、保育士になったときの役に立ててください。