20201228_babyhotel_main_01.png

保育施設が多様化している現代は、保育士が求められる職場も多種多様です。
たとえば、託児所の一種にあたるベビーホテルも人材の需要がある職場のひとつです。

ホテルと名がついていますが、必ずしも子どもが宿泊するとは限りません。
また、通常の宿泊施設のようなサービスを提供する施設ではないため、ベビーホテルで働く場合は事前に仕事内容について十分に理解しておく必要があります。

今回は、ベビーホテルで働くことに興味を持っている方に向けて、主な仕事内容やメリット・デメリットについて解説します。

ベビーホテルとは?保育所との違いも解説

厚生労働省が定義するベビーホテルは、下記いずれかの条件に当てはまる常時運営の施設を指します。

  • 20時以降の保育を請け負っている
  • 施設に宿泊する子どもの保育がある
  • 一時預かりの児童が全体の半数以上を占める

(出典:厚生労働省「平成21年地域児童福祉事業等調査結果の概況:用語の定義」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jidou/09/yougo.html

ベビーホテルは、宿泊目的専用の施設ではなく、あくまで通常の保育施設が深夜の託児を受け付けている施設です。
24時間体制で保育を行っている施設も存在しますが、ベビーホテルに分類されるすべての施設が該当するわけではありません。
中には、早朝2時前後から7時ごろまで預かっている施設や、夜間から早朝にかけて請け負っているところも含まれます。

保育施設は、大きく分けると認可保育所と認可外保育施設の2タイプがあり、ベビーホテルは認可外保育施設にあたります。
ベビーホテルの他には、事業所内保育施設や院内保育施設が同じカテゴリです。
一般的な保育サービス(認定保育園など)との違いは行政による認証・認可の有無で、補助金など行政による関与が少ないという特徴を持っています。

ベビーホテルという名がついていますが、受け付けている子どもは乳児のみではありません。深夜や早朝、休日の保育が必要な小学生も預かりの対象です。

ベビーホテルのサービス&仕事内容

ベビーホテルの基本的なサービスや仕事内容は、通常の保育施設と同じです。
大まかな流れは下記のとおりで、特別な業務はありません。

  • 自由遊び・お散歩をさせる
  • 食事のサポート・指導
  • お昼寝・おやつ
  • 定時に消灯(夜間)

大人数を預かるケースは少ないため、乳児以外の子どもはクラス分けすることなく一緒の時間を過ごします。
認可保育所に入れなかった待機児童も利用者に含まれており、定期的な利用はもちろん、一時的な利用も可能です。

夜間から早朝にかけての預かりなど、仕事内容が寝かしつけのみとなる場合もあります。

ベビーホテルの問題点|人手不足問題への施設による対策

ベビーホテルは人手不足に悩む施設が多く、保育士一人あたりに割り振られる子どもの数が規定人数を超えるケースも少なくありません。
そのため子どもたちが十分な保育を受けられないなど、従来の施設は問題点を多く抱えていました。

しかし、現在は事故防止や環境改善のためのさまざま取り組みが行われています。
行政による監督が強化された結果、下記の安全対策が各施設で取り入れられているようになりました。

  • 指導監督指針を新たに策定し、通知する
  • 自治体による立ち入り検査の実施(年1回以上)
  • 遊具からの転落事故を防止するための措置
  • 子どもの動線に配慮した家具の配置
  • 食物アレルギーに対する職員教育の徹底
  • 睡眠中の呼吸確認によるSIDS(乳児突然死症候群)対策
  • 施錠・防犯カメラで不審者侵入や連れ去りの防止

ベビーホテルでも、自治体による立ち入り検査を年に1回以上行い、現状の保育体制を把握することで対策や指導につなげています。 遊具の転落事故防止のために周囲にマットを敷いたり、家具にぶつからないよう動線を考えた配置に変えたり、園による対策もさまざまです。

また、一部の対策は、ベビーホテル以外の保育施設でも取り入れられています。

保育士がベビーホテルで働くメリット&デメリット

前述の問題点でも触れたとおり、ベビーホテルは人手不足の場合が多いため、長く働ける場所を探している方は歓迎されるでしょう。
行政主導で行われている数々の改善策により、勤務する保育士の数を増やさなくてはならない施設も多く存在します。

しかし、人手不足に悩んでいる施設はベビーホテルのみではありません。
他の保育施設でも一定の需要がある中、あえてベビーホテルを選ぶメリットは何か、注意すべきデメリットとともに紹介します。

メリット

ベビーホテルは、独特の開園時間が最大の特徴です。
早朝や夜間の開園によって、勤務する保育士は下記のようなメリットがあります。

  • 夜間や早朝に働ける
  • 昼の勤務と比べるとイベントや事務仕事が少ない
  • さまざまな年齢の子どもたちと接することができる

24時間開園していたり、深夜から早朝にかけて預かったりしているベビーホテルは、夜間や早朝に働ける施設です。
日中は時間が取れない方や本業とは別に副業として働きたい方は、空いた時間を有効活用できます。

日中の保育を行う通常の施設と比べると、イベントや事務仕事が少ない点も魅力のひとつです。
企画を考える必要もイベントの準備や片付けに追われることもないため、子どものお世話に集中したい方に向いています。
施設によっては同じ部屋で幅広い年齢の子どもを預かる場合があり、さまざまな年齢の子や保護者と接することで、良い経験にもなるでしょう。

デメリット

ベビーホテルで働くことを希望する場合は、下記のデメリットも把握したうえで求人を探しましょう。

  • 勤務時間が不規則になりやすい
  • 現在も人手不足の施設が少なからず存在する

多くのベビーホテルは24時間開園もしくは早朝や深夜も開いているため、複数人の保育士がシフト勤務しています。
勤務先のシフトの決め方によっては、勤務時間が不規則となる場合もあるでしょう。

また、国や自治体からの補助金がない影響により人材を確保しにくく、人手不足が続いている施設も少なからず残っている点に注意してください。

ベビーホテルの求人を探す際の注意点

ベビーホテルの求人は、他の保育施設と同じく保育士専門の求人サイトで探すことができます。
ただし、キーワード欄に「ベビーホテル」と入力するのみでは求める募集案件は見つかりません。

また、安心して長く働けるよう、自分に合った就職先を吟味することも必要です。
最後にベビーホテルで働きたい方へ、求人情報を探す場合の注意点を紹介します。

安全対策がしっかりと取られている施設を選ぶこと

行政主導の改善により、ベビーホテルの中には安全対策が行われているところが増加しました。また、人員数についても多くの施設で改善傾向が見られる状態です。

しかし一方で、対策が不十分なところや実施が遅れているところも一部残っています。
そのためベビーホテルの求人を比較するときは、下記の2点を必ず確認しておきましょう。

  • 具体的な安全対策が行われている
  • 十分な人手が確保されている

きちんと基準を設けているか経営状況や雰囲気に問題はないか、求人上の労働条件や労働環境を確認することはもちろん、直接施設を見学する方法もおすすめです。

認可外保育所のカテゴリで検索すること

日々改善が行われているベビーホテルですが、マイナスなイメージが完全に拭われたとは言い切れません。
このような事情もあり、現在は施設名に「ベビーホテル」と明確に表示するところは見つかりにくい状態です。

求人サイトで検索するときは、「ベビーホテル」ではなく「認可外保育所」の分類で探しましょう。夜間保育施設や夜間保育所などの施設名で募集されていることがあります。

24時間開園など日中も開園している施設も含まれるため、募集されている勤務時間や施設の開園時間を参考にしてください。

また、ベビーホテルをはじめ保育士の求人を探している方は、マイナビ保育士をぜひご利用ください。
保育士専門の求人サイトで「時間固定・パートOK」「未経験可能」「月収20万円以上可」など多種多様なこだわり条件で検索できるため、効率良く仕事探しができます。

まとめ

ベビーホテルとは、夜間や早朝の預かり保育を行っている保育施設のことを指します。
一般的な宿泊サービスではないため、家庭の事情によっては宿泊を伴わない利用も少なくありません。

保育士がベビーホテルで働くメリットは、都合の良い時間帯に働けたり日中の勤務とは仕事内容が異なったりと複数あげられます。
デメリットもあげられますが、応募する求人を慎重に選ぶことでリスクを軽減させることが可能です。

安心して働けるベビーホテルを探すために、求人情報はじっくりと比較検討しましょう。
数多くの求人情報を掲載しているうえアドバイザーによる相談対応や転職支援も行っている「マイナビ保育士」をぜひご利用ください。