202101_renew_license_01.jpg

教員免許を保持するためには、講習を受けて免許更新する必要があります。 教員免許の一種である幼稚園教諭免許も同様です。

しかし、幼稚園教諭免許を保有していても、現在免許を必要とする仕事に就いていない方は、免許更新の必要性に疑問を感じるでしょう。

今回は、幼稚園教諭免許更新が必要となるケースから、実際の更新方法・講習内容まで解説します。幼稚園教諭免許の有効期限が満了を迎える方や、幼稚園教諭免許を持っている保育士の方は最後までチェックしてください。

幼稚園教諭免許は更新が必要

幼稚園教諭免許には有効期間が定められており、免許を保持し続けるためには定期的な更新が必要となります。更新を怠ると免許は失効してしまい、再度申請するまで幼稚園教諭免許を必要とする職業に就くことはできません。

幼稚園教諭免許は、免許状を取得した時期によって新免許状と旧免許状に分かれます。 それぞれ有効期間や更新の要件が異なります。

●新免許状

平成21年4月1日以降に発行された免許状であり、有効期間は発行から10年です。有効期間が満了する2年2か月前から2か月前までに手続きを行う必要があります。

●旧免許状

平成21年3月31日以前に発行された免許状です。有効期間は設定されていませんが、免許取得者の生年月日に応じて更新講習修了期限が設定されています。新免許状と同じく満了日の2年2か月前から2か月前までに手続きを行わなければなりません。

保育士として働いている場合も更新は必要?

資格と幼稚園教諭免許の両方を所持しており、現在は保育士として働いている方の中には、免許更新を行うべきか迷っている方もいるでしょう。

保育士の仕事で幼稚園教諭免許は必須ではないため、今後一切幼稚園で働く可能性がない場合は、更新を行わなくともよいでしょう。

しかし、現在は幼稚園と保育園の一元化が進んでおり、これから保育業界や幼児教育がどのように変容するかはわかりません。苦労して取得した幼稚園教諭免許が失効すると、今後の働き方の選択肢を自ら狭めてしまう恐れがあります。

そのため、保育士として働き続けるかどうかわからない場合や、幼稚園教諭免許が必要な仕事に携わる可能性が少しでもある場合は、幼稚園教諭免許を更新することをおすすめします。

病稚園教諭免許の更新方法

ここでは、幼稚園教諭免許を更新する際の一連の流れを解説します。 免許更新完了までの手順を把握することで、スムーズに手続きを行えるようになるでしょう。

(1)免許状の有効期間を確認する

まずは幼稚園教諭免許の有効期間をチェックします。 新免許状保持者の方は、免許状に記載されている有効期間の満了日を確認します。 旧免許状保持者の方は、文部科学省のホームページで修了確認期限を確認できます。

(2)更新講習の受講資格を確認する

幼稚園教諭免許の更新講習を受けるためには、保持している免許状に応じた受講資格対象者であることが条件です。文部科学省のホームページなどで受講資格を確認しましょう。

(3)更新講習実施教育機関に申し込む

更新講習を実施している教育機関は文部科学省のホームページに記載されています。通える範囲にある教育機関へ申し込みを行い、保持している免許状や学校の種類に応じた免許更新講習を講習科目一覧から選択しましょう。

(4)指定された時間分の免許状更新講習を受講・修了する

申し込みを行った教育機関で更新講習を受講します。講習課程を修了すると修了証明書が、講習過程の一部を履修した場合は履修証明書が発行されます。

(5)有効期間の更新または更新講習修了確認申請を行う

修了証明書もしくは合計30時間以上の履修証明書を同封して、有効期間の更新または更新講習確認申請を行います。現職の方は免許管理者へ、現職でない方は住所地の都道府県教育委員会へ申請します。

(6)有効期間更新証明書または更新講習修了証明書を受け取る

有効期間更新証明書もしくは更新講習修了証明書が発行されるため、免許の更新が完了していることを書面で確認します。

なお、更新講習を受講しただけでは免許更新とはなりません。必ず申請手続きを行い、証明書を発行してもらいましょう。

幼稚園教諭免許更新の講習内容

講習を受ける女性

幼稚園教諭免許更新講習は3つの領域で構成されており、領域ごとに定められた時間分の講習を受ける必要があります。 各領域の時間数と講習内容は以下の通りです。

【必須領域(6時間以上)】

必須領域は、免許状の種類を問わず全員が共通して受講しなければならない領域です。
講習内容は下記をすべて含む内容となります。
・国や世界の教育動向
・脳科学や心理学分野における子どもの発達に関する最新情報
・教諭としての教育観・子ども観の思索
・子どもの生活や生活の変化をテーマとした課題

【選択必修領域(6時間以上)】

選択必修領域は、免許状の種類や勤務する学校の種類などにより、所定の講習内容から選択して受講します。下記は、講習内容の一部です。
・近年の学校関連の状況や状況の変化
・学校の危機管理にまつわる課題
・道徳教育や異文化理解教育

上記の中から1つまたは2つのテーマを選択して講習を受講します。

【選択領域(18時間)】

必選択領域は、所持する免許状に応じた講習を任意で選択し、一定時間以上受講する必要がある領域です。幼稚園教諭は教諭に分類されるため、対象職種が教諭の講習内容を受講します。選択領域のテーマは「幼児、児童又は生徒に対する教科指導及び生徒指導上の課題」です。 なお、免許状の新旧や所持数によっては、選択する講習内容が異なる場合があります。

幼稚園教諭免許の更新に関するQ&A

疑問をもつ女性

幼稚園教諭免許の更新は手順や要件が複雑であるため、さまざまな疑問が浮かぶ方もいるでしょう。最後に、幼稚園教諭免許更新に関するよくある質問にQ&A形式で解説します。

Q:出身大学以外でも講習は受けられる?

A:出身大学でなくても、幼稚園教諭の免許を発行している各地の大学で受講することができます。時間がない場合や近隣に受講できる大学がない場合は、オンライン受講が可能です。

Q:講習受講料はいくら?

A:講習受講料は、講習を実施している機関や団体によって異なります。 そのため、更新講習を受講する前に、講習実施期間のホームページなどで費用を確認しておきましょう。

Q:講習受講料の支払い方法は?

A:講習受講料は、機関や団体が指定する支払い方法で、開設者に直接支払います。更新講習の受講を予約した機関や団体が定める支払先・入金方法を確認したうえで、期日までに支払いを済ませておきましょう。

Q:更新講習はどのくらいの時期に予約すればよい?

A:実施する機関や団体によって異なりますが、人気のある講座はすぐに埋まってしまうこともあります。できるだけ早い時期に予約するとよいでしょう。

Q:修了認定試験の仕組みが知りたい!

A:修了認定試験(履修認定試験)は、受講した更新講習ごとに実施されます。 各講習に対応した試験で内容を習得していると認められた場合に、修了認定(履修認定)が行われます 。

まとめ

幼稚園教諭免許には有効期間があるため、満了日を迎える前に更新する必要があります。現在は保育士として働いており、幼稚園教諭免許を活用していない場合でも、幼稚園教諭免許を更新しておいて損はないでしょう。

幼稚園教諭免許の有効期間は、新免許状か旧免許状かによって異なります。有効期間をきちんと確認したうえで、更新講習の受講を申し込んでください。

なお、講習受講料や支払い方法などは、講習を実施する機関や団体ごとに変わります。幼稚園教諭免許を更新する方は、ホームページなどでしっかりと情報を確認しましょう。