20210107_gifu_salary_01-thumb4.jpg

岐阜県は中部地方に位置する県で、大都市である愛知県に隣接しています。名古屋へのアクセスだけではなく、近畿地方へのアクセスにも優れており、子育て世代の移住も見られます。そのため、岐阜県は保育士に対して一定の需要が見られる地域です。

この記事では、岐阜県における保育士の給料相場について、詳しく解説します。さらに、岐阜県で実施されている保育士への支援・補助制度についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

【岐阜県】保育士の給料相場|全国平均との比較

ここでは、岐阜県における保育士の平均年収と全国平均を比較して紹介します。月収や手当・賞与についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

平均年収 平均月収(賞与含めず) 手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
岐阜県 約285万円 約19万円 約45万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

全国で見た保育士の平均年収は約363万円であるのに対して、岐阜県で働く保育士の平均年収は約285万円と、岐阜県のほうが下回っていることが分かります。

しかし、岐阜県内であっても職場の雇用条件や昇給システムによっては、全国平均を超える給料を得ることが可能です。 岐阜県内で保育士として働きながら、全国平均レベルよりも高い年収を得たい場合は、賞与や各種手当が充実している職場を選ぶことをおすすめします。職場によっては、資格の取得や、経験・スキルの向上によって大幅な昇給が認められることがあります。

はじめから全国平均以上のレベルの給料を提示する職場を狙うことも一つの方法ですが、タイミングによっては条件を満たす求人情報が見つからないことがあるかもしれません。 自分の希望を満たせない場合は、昇給システムが充実している職場を選択して、働きながら徐々に年収アップを目指すことがおすすめです。

岐阜県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

岐阜県と首をかしげる女性

ここでは、岐阜県内で比較的保育士の給料水準が高い市区町村を5つ紹介します。岐阜県内で保育士の給料水準が高い、岐阜市・多治見市・各務原市・本巣郡北方町・大垣市における、年収・月収は次の通りです。

岐阜市 多治見市 各務原市 本巣郡北方町 大垣市
年収 約276万~400万円 約276万~320万円 約276万~480万円 約240万~320万円 約256万~320万円
月収(※) 約18万~25万円 約18万~20万円 約18万~30万円 約15万~20万円 約16万~20万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記の年収・月収額は、保育士の求人に特化した求人サイトの「マイナビ保育士」に掲載されている求人情報を基に算出した推定値です。

上記の5地域の中では、県庁所在地の岐阜市と各務原市においては、全国平均を大きく超える職場が多数存在します。そのため、受け取れる給料額を特に重視する場合は、岐阜市と各務原市を中心とした給料水準の高いエリアで、保育士の求人を探しましょう。

エリアにより給料に差が出る理由

同じ岐阜県内であったとしても、市区町村によって年収に大きな開きがあります。なぜ、エリアによって保育士の給料水準に差が生じるのでしょうか。エリアによって保育士の給料に差が生じる原因は、下記の通りです。

・人口が密集するエリアでは、待機児童が多く存在し、保育士のニーズが高いため
・エリアによって保育士の雇用形態に偏りが見られるため

岐阜県内の待機児童数は、他の都道府県と比較するとそれほど多くはありません。それでも、待機児童が存在するエリアでは保育士のニーズが高く、保育士の給料にも反映されています。

また、岐阜県内ではエリアによって保育士の雇用形態に偏りが見られます。正社員雇用の求人が多いエリアでは、賞与や各種手当などを含む年収が算出されます。

しかし、パートなどの非正規雇用の場合は、時給で計算されていることに加えて、賞与や各種手当が支給されていない職場があります。賞与や各種手当に関する充実度の差が、そのままエリアごとの年収の差として現れています。

保育士が受け取る給料の相場は、地域による差だけではなく、職場の給料体系・昇給システムによっても大きく異なるため、岐阜市と各務原市以外のエリアでも平均年収を上回ることがあります。

給料アップを目標とする場合は、仕事内容・基本給・賞与の金額だけではなく、昇給システムなどにも注目しましょう。

希望する条件を満たすことができる求人情報を見つけるためには、新着求人情報をこまめにチェックすることが大切です。

保育士の就職・転職に特化した求人情報サイトの「マイナビ保育士」に無料登録すると、希望条件に合う新着求人情報を受け取ることができます。

岐阜県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

岐阜県の景色と女性

ここでは、保育士として岐阜県内で勤務しようとしている人を支援するための各種制度について紹介します。
これから保育士の資格を取得しようとする人に向けた支援と、すでに保育士の資格を取得している人の就職を支援するための制度があります。岐阜県で保育士として働くために、行政による支援を希望している人は、ぜひ参考にしてください。

保育士修学資金

「保育士修学資金」は、これから保育士の資格を取得して働きたい人のために、保育士養成施設の修学資金を援助する制度です。修学資金は、一時金として支給されるものと毎月支給されるものがあります。

養成施設を卒業した後は、岐阜県内で保育士として5年間勤務した場合、すべての修学資金が返還免除の対象となります。 これから保育士の資格を取得しようと考えている場合は、自分が対象者に該当するか確認してみましょう。ただし、通信制の養成施設で修学する人は、支援の対象外となっています。

対象者 ・保育士養成施設に在学中の人
・岐阜県内に住民票のある人
・学業の成績が優秀な人
・世帯合計の市町村民税所得割額が97,000円未満である人
・他の機関から同様の支援を受けていない人
・養成施設の卒業後、岐阜県内の対象事業所で保育士として5年間働く意思のある人
補助金 ・修学資金
月額5万円以内(総額120万円以内)

・入学準備金
20万円以内

・就職準備金
20万円以内
返還免除の条件 養成施設の卒業後、岐阜県内で保育士として5年間勤務した場合は全額返還免除となる

(出典:岐阜県社会福祉協議会「保育士修学資金」 https://www.winc.or.jp/contents/services/hoiku-shugaku/

保育士就職支援資金

「保育士就職支援資金」は、すでに保育士の資格を持っていて、これから認定こども園などの保育施設へ就職しようとしている人のための就職支援制度です。 この制度を活用することで、就職活動期間中の金銭的な負担を軽減することができるため、ブランク期間に無収入となることなく就職活動に専念することができます。

具体的な就職支援制度の内容は、無利子で40万円以内の就職支援金を借りることができるというものです。なお、岐阜県内の対象施設で2年間勤務した場合は、全額が返還免除の対象となります。

これから岐阜県内で保育士として長く勤める意思のある人は、応募資格を満たすかどうか行政の担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

対象者
・保育士資格を所持している人
・岐阜県内の保育所などへ新たに勤務する人
※保育士修学資金貸付の就職準備金加算を受けた場合は対象外となる
補助金 40万円以内
返還免除の条件 岐阜県内の対象事業所で保育士として2年間勤務した場合は、全額返還免除となる

(出典:岐阜県社会福祉協議会「保育士就職支援資金」 https://www.winc.or.jp/contents/services/hoiku-shushokushikin/

保育士に就職・復職する際は、引越しや必要備品を揃えるために、ある程度お金がかかります。保育士就職準備金貸付を利用することで、最大40万円の支援を受けることができるため、条件に当てはまる人はぜひ活用してください。

まとめ

岐阜県で働いている保育士の給料相場は、全国平均と比較すると低い水準にあります。しかし、岐阜県内でも各種手当や賞与の支給額などによっては、全国平均を超える職場も見られます。

また、岐阜県内でも岐阜市や各務原市では、給料の全国平均額を大幅に超える職場が多い傾向にあります。

条件の良い職場で保育士として活躍するためには、常に最新の求人情報をチェックして、タイミングを逃さないようにすることが大切です。

「マイナビ保育士」で無料の会員登録を行うことで、新着求人情報を簡単にチェックすることができます。岐阜県内で自分の希望を満たせる保育士の求人を探している人は、ぜひマイナビ保育士の利用を検討してみましょう。

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています