202102_miyagi_detail_01.jpg

宮城県は、東北唯一の政令指定都市である仙台市があり、東北の商業や交通の中心を担っている県です。

一方で、自然が多く落ち着いており、ファミリー層が住みやすい街でもあります。

また、宮城県は保育士の需要も非常に高く、さまざまな施設からの求人が出ていることも特徴です。

保育士に対する県独自の補助・取り組みも行われており、比較的働きやすい都道府県と言えるでしょう。

そこで今回は、宮城県の保育士事情や、県が独自に行っている保育士支援制度について解説します。

宮城県で保育士として働くことを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

宮城県における保育士事情

保育士とひとくちに言っても、働く施設により働き方は大きく異なります。

自分に合った働き方のできる理想の職場を見つけるためには、働く地域における勤務実態や待遇、さらに求人の傾向といった実情を事前に把握しておくことが重要です。

まずは宮城県の保育士事情として、勤務時間・給料相場・求人状況など、宮城県における保育士の特徴について詳しく解説します。

勤務時間

ここでは、宮城県における保育士の勤務時間を解説します。

下記の表は、宮城県における保育士の1ヶ月あたりの勤務時間を、男女別にまとめたものです。

男性 182時間
女性 173時間
174時間 -

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

全国における保育士男女の平均勤務時間は163時間であるため、宮城県の保育士は、勤務時間がやや長い傾向にあると言えるでしょう。

また、男女別に見ると、男性職員の方が女性職員よりも勤務時間が長いことがわかります。

ただし、勤務時間や時間外勤務の有無は、施設によって異なります。

勤務時間に希望がある人は、求人や保育施設のホームページなどから事前に確認しておくことが大切です。

給料相場

次に、宮城県における保育士の給料相場を解説します。

下記は、保育士の平均年収を、宮城県と全国で比較したものです。

宮城県 約300万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

宮城県における保育士の年収は約300万円となっており、全国的には低い水準だと言えるでしょう。

ただし、職員月給や賞与は、施設形態や仕事内容によって異なります。

働く施設や働き方によっては、宮城県でも全国平均と同等、あるいはそれ以上の月収・年収を狙うことが可能です。

求人状況

宮城県の保育士事情として、最後に「宮城県における保育士の求人状況」を解説します。

求人状況を明らかにするためには、宮城県における保育士需要を把握することが重要です。

宮城県の待機児童数は、令和2年4月1日時点で340人となっています。

出典:宮城県「令和2年度 待機児童数(4月1日現在)」/​https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/804977.pdf​

上記の待機児童数からわかるとおり、宮城県では、子どもの数に対して保育士が足りておらず、需要が供給を上回っている状況です。

そのため、保育士の有効求人倍率は高く、1人あたりにおける就職先の選択肢は豊富だと言っても過言ではありません。

待機児童数は、前年と比べると243人減少していますが、それでも最も望む「待機児童数0」にはほど遠い状況です。

このような状況から、宮城県では待機児童ゼロに向けた取り組みが積極的に行われています。

そのため、今後も安定して保育士の募集が行われることが見込まれるでしょう。

宮城県が進める保育士への補助・取り組み

宮城県が進める保育士への補助・取り組み

保育士業界は、現状では全体的に高収入とは言えません。

さらに保育士は人手不足が問題となっていることから、「サービス残業・持ち帰りの業務などでプライベートの時間がとれなさそう」というネガティブなイメージも残ってしまいました。

このような状況を解消すべく、全国の自治体は、保育士に対する補助制度・取り組みを進めています。

各自治体で進められている補助制度を利用することは、働きやすさを変えるための方法のひとつです。

ここからは、宮城県が独自に進める保育士への補助・取り組みを詳しく解説します。

保育士修学資金貸付事業

保育士修学資金貸付事業は、宮城県における保育士の育成や定着を目的とした「保育士を目指す学生のための貸付金事業」です。

対象者
下記のすべての条件を満たす学生 (1)県内の保育士養成施設に在学している、または県内に住民登録しながら県外の保育士
養成施設に在学している(入学前月まで、1年以上県内に住民登録していた場合は対象)
(2)優秀かつ世帯の経済状況などから貸付を受ける必要がある
(3)県外の保育士修学資金を利用していない
(4)卒業後は、宮城県内の保育士施設などに勤務する意思がある
補助金 ・修学資金:月額5万円以内(総額120万円以内)
・入学準備金:20万円以内(今年度入学者)
・就職準備金:20万円以内
※生活保護受給世帯などは、生活費加算の受給が可能
返還免除の条件 卒業後1年以内に保育士登録を行い、宮城県内の保育所などの指定施設において、5年間継続して保育業務に従事したとき ※過疎地域での従事、または中高年離職者の場合は3年間

出典:宮城県「社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会」/​http://www.miyagi-sfk.net/hoikushitou/node_17620​)

保育士修学資金貸付事業は、入学時から就職時までの幅広い支援が特徴的です。

宮城県で保育士として働くことを検討している場合、返還免除となる条件も決して難しいものではありません。

保育士再就職準備金貸付事業

保育士再就職準備金貸付事業は、宮城県内における保育士の確保を目的とした「保育士資格を所有している人の再就職を支援する制度」です。

対象者 保育士資格を有しており、下記のすべての条件を満たす人
(1)保育士登録を行った人もしくは養成施設卒業後6ヶ月以上経過した人
(2)以下の施設を離職した、または勤務経験がない人
・保育所および幼保連携型認定こども園
・家庭的保育事業
・小規模保育事業
・事業所内保育事業
・幼稚園
(3)県外の保育士修学資金を利用していない人 (4)県内の施設に新たに保育士として勤務する人(対象施設の詳細は出典元から確認くだ
さい)
(5)保育士養成施設在学中に、保育士修学資金の就職準備金を借りたことがない人
補助金 40万円以内(1人1回)
返還免除の条件 県内の指定施設において、2年間継続して保育士業務に従事したとき

出典:宮城県「社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会」/​http://www.miyagi-sfk.net/hoikushitou/node_17621​

保育士再就職準備金貸付事業は、返還免除となる条件が勤続2年間と、比較的短いことが特徴です。

宮城県の保育士求人には、ブランク可のものも多くあります。

保育士としての再就職を少しでも検討している人は、ぜひ保育士再就職準備金貸付事業の利用を検討してみてください。

宮城県保育士等キャリアアップ研修

宮城県保育士等キャリアアップ研修は、各専門分野における理解の追求や、マネジメント能力の向上を目的とした「保育所におけるリーダー的人材を育成するための支援事業」です。

対象者 【専門分野研修】
下記の専門分野において、リーダーとしての役割を担う保育士
・乳児保育
・幼児教育
・障がい児保育
・食育、アレルギー対応
・保育衛生、安全対策

【マネジメント分野研修】 上記の専門分野においてリーダーとしての役割を担ったことがあり、主任保育士のもとで
ミドルリーダーとしての役割を担っている、または見込まれる保育士

出典:宮城県「社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会」/​http://www.miyagi-sfk.net/training/node_26886/node_27216​)

宮城県保育士等キャリアアップ研修は、無料で受講できることが特徴です。

職員や施設の保育サービス向上のためにも、積極的に利用を検討しましょう。

ただし、募集定員が決まっているため、各施設において受講する職員を厳選する必要があります。

【宮城県】保育士求人を探す際のポイント

保育士求人を探す際のポイント

宮城県の保育士求人は、「人口の高いエリアに求人数が集まる傾向にある」「地域により、給与や条件が大きく異なる」ことが特徴です。

宮城県で保育士求人を探す際は、下記のポイントもおさえておきましょう。

〇高収入を狙うであれば、仙台市の求人を中心に探す

宮城県の県庁所在地および最大の都市である仙台市は、人口が多いことが特徴です。

人口が多ければ、自ずと保育士需要も高まり、求人数も多くなるでしょう。

求人数が豊富な仙台市であれば、その分就職先の選択肢が多くなります。

そのため、他のエリアよりも高年収を狙いやすいと言えるでしょう。

〇経験・資格・能力を活かせる求人を選べば好待遇も狙える

高収入だけでなく、好待遇で負担なく働きたいという人は、経験・資格・能力を活かせる求人を選ぶことがおすすめです。

特に保育業務の経験者は、経験や能力がどのように待遇に反映されるのかを、事前にしっかり確認しましょう。

〇長く続けられる職場を求める人は、福利厚生が充実している求人を選ぶ

補助・取り組みといった制度を利用する保育士にとって、長く働き続けることは特に大切です。

長く働き続けられる職場に重きを置く場合は、福利厚生を確認しましょう。

ワークライフバランスを充実させるためにも、手当の支給有無や休暇について、転職サイトなどの求人情報をきちんとチェックすることをおすすめします。

また、保育士として希望に合った転職を実現させるためには、「マイナビ保育士」の利用が特におすすめです。

保育士転職サイトの大手であるマイナビ保育士は、求人数が豊富なことはもちろん、業界に精通したアドバイザーが希望に合った求人を紹介します。

さらに、求人応募から内定までをサポートするため、初めて就職・転職する人も安心です。

上記のサービスは、マイナビ保育士に無料で会員登録をすることで、誰でも利用することができます。

まとめ

宮城県は、待機児童が多いことから、県が保育に関する積極的な取り組みを行っており、保育士需要が高いエリアです。

労働時間は長く、年収も全国水準より低い傾向がありますが、これらの条件は施設によって異なります。

宮城県は求人が豊富であるため、事前に求人内容を吟味すれば、好待遇を狙うことが十分に可能です。

また、マイナビ保育士では専属のキャリアアドバイザーが、転職のすべてをサポートします。

宮城県で保育士の求人を探している人は、ぜひマイナビ保育士をご利用ください。

※当記事は2020年12月現在の情報を基に作成しています

宮城県の求人情報はこちら