202103_shorttime_work_01.jpg

現職の保育士の方で、妊娠・出産・育児といったライフイベントを控えており、今後の働き方について考えている方もいるのではないでしょうか。

激務で責任も重い保育士の仕事と育児・家庭を両立することは難しく、実際はやむをえず現場を離れてしまう保育士の方も少なくありません。

今回は、育児や介護と両立して働くことができる「時短勤務」の利用条件や、時短勤務のメリット・デメリット、時短勤務で働く場合のポイントを解説します。

妊娠・出産・育児を経由しても現役で保育士を続けたい方と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

【保育士】時短勤務制度の概要

時短勤務とは、正しくは「短時間勤務制度」という名称であり、文字通り通常の勤務時間を短縮して勤務できる制度のことです。フルタイムで働いている正社員・契約社員が、一定の条件を満たすことで利用できる働き方となります。

短時間勤務制度は、平成21年の育児・介護休業法の改正に伴い、制度が義務化されています。

時短勤務は、1日の所定労働時間を原則6時間以内とすることを基本とします。通常の所定労働時間が7時間45分である場合など、短縮後の所定労働時間を5時間45分とするケースも考慮して、5時間45分から6時間の間を許容範囲としています。

また、短時間勤務制度では労働者の選択肢を増やすため、上記の原則を踏まえたうえで、下記のような措置を併用することも可能としています。

・1日の所定労働時間を7時間とする措置・隔日勤務等による所定労働日数短縮にて労働時間を短縮する措置

(出典:厚生労働省「短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について」/https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/manual/doc/attention.pdf

時短勤務制度の働き方の特徴

時短勤務制度を利用する保育士は、育休・産休を終えて現場復帰する方が多い傾向です。

保育士の9割は女性であり、結婚・妊娠・出産・育児といった大きなライフステージの変化があります。保育士の仕事とライフイベントとの両立は難しく、時短勤務制度が義務化される以前は、復帰を希望する方の多くがパートタイムを希望していました。

しかし、パートタイムは業務負担が少ない反面早番や遅番を求められる機会が多く、育児との両立が難しいというデメリットがあります。

時短勤務であれば、勤務時間が決められているため働きやすく、人手不足の保育園と潜在保育士の双方のニーズをマッチングさせることができます

時短勤務制度は、子どもが3歳になるまで活用できる制度であるため、育児・家庭と仕事のバランスが取りやすい働き方と言えるでしょう。

時短勤務制度の対象となる保育士の条件

時短勤務制度を利用するにあたっては一定の条件が定められており、すべての保育士が利用できるわけではない点に注意が必要です。

厚生労働省の資料によると、下記の条件をすべて満たしている方が時短勤務制度の対象であるとされています。

■時間勤務制度の対象となる保育士
①3歳に満たない子を養育する労働者であること。
②1日の所定労働時間が6時間以下(※)でないこと。
③日々雇用される者でないこと。
④短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと。
⑤労使協定により適用除外とされた労働者でないこと。

(引用:厚生労働省 短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/manual/doc/attention.pdf)

上記の⑤に該当する労使協定を園と締結している場合は、上記の⑤以外の条件を満たしていても時短勤務の適用対象外となります。⑤に該当する条件は下記の通りです。

■労使協定により適用除外とされる保育士
ア)当該事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない労働者
イ)1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
ウ)業務の性質又は業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずることが困難と認められる業務に従事する労働者

(引用:厚生労働省 短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/manual/doc/attention.pdf)

特に、ア)に定められた「入職後1年以内の場合は利用できない」という条件は、時短勤務の適用の障壁となるため注意が必要です。

時短勤務制度が適用される基本的な条件は以上となりますが、すべての園や施設が時短勤務制度を採用しているわけではありません。時短勤務制度の利用にあたっては、制度の有無や利用の可否を園や施設ごとに確認する必要があります。

時短勤務で働く保育士の一日のスケジュール

求人選びで後悔しないためには、求人票を正しく読み取るだけではなく、注意点を把握しておくことも大切です。

時短勤務で働く保育士の方は、フルタイムで働く場合とは異なるスケジュールで一日を過ごすこととなります。

ここでは、私生活も含めた時短勤務で働く保育士の一日のスケジュールのモデルケースを紹介します。時短勤務を検討している方は、実際の生活感をイメージしてみてください。

■時短勤務で働く保育士の一日のスケジュール例
6:30 起床 朝食準備 子どもの登園準備
7:00 朝食 出勤準備
8:00 保育園へ出発
8:30 子どもを保育園へ見送り、職場へ出勤
9:00 午前の勤務開始(3時間)
12:00 お昼休憩
13:00 午後の勤務開始(3時間)
16:00 勤務終了 退勤
17:00 子どもを保育園にお迎え
18:00 帰宅 夕食準備
19:00 夕食
20:00 入浴 家族団らん
22:00 就寝

時短勤務は勤務時間が一定であるため、子どもの保育園の送り迎えも決まった時間に行うことができます。

育児や家事の時間とのバランスを取りながら、上手く時間配分して働いている保育士の方が多く見られます。

保育士が時短勤務で働くメリット・デメリット

保育士の方が時短勤務で働く場合は、制度のメリットに着目しがちですが、実際はデメリットも存在します。

ここでは、時短勤務のメリット・デメリットについて解説します。事前に把握しておくことで、調整や対策も行いやすくなるため、ぜひ確認してください。

【時短勤務で働くメリット】
〇メリット1:職場を変える必要性がない一度現場を離れてから復職することは、心身共に負担が掛かりますが、時短勤務制度を利用すると、職場を変えずに育児・家庭との両立を図ることができます。また、一定期間経過後は、フルタイムとしてそのまま同じ職場で働くこともできます。
ライフスタイルに合わせて勤務時間を調整できることは、時短勤務の大きなメリットと言えるでしょう。
〇メリット2:福利厚生は変わらずに利用できる時短勤務は正社員・契約社員を対象に勤務時間を短縮する制度であるため、福利厚生を引き続き利用することができます。
近年では人手不足解消のために福利厚生の充実に力を入れている園も多いため、時短勤務後を利用できることは大きなメリットと言えるでしょう。
【時短勤務で働くデメリット】
〇デメリット1:人間関係に影響を与える可能性がある保育園は複数の保育士が協力して働く職場です。そのため、職場環境によっては時短勤務について知見がない方や、時短勤務について快く思わない方がいる場合もあります。
時短勤務を利用することで、業務の分担や引継ぎなどで支障をきたしたり、人間関係の摩擦を生んだりする可能性があることがデメリットです。
〇デメリット2:給料は減ってしまう時短勤務は勤務時間を短縮する制度であるため、当然ながら短縮した分だけ給料は少なくなります。給料減額分の家計をあらかじめ見込むことが重要です。

時短勤務で働く場合に実践するべき2つの工夫

時短勤務は、育児や介護といった事情を抱えた方にとって非常に便利で有益な制度です。

しかし、勤務時間が限られているために、フルタイムとは違った難しさがあることが実情です。時短勤務で働く場合は、業務を効率よくこなす工夫が必要となります。

時短勤務で働く場合に意識しておきたい工夫は、下記の通りです。

【保育士が時短勤務で働く場合に工夫すべきポイント】
〇タスクの優先順位を付ける業務の効率化を行うためには、タスクの優先順位付けを行うことが基本です。
担当している業務に優先順位を付けることで、思考や行動が混線することがなくなり、次々と業務をこなすことが可能となります。また、ミスや失念を減らすことにも繋がるため、貴重な時間をロスすることを防ぐことができます。
毎日の出勤・退勤時にタスクを整理して、日々改善を重ねながら業務効率化に取り組むことがポイントです。
〇業務内容と進捗状況を明確化する時短勤務は時間が限られている性質上、一緒に働く保育士や退勤後に引き継ぐ保育士と上手く連携することも大切です。
タスク管理ができるようになったら、業務内容と進捗状況を他の保育士と共有できるようにしましょう。ホワイトボードやアプリケーションなど、全員が使いやすい方法で構いません。
業務内容と進捗状況を明確化して共有することで、連携や引継ぎもスムーズとなり、時短勤務でも働きやすい環境を構築することができます。

まとめ

時短勤務は制度が義務化されて以降、現在では広く一般に認知されていています。実際に時短勤務の制度を活用して活躍している産前・産後の保育士の方は多くいます。

時短勤務の制度は現在の職場を離れることなく、育児や家庭とのバランスを見てフルタイム勤務に復帰できることが大きなメリットです。

制度を利用するにあたってはフルタイムとは異なる難しさがありますが、ポイントを押さえることで働きやすさや業務効率は向上させることができます。

結婚・出産・育児といったライフイベントを控えている保育士の方は、ぜひ時短勤務についての理解を深めて、今後のキャリアプランに役立ててください。