202103_mie_detail_01.jpg

中部地方と近畿地方の間に位置する三重県は、名古屋と大阪をつなぐ中継地となっています。人口は大都市と比較すると多くありませんが、四日市市・津市・鈴鹿市・松阪市・伊勢市などに人口がバランスよく分散している点が特徴です。人口の分布に偏りの少ない三重県では、県内全体で保育士の求人が募集されているため、保育士の仕事を見つけやすくなっています。

また、三重県では子育て・少子化対策に力を入れており、保育士に対する補助も手厚いことが特徴です。この記事では、三重県における保育士事情から、三重県で保育士として就職・転職活動中の人が利用できる補助制度、求人探しのポイントまで紹介します。

三重県における保育士事情

三重県の保育士は、働きやすい職場環境と不満点の少ない給料で働けることが特徴です。三重県は人口が多くないものの愛知県や京都府と隣接しており、県内では待機児童も発生しているため、保育士の活躍できる場は十分にあります。

ここでは、三重県における保育士事情について、勤務時間・給料相場・求人状況の3点を解説します。

勤務時間

保育士は激務であるといわれやすい職業であり、勤務時間の長い施設では働きたくない人は多いでしょう。三重県における保育士の勤務時間は、下記の通りとなっています。

男性 161時間
女性 160時間
男女計 160時間

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

男性・女性・男女計の勤務時間は160時間~161時間であり、1日8時間・月20日勤務における勤務時間と同等の水準です。保育士の勤務時間は施設や雇用形態によって変動するものの、三重県では残業などが少ない環境で働けます。

三重県では施設によって勤務時間に大きな差がないため、勤務時間を短くしたい人は時短勤務を選択できる施設を探してみましょう。雇用形態にこだわりのない人は、シフト調整しやすいパート・非常勤の求人がおすすめです。

給料相場

三重県で保育士が受け取る給料は、施設形態や保育士自身の経歴だけではなく、地域による影響も受けます。三重県における保育士の給料相場は、下記の通りです。

三重県 約343万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

三重県における保育士の給料相場は約343万円であり、全国平均の約363万円と比較するとやや低めです。ただし、三重県は物価水準が大都市よりも低く、低めの給料相場であってもデメリットは大きくありません。また、三重県では保育士に対する手厚い補助制度があり、勤続を続けることで昇給もあるため、給料面の不満は出にくい環境です。

また、三重県の保育士求人では年収額にして400万円以上を提示している施設もあります。高収入の保育士として働きたい人は、求人サイトで条件を絞り込んで検索することがおすすめです。

求人状況

三重県では、待機児童解消に向けて県全体で保育園の整備を行っています。2020年4月時点で三重県の待機児童数は81人であり、2019年4月時点に比べて28人の減少となりました。しかし、地域ニーズの偏りなどによる待機児童の発生は継続しているため、三重県における保育士需要は依然として高い状況です。

出典:三重県「(1)子育て安心プラン実施計画における保育の利用状況と今後の取組について」/https://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000915519.pdf

三重県では、県庁所在地の津市や県内最大都市の四日市市を中心に、都市部で保育士求人が多く存在します。そのため、募集が多い都市部を中心に求人を調べると、豊富な選択肢から自分に合った職場を選べます。

三重県が進める保育士への補助・取り組み

三重県が進める保育士への補助・取り組み

保育士に対する補助・取り組みを利用することで、保育士としての働きやすさは大きく変わります。三重県では保育士に対する手厚い補助制度があるため、保育士が利用できる制度について理解しておきましょう。

ここでは、三重県が進める保育士への補助・取り組みについて解説します。

保育士就職支援準備金貸付制度

保育士就職支援準備金貸付制度は、保育士の人材確保を目的として、保育士資格を取得していながら保育士として働いていない人の再就職を支援する制度です。

対象者 下記の全応募要件を満たす人
・養成施設を卒業、もしくは保育士試験合格から1年以上経過し、保育士登録を行った人
・保育園を離職した、もしくは保育園における勤務経験がない人
・三重県内の保育園で新たに勤務し、週20時間以上を保育業務に従事する予定の人
貸付額 40万円(1人1回限り)
返還免除の条件 三重県の保育園へ就職して、継続して2年間保育士として勤務する

出典:三重県保育士・保育所支援センター「修学資金・就職支援準備金貸付情報」/https://mienohoiku.jp/kashitsuke/

本制度は、保育士として働きたい潜在保育士が利用できる内容となっています。貸付額は就職に伴う転居費用や被服費用など、保育士として働く上で必要と認められる費用に利用可能です。

保育士修学資金貸付制度

保育士修学資金貸付制度は、保育士の人材確保と定着を目的として、保育士を目指す学生の修学資金を貸付する制度です。

対象者 下記の全応募要件を満たす人
・三重県指定の保育士養成施設に在学している人
・経済的理由などにより、修学資金の貸付が必要と認められる人
・卒業後に三重県内の保育園において、原則として正規雇用の保育士として勤務する意思がある人
貸付額 月額5万円以内(最長2年間)
返還免除の条件 養成施設の卒業後、三重県の保育園へ就職して、継続して5年間保育士として勤務する

出典:三重県保育士・保育所支援センター「修学資金・就職支援準備金貸付情報」/https://mienohoiku.jp/kashitsuke/

本制度は、日本学生支援機構の奨学金制度や、三重県社会福祉協議会の生活福祉資金制度と併給できることが特徴です。募集人数は例年20~30名程度であり、募集が埋まる可能性もあるため、利用したい人は早めに応募しましょう。

三重県保育士等キャリアアップ研修

三重県保育士等キャリアアップ研修は、保育士の職場における待遇向上と、職務内容に応じた専門性の強化を目的とした研修制度です。研修内容は大きく分けて「専門分野別研修」「マネジメント研修」「保育実践研修」の3種類があります。

対象者 各研修において応募要件を満たす人
(1)専門分野別研修
保育現場の専門分野においてリーダー的な役割を担う、もしくは担うことが見込まれている人
(2)マネジメント研修
リーダー的な役割を担った経験があり、主任保育士の下でサブリーダーの役割を担う、もしくは担うことが見込まれている人
(3)保育実践研修
保育の実務経験が少ない、もしくは保育士を離職して長期間が経過している人
受講料 無料(ただし、教材購入にかかる実費相当部分は受講者が負担する)

出典:三重県「三重県保育士等キャリアアップ研修にかかる実施状況について」/https://www.pref.mie.lg.jp/SHOSHIKA/HP/m0329700009.htm

本制度で規定の研修を修了することで、副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダーへのキャリアアップに必要な条件を満たせます。処遇改善加算による給料アップが狙えるため、保育士としての成長を目指す人は受講することがおすすめです。

【三重県】保育士求人を探す際のポイント

保育士求人を探す際のポイント

三重県は保育士の仕事が見つけやすく、とくに四日市市・津市・鈴鹿市が保育士求人数の多い地域です。三重県の保育士求人は、下記のポイントを参考に探しましょう。

〇保育経験に自信がない場合は未経験OKやブランク可の職場を選ぶ

三重県では認可保育園や企業主導型保育園を中心に、「未経験OK」や「ブランク可」の保育士求人が多く存在しています。「子どもたちと馴染めるか」など仕事に不安を感じる人は、県の支援制度を活用して、働きやすい職場を探しましょう。

〇自治体ごとの支援制度をチェックする

三重県では県が実施する各種支援制度以外にも、自治体が独自に保育士への支援制度を実施しています。三重県の全市町村で独自の支援制度があるわけではありませんが、まずは職場のある自治体で支援制度がないかチェックしましょう。

〇しっかり稼ぎたいなら待遇・各種手当充実の求人を選ぶ

三重県で保育士として高収入を得たい人は、求人内容の待遇・各種手当もチェックしましょう。年収・月収額は平均的な職場であっても、賞与や勤務手当・地域手当・住宅手当などの支給により収入アップを期待できるケースがあります。

三重県で保育士の求人を探している人は、「マイナビ保育士」をご活用ください。マイナビ保育士は、三重県の保育士求人を多数掲載しており、非公開求人も数多くあります。また、保育士転職のプロであるアドバイザーが、求人探しや履歴書作成のサポートを実施しております。

三重県において保育士として働きたい人は、保育士の就職・転職に強いマイナビ保育士をご利用ください。

まとめ

三重県で働く保育士は、無理なく働ける勤務時間と、不満点の少ない給料相場が特徴です。三重県は待機児童の解消に向けた取り組みを行っており、保育士の需要も高い状況となっています。

三重県で保育士として働く際は、三重県が進める保育士への支援制度を把握しておきましょう。支援制度は保育士の人材育成からキャリアアップ、再就職支援まで手厚い内容が揃っています。

三重県で自分に合った保育士求人を探す際は、専門のアドバイザーによるサポートを利用できるマイナビ保育士をぜひご活用ください。

※当記事は2021年1月現在の情報を基に作成しています