202104_saitama-auxiliary.jpg

埼玉県では、自治体および保育園が保育士不足の解消と定着を図るために、保育士に対するさまざまな補助・支援を実施しています。中でも、家賃補助や社宅制度は保育士の負担が減ることにつながるため、人気の高い待遇です。

今回は、埼玉県の家賃補助・社宅制度・住宅手当がある保育園の求人状況を解説します。埼玉県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策や、エリア別における保育士の求人状況と家賃相場も紹介するため、埼玉県で保育士を目指している方は参考にしてください。

埼玉県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

下記は、埼玉県における保育士の全求人数と、「家賃補助あり」「社宅制度あり」「住宅手当あり」の求人数の合計を記した表です。

埼玉県における保育士の求人状況
全求人数 1,615件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約960件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

埼玉県では、全求人数の約60%の求人が、住まいに関する支援を行っています。県内全体で見ると、埼玉県は保育士の住まいに対する支援が非常に充実している地域です。

ここからは、家賃補助・社宅制度・住宅手当がある求人の特徴や、金額の相場などの傾向を解説します。

●家賃補助のある求人
埼玉県において、家賃補助のある求人は求人全体に占める割合こそ少ないものの、手厚い補助を受けられる傾向にあります。家賃補助の相場は、上限80,000円/月と高額に設定されている保育園が見られます。住まいを自由に選びたい方は、家賃補助のある求人をチェックしてみましょう。

●社宅制度のある求人
社宅制度は、保育園や運営元が契約している物件に住むことができる制度です。住む場所を自由に選ぶことはできませんが、保育士の負担が減るメリットがあります。埼玉県では社宅制度のある求人が239件と多いため、エリアの選択肢を多く持つことが可能です。

●住宅手当のある求人
住宅手当は、家賃補助や社宅制度ほどの金銭的な恩恵はありません。しかし、埼玉県では住宅手当を支給する保育園が非常に多いことから、金銭的な負担を軽減したい場合は積極的に利用しましょう。相場は10,000~30,000円程度です。

【保育士向け】埼玉県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

時の鐘

埼玉県では保育士の負担を少しでも減らせるよう、さまざまな支援が実施されています。家賃補助や社宅制度の支援策が充実しているため、条件などをよく確認したうえで、積極的に活用することがおすすめです。

ここでは、埼玉県が実施する家賃補助や社宅制度の支援策について解説します。

保育士宿舎借り上げ支援事業

保育士宿舎借り上げ支援事業とは、保育士に宿舎を提供する民間の保育施設に対し、さいたま市が国や県の補助制度を活用して費用の一部を補助する制度です。同制度を利用することにより、保育施設の福利厚生を充実させ、保育士人材の確保・定着を図る狙いがあります。

対象施設 さいたま市内の民間認可保育所・認定こども園・地域型保育事業
対象者 対象施設に勤務する常勤の保育士(採用から10年以内の方)
※施設長や住宅手当を支給している職員は対象外
対象物件 対象施設および運営者が保育士用の宿舎として借り上げているさいたま市内の物件
対象経費 賃借料・共益費・管理費
補助金額 ・新設園の場合:対象経費から本人負担額を引いた金額の7/8
・既設園の場合:対象経費から本人負担額を引いた金額の13/16
補助対象となる条件 下記の3点を満たしている
・法人などが対象宿舎を借り上げている
・対象施設で対象職員を雇用している
・対象宿舎に対象職員が居住している

(出典:さいたま市「保育士宿舎借り上げ支援事業を実施しています」/ https://www.city.saitama.jp/003/001/015/006/001/p045968.html

保育士宿舎借り上げ支援事業は、保育施設を対象とした補助制度ではありますが、実質的には対象施設で働く保育士が恩恵を受けられる制度です。補助金額が多い制度のため、保育士の負担軽減が期待できます。

潜在保育士再就職準備金貸付

潜在保育士再就職準備金貸付は、埼玉県内の保育施設などに勤務する潜在保育士の方を対象に、就職のための準備金を無利子で貸し付ける制度です。家賃補助に関する制度ではありませんが、引っ越し費用や身の回りの物を揃えることに利用できます。

潜在保育士の方の就職・再就職をスムーズにすることで、保育士が不足している状態を改善することが期待されます。

対象者 埼玉県内の保育所などに短時間勤務しており、下記の条件をすべて満たす保育士の方
・10時間以上20時間未満/週の勤務
・県内の保育所などに令和2年4月1日~令和3年3月31日の間に勤務する方
・保育士登録から就職日の間の期間に保育士として勤務していない
・勤務経験がある場合は退職後から新たに勤務するまでに勤務していない期間がある
対象人数 60名
貸付金額 最大20万円(就職準備金として)
申請方法 ホームページから必要書類をダウンロードして市町村の保育担当課に提出
返還免除要件 埼玉県内の保育所に2年間保育士として継続的に従事した場合

(出典:埼玉県福祉人材センター「潜在保育士就職準備金貸付」/ https://jinzai.fukushi-saitama.or.jp/hoikuloan_12.html

短時間勤務で保育施設に就職する場合は、正職員ほどの支援や補助を受けられないことが少なくありません。埼玉県が実施する潜在保育士就職準備金貸付は、2年間勤務すると返還が免除されるため、保育士の方にとって有益な制度と言えるでしょう。

【市区町村別】埼玉県の保育士求人状況と家賃相場

埼玉県では、保育士の求人数・家賃相場ともにエリアによって大きな差があります。ここでは、埼玉県で保育士の求人数が多いエリアと家賃相場について解説します。家賃補助や住宅手当のある保育士求人を探す場合は、エリアの傾向を把握することが重要となるため、参考にしてください。

下記は、埼玉県で保育士の求人数が多いエリアの保育士求人数と、家賃相場を比較した表です。なお、家賃相場は不動産・住宅サイトを、保育士求人数はマイナビ保育士を参照しています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
川口市 約6.6万~6.8万円 138件
越谷市 約5.4万~6.4万円 100件
さいたま市浦和区 約6.3万~8.5万円 83件
さいたま市南区 約7万~7.6万円 83件
川越市 約4.8万~6.6万円 58件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

都心に近く人口密度の高い川口市やさいたま市浦和区、さいたま市南区における保育士の求人数が多い状態です。越谷市・川越市は都心から少し離れているものの、東京のベッドタウンとして人気が高いため同様の傾向が見られます。人口密度が高いほど、子どもを保育園に預けたい世帯の数が増えることが主な理由です。

都心に近いエリアでは、家賃を含む生活費が高い傾向にあります。そのため、各保育施設では給料や待遇を優遇し、積極的に保育士を確保しようという動きが見られます。家賃補助や住宅手当が充実している求人も多いため、保育士として働きたい方にとって、埼玉県は狙い目の地域と言えるでしょう。

家賃を少しでも抑えたい方や、住みやすさを重視する方は、越谷市・川越市を勤務地として検討することがおすすめです。

まとめ

埼玉県は、家賃補助・社宅制度・住宅手当といった住まいに関するサポートが充実した地域です。住まいへの出費は生活費の多くを占めるため、これから保育士として働きたい方にとって、埼玉県は非常に恵まれた環境となっています。

家賃補助・社宅制度・住宅手当が充実した求人を探すなら、優良求人を多く掲載している転職情報サイト「マイナビ保育士」をご利用ください。仕事内容から待遇面までを含め、満足度の高い求人を検索することができます。

キャリアアドバイザーによる転職サポートも提供しているため、転職経験がない方でも安心して転職活動を進めることが可能です。

※当記事は2021年3月現在の情報を基に作成しています

埼玉県の求人情報はこちら