202104_hyogo-auxiliary-thumb.jpg

家賃補助や社宅制度、住宅手当のある職場では、住宅にかかる費用の補助を受けることができます。家賃補助は職員が住む住宅の家賃の一部を施設側が負担し、住宅手当は決まった金額が給与として職員に支給されます。社宅制度は施設の所有している職員寮や借り上げ社宅に、少ない負担で住むことができます。

当記事では、兵庫県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人について解説します。また、兵庫県が実施する住宅関連の支援策や、県内の保育士求人状況・家賃相場も紹介するため、兵庫県で保育士を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

兵庫県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

まずは、兵庫県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況について解説します。

下記は、兵庫県における保育士の全求人数と、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数をまとめた表です。なお、各制度や待遇ごとの求人情報の絞り込みは、フリーワード検索を使用しています。

兵庫県における保育士の求人状況
全求人数 1,076件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約360件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

兵庫県の保育士求人数は、1,076件です。また、兵庫県の保育士求人のうち、「家賃補助あり」「社宅制度あり」「住宅手当あり」の条件に該当する求人は約360件です。

ただし、上記の数値は2021年3月時点の情報であり、非公開求人の数や保育士の就労状況などによって変動するため、あくまで参考程度に留めてください。

続いて、兵庫県で住宅関連の支援策を実施している保育士求人の特徴を解説します。

●兵庫県における「住宅手当あり」の保育士求人の特徴
兵庫県では、住宅手当が充実している求人が多くみられます。

厚生労働省によると、令和2年時点で全国の住宅手当を支給している企業の割合は47.2%、支給額の平均は1.8万円です。

(出典:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査 結果の概況」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/20/index.html

一方、兵庫県における保育士求人の住宅手当の相場は月額約1万~3万円で、職場によっては3万円以上の手当がつくケースもあります。そのため、兵庫県では全国平均よりも高い額の住宅手当を期待できるといえます。

ただし、扶養家族の人数や住宅ローンの支払額によって、住宅手当の額は変動する点に留意してください。

●兵庫県における「社宅制度あり」の保育士求人の特徴
社宅制度は、企業側が借りている賃貸物件に通常よりも、安い家賃で住むことができる制度です。社宅制度を導入している職場で働く場合、企業側が補助する家賃額の上限と、入居する家賃との差額を自己負担する形となります。

兵庫県には、借り上げ社宅制度の上限額が7万円や8万円の保育施設が多く、自己負担料が実質無料となるケースも少なくありません。

社宅制度のある求人は、自分で物件を探す手間や敷金・礼金の支払いが必要ない上、所得税や社会保険料が引かれないことがメリットです。ただし、企業から住宅を指定される場合もあり、必ずしも希望の物件に入居できるわけではないというデメリットもあります。

【保育士向け】兵庫県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

神戸タワー

兵庫県では、県やそれぞれの市において、待機児童ゼロに向けて、保育士の資格を持ちながら保育士として働いていない人の就職を促すための保育士支援を行っています。

保育士支援を利用することで、経済的な負担を大幅に軽減することが可能です。金銭面で保育士として働くことに悩んでいる人は、積極的に活用することをおすすめします。

以下では、「宿舎の借り上げ支援事業」と「就職準備金の貸し付け事業」の2つの取り組みについて解説します。

保育士等宿舎借り上げ支援事業

兵庫県では、神戸市をはじめとする市町区村で「保育士等宿舎借り上げ支援事業」が実施されています。保育士等宿舎借り上げ支援事業は、企業が借り上げた物件に安い家賃で住むことができる制度で、実質家賃が無料となるケースもあります。

ここでは、神戸市の保育士等宿舎借り上げ支援事業を例に解説します。神戸市の保育士等宿舎借り上げ支援事業の概要は、下記のとおりです。

対象者 下記のすべてを満たす保育士または保育教諭
・神戸市に住民登録をしている
・対象施設で週30時間以上働いている
・採用から7年以内である
・本人および同居者が住宅手当などを受けていない
補助金 月額8.2万円
※施設が借り上げている物件の賃貸料・共益費・管理費・礼金・更新料が対象
対象施設 公立を除く保育園・認定こども園・小規模保育事業・事業所内保育事業

(出典:神戸市こども家庭局 幼保振興課「神戸市のサポート」/ https://kobe-kn.jp/iine/)

当制度は神戸市以外に、尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・明石市・姫路市などでも実施されていますが、対象経費や補助額の月額上限などは就業を希望する自治体によって異なります。

また、保育士等宿舎借り上げ支援事業を利用できない保育施設もあるため、勤務希望の施設が支援対象施設かを事前に確認しておきましょう。


潜在保育士就職準備金貸付事業

「潜在保育士就職準備金貸付事業」は、保育士が再就職する際に必要な準備物の費用を貸し付ける制度で、最大40万円の補助金を受けることができます。

潜在保育士就職準備金貸付事業の概要は、下記のとおりです。なお、当制度の詳細は令和2年度の内容であり、令和3年度の募集は不明のため、申請の際は各自でご確認ください。

対象者 下記のすべてを満たす潜在保育士
・ 保育士資格を登録した後、対象の施設を離職した、または勤務経験がない
神戸市を除く兵庫県内の保育施設に、新たに保育士として週20時間以上勤務する
・兵庫県内の保育施設で、2年以上継続して保育士業務に従事する意志がある
・他の都道府県および県内で、就職準備金の貸し付けを受けていない
補助金 40万円(1人1回限り)
対象施設 神戸市を除く兵庫県内の保育施設

(出典:公益社団法人 兵庫県保育協会「令和2年度 保育人材確保対策貸付事業について」/ https://www.hyogo-hoikukyokai.or.jp/style_jinzai_kakuho_shushoku_jumbi.html

就職準備金は、就職のために必要な衣類や参考書・文房具、通勤時の自転車やバイク、子どもの保育園の入園で必要な布団や着替えといった商品の購入費として使用できます。また、健康診断や就業のために県外から兵庫県へ引っ越す際の費用も、就職準備金の対象として認められます。

ただし、貸付金を受給するためには、細かな条件を満たす必要があります。また、携帯電話や家電製品、家具など貸付費用の対象とならない費用もあるため、当制度を利用する際は、条件や貸付費用の対象をよく確認しておきましょう。

【市区町村別】兵庫県の保育士求人状況と家賃相場

下記は、兵庫県内で保育士求人が多い5市の家賃相場と、保育士求人数をまとめた表です。なお、家賃相場は不動産サイト・住宅サイトを参考に、保育士求人数はマイナビ保育士に掲載している求人数をもとに作成しています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
神戸市 約5.5万~7.2万円 404件
西宮市 約6.3万~7.5万円 149件
尼崎市 約5.3万~6.8万円 128件
明石市 約5.2万~6.3万円 77件
姫路市 約5.0万~6.3万円 55件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

保育士求人数は神戸市がもっとも多く、次いで西宮市、尼崎市が多くなっています。神戸市や・西宮市・尼崎市など、都市部に近い市で保育士求人数が多い一方、人口は多いものの都市部から離れている明石市・姫路市は、保育士求人数が少ない傾向です。

兵庫県で保育士求人が多いエリアの家賃相場は約5.0万~7.5万円で、都市部に近い神戸市・西宮市・尼崎市で高くなっています。とくに西宮市は住みたい街に選ばれるなど人気の高いエリアのため、家賃相場は他の市と比べて高い傾向です。同じ県でも地域によって家賃の高低差があるため、自分で住宅を探す場合は十分なリサーチが必要となります。

まとめ

兵庫県では、全国平均よりも高い額の住宅手当を期待できる保育士求人が多数あります。また、社宅制度を導入している施設では、自己負担料が実質無料となるケースも珍しくありません。金銭面に不安がある場合は、兵庫県が実施する家賃補助・社宅制度を利用することで、気持ちよく仕事をはじめることができるでしょう。

兵庫県内で保育士求人が多いエリアは、神戸市・西宮市・尼崎市・明石市・姫路市です。エリアによって家賃相場は大きく異なるため、自分で住宅を探す際は、入念にリサーチしましょう。

兵庫県で保育士として就職・転職することを検討している人は、マイナビ保育士の「転職サポート」の利用がおすすめです。マイナビ保育士では、履歴書・職務経歴書・志望動機や応募封筒の書き方、面接マナーなどのサポートを提供しております。兵庫県で保育士を目指している人は、ぜひご相談ください。

※当記事は2021年3月現在の情報を基に作成しています