202104_hokkaido-auxiliary-thumb.jpg

北海道は日本最北端に位置する都道府県であり、冬場は厳しい寒さに見舞われるエリアです。しかし、のどかな自然環境が魅力的なエリアでもあり、のんびりと子育てをしたい人から人気が高くなっています。

北海道では、保育士が少しでも働きやすい環境を整えるために、さまざまな支援策を実施しています。保育士として勤務する際は、支援策などの情報を事前に集めておきましょう。

今回は、北海道における家賃補助・社宅制度・住宅手当の保育士求人状況を解説します。北海道が実施する支援策や、市区町村別の家賃相場も紹介するため、北海道で保育士を目指す人は参考にしてください。

北海道における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

広大な土地を擁する北海道では、札幌市や旭川市といった大きな都市はもちろん、猿払村のような小さな村でも待機児童が発生しています。

(出典:北海道「北海道における保育所等利用状況について(令和2年10月1日現在:速報値)」/ http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/R2.10.1taikijidou_top.pdf

そのため、北海道では都市部から農村部に至るまで、保育士需要が高い状態です。

マイナビ保育士においても、正社員や契約社員、パート・アルバイトなど、たくさんの保育士求人が出されています。下記は、北海道における保育士の求人状況をまとめた表です。

なお、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数は、各制度・待遇をフリーワード検索で絞り込んで算出しました。

北海道における保育士の求人状況
全求人数 331件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約118件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

北海道では、全求人数の約1/3において、家賃補助・社宅制度・住宅手当があります。北海道にある多くの保育施設は、保育士に気持ちよく働いてもらえるよう、住宅にまつわる手当の充実を図っている状態です。

家賃補助・社宅制度・住宅手当がある北海道の保育士求人の特徴は、以下のとおりです。


●家賃補助・住宅手当の相場は月額15,000円前後

北海道の保育施設が出す家賃補助・住宅手当の月額は、5,000~30,000円までのように施設や勤務地によって大きな幅があります。北海道全体における家賃補助・住宅手当の相場は、月額15,000円前後が多い傾向です。

なお、多くの保育施設は世帯主や単身者など、特定の条件を満たす職員にのみ家賃補助・住宅手当を支給しています。家賃補助・住宅手当のある保育士求人を探す際は、手当の支給条件をしっかりチェックしてください。

●寒冷地手当・燃料手当の支給
北海道は冬の寒さが厳しい地域であるため、保育施設によっては冬期間にのみ寒冷地手当・燃料手当が支給されます。寒冷地手当・燃料手当の相場は、月額10,000円前後です。

寒冷地手当・燃料手当がある保育施設は、特に都市部に集中しています。そのため、寒冷地手当・燃料手当を得たい人は、都市部を中心に保育士求人を探してみましょう。

【保育士向け】北海道が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

愛知県オアシス

北海道では、保育施設のみならず各自治体も家賃補助や社宅制度を設けています。住居にまつわる保育士支援が手厚い自治体であれば、家賃の負担が少なくなり安心して働くことができるでしょう。

ここでは、北海道が実施する家賃補助・社宅制度の支援策を2つ紹介します。

保育士宿舎借り上げ支援事業

北海道では、旭川市をはじめとするさまざまな市区町村が、保育士の家賃負担を軽減するために「保育士宿舎借り上げ支援事業」を実施しています。対象者や補助額などの詳細は下記のとおりです。

対象者 下記のすべての条件を満たす保育士
・2017年以降、指定保育士養成施設を当該年度から起算して5年前の年度初日以降に卒業した者。または、保育士試験の合格によって保育士資格を取得した保育士で2020年4月1日以降に保育士証に登録された者
・事業者から新規採用された者
・1日6時間以上、月に20日以上勤務する者
・世帯主である者
・施設長や法人役員でない者
・住居手当などを支給されておらず、また、住宅手当などを支給されている同居者がいない者
・補助対象期間中に特段の事情がなく、借り上げ宿舎から転居したことがない者
補助額 補助基準額と補助対象経費の実支出額から寄付金その他の収入額を差し引いた額とを比較し、いずれか少ない額の合計額に補助率を乗じて得た額
・補助基準額:宿舎1戸あたり月額48,000円(2019年度に補助対象保育士であり、引き続き補助を受ける場合は50,000円)
・補助率:3/4
助成期間 指定保育士養成校を卒業した日の翌月または保育士試験に合格し、保育士証に登録された日の翌月から起算して60ヶ月

(出典:旭川市「旭川市保育士宿舎借り上げ支援事業」/ https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/500/548/kosodate/osirase/d063894.html)

同事業の補助金は、保育園や認定こども園などの保育事業者に交付されます。同事業の利用を希望する人は、保育事業者に補助金の申請を打診してください。


就職準備金貸付事業

北海道は、新たに保育士として働く人が引っ越し費用などに活用できる費用を無利子で貸し付ける、「潜在保育士就職準備金貸付事業」を実施しています。対象者や補助額などの詳細は下記のとおりです。
対象者 下記のすべての条件を満たす保育士
・札幌市を除く北海道内の保育所などに新たに勤務し、保育士として週20時間以上勤務する者
・保育士登録後1年以上経過している者。または、保育士登録が行われてから1年未満の者で、養成施設の卒業もしくは保育士試験合格から1年以上経過している者
・保育所などを離職してから1年以上経過している者。また、これまで保育所などに勤務経験がない者
貸付金額 400,000円以内
返還免除の条件 ・全額免除:札幌市を除く北海道内の保育所などで2年間引き続き保育士として従事したとき
・一部免除:札幌市を除く北海道内の保育所などで1年間以上保育士として従事したとき

(出典:北海道社会福祉協議会「就職準備金貸付」/ http://www.dosyakyo.or.jp/hoikukakuho/hoikukakuho_4.html

令和2年度は令和3年3月26日で応募が終了しています。令和3年度の募集は明らかになっていません。

【市区町村別】北海道の保育士求人状況と家賃相場

家賃の負担を気にすることなく保育士として働きたい場合は、保育士の需要が高く、家賃相場が低いエリアで求人を探すことがおすすめです。

札幌市のなかでも特に求人が多いエリアと、エリアにおける1K/1DKの家賃相場は下記のとおりです。なお、家賃相場は不動産・住宅サイトを参考に算出し、保育士求人数はマイナビ保育士に掲載されている求人数を引用しました。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
札幌市中央区 約4.5万~5.5万円 56件
札幌市東区 約3.7万~5万円 46件
札幌市西区 約3.7万~5万円 44件
札幌市北区 約4.3万~5.2万円 40件
札幌市白石区 約3.3万~4.8万円 32件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

上記に記載したエリアは、北海道内ではもちろん、札幌市内でも特に人口が集中しているエリアです。人口が多いことにともない、待機児童数が多く発生しているエリアでもあります。

2020年10月現在におけるそれぞれのエリアの待機児童数は、下記のとおりです。

待機児童数
札幌市中央区 38
札幌市東区 28
札幌市西区 43
札幌市北区 36
札幌市白石区 43

(出典:札幌市「令和2年度 保育所入所待機児童の状況について」/ https://kosodate.city.sapporo.jp/material/files/group/1/201130_1001taiki.pdf

人口が多いエリアほど家賃相場が高くなり、待機児童も発生しやすくなっています。そのため、保育士の需要も高くなる傾向です。

なお、札幌市東区・札幌市西区は、保育士需要の高さに対して家賃相場が低いエリアです。費用面の負担を抑えたい人は、札幌市東区や西区にある求人を探してみましょう。

まとめ

今回は、北海道における家賃補助・社宅制度・住宅手当の保育士求人状況や、家賃相場などを解説しました。

北海道では家賃補助に加えて、寒冷地手当や燃料手当がある保育施設の求人が出されています。また、自治体が実施する支援策を活用すれば、家賃や引っ越し費用の負担を最小限に抑えることが可能です。

マイナビ保育士には、北海道の保育士求人がたくさん掲載されています。「転職サポート」では履歴書の書き方や面接マナーなどをお伝えするため、転職活動に不安のある人はぜひご活用ください。

※当記事は2021年3月現在の情報を基に作成しています

北海道県の求人情報はこちら