20210507_yamakuchi_main_01.png

山口県は、温暖な気候と豊かな自然、そして壇ノ浦をはじめとする史跡にも恵まれた自治体です。そのため、山口県で保育士として働くことで、仕事もプライベートも充実したものにできます。ただ、山口県で実際に働きたいと考えている場合は、自然環境や都市の発展度だけではなく、どれほどの給料をもらえるかも気になるでしょう。

そこで、今回は山口県における保育士の給料相場や給料が高い市区町村、保育士に対する支援・補助制度を紹介します。山口県で保育士として働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

【山口県】保育士の給料相場|全国平均との比較

山口県は人口が少なく、都市化があまり進んでいない地域であるため、保育士の給料相場があまり高くないのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、山口県における保育士の給料相場は、全国平均と比較すると決して低いとは言えません。全国および山口県における保育士の給料相場は、下記に示すとおりです

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
山口県 約376万円 約25万円 約71万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

2019年の山口県における保育士の平均年収は、全国平均よりも高い約376万円となっています。全国平均よりも高いだけではなく、中国・四国地方にある他の県と比べても高い水準にあると言えます。

ただし、上記の金額は保育所や幼稚園、認定こども園といった施設形態や運営形態などの条件によって異なる場合があります。そのため、上記の金額は、あくまでも参考程度に留めておいてください。

なお、保育士の給料は年齢・経験・スキルなどを考慮して決定されることが一般的です。そのため、ブランクがあるものの保育経験者であったり、保育士だけではなく幼稚園教諭免許などの資格を持っていたりすると、より高収入を実現できる可能性があります。

山口県の保育士求人をチェックする際には、初任給や手当・賞与の有無はもちろん、自分のスキル・経験を活かせる職場であるかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

山口県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

山口県内において保育士の給料相場が特に高い市区町村は、下記のとおりです。なお、下記の数値は「マイナビ保育士」の求人情報から算出したものであるため、実際の支給額とは多少異なる可能性があります。

下関市 大島郡周防大島町 美祢市 防府市 宇部市
年収 約288万~400万円 約304万~352万円 約288万~320万円 約272万~320万円 約256万~288万円
月収
(※)
約18万~25万円 約19万~22万円 約18万~20万円 約17万~20万円 約16万~18万円

(※)手当・賞与分を含めていません

山口県内で保育士の給料相場が最も高い市区町村は、県内最大都市の下関市です。他の市区町村と比べて、高収入を期待できます。

下関市に次いで保育士の給料相場が高い市区町村は、大島郡周防大島町です。他のエリアと比較して、あまり都市化が進んでいない地域ですが、給料相場は非常に高い水準にあると言えます。


エリアにより給料に差が出る理由

山口県内における保育士の給料相場は、日本海側よりも下関市や大島郡周防大島町をはじめとする瀬戸内海側で高くなっています。

エリアによって給料に差が出る理由は、エリアによって待機児童数に差があるためです。山口県は人口が集中するエリアに偏りがあります。瀬戸内海側には下関市をはじめとする大きな都市が多数栄えていますが、日本海側には比較的小さな自治体しかありません。

下関市をはじめとする比較的人口が多い都市は、待機児童問題が発生しやすい傾向にあります。保育士の需要は、人口が多く、待機児童問題が発生しやすいエリアで高まります。

保育士の需要が高いエリアでは、各施設が人材を獲得するために、給料などの待遇が向上します。そのため、待機児童が発生し、保育士の需要が高い瀬戸内海側では、保育士の給料水準が高くなります。

また、保育士の給料など待遇は、各自治体の保育政策や保育士支援制度によっても、差が生じるものです。保育士の獲得について、積極的に関与する自治体では、保育士の給料相場は高くなります。

保育士を確保するための効果的な方策として多くの自治体が実施している制度は、手当の拡充です。各種手当を手厚くすることで、保育士が手にする収入を増やしています。

山口県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

山口県

山口県は、県民に質の高い保育サービスを提供することを目的として、保育士に対する支援・補助制度の拡充に努めています。そのため、金銭的不安を抱えている人でも、安心して保育士の仕事に就職・転職することが可能です。

ここでは、山口県が保育士に対して実施している経済的な支援・補助制度について詳しく紹介します。

保育士修学資金貸付

山口県では、保育士養成施設に在学する学生に対して、無利子で学費を補助する「保育士修学資金貸付制度」を実施しています。保育士修学資金貸付制度の概要は、下記のとおりです。

対象者 山口県知事が指定する保育士養成施設に在学し、卒業後保育士として山口県内の保育所などで児童の保育に従事する意思がある人
貸付期間 最長2年間
貸付額 ・学費への補助:月額50,000円以内
・入学準備金:養成施設入学年度の初回貸付時に限り、200,000円以内
・就職準備金:卒業時に限り、200,000円以内
返還免除の条件 養成施設を卒業して1年以内に保育士登録を行い、下記の条件を満たすこと
・山口県内の保育所などで5年間従事する
・山口県内の過疎地域にある保育所などで3年間従事する
・入学時に45歳以上で離職して2年以内の人は、山口県内の保育所などで3年間従事する

(出典:山口県福祉人材センター「保育士修学資金貸付」/ http://yamaguchi-fjc.jp/subsidy/hoikushisyugaku/

なお、保育士修学資金貸付制度の令和2年における受付は、終了しています。令和3年以降の実施に関する詳細については、山口県福祉人材センターのホームページを確認してください。


保育士就職支援金貸付

山口県では、保育士資格を持ちながらも保育業務に従事していない潜在保育士への支援を目的に、「保育士就職支援金貸付制度」を実施しています。保育士就職支援金貸付制度には、「保育料の一部貸付」「就職準備金貸付」「子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付」という3つの貸付制度があります。自分の状況に応じて、適切な支援金貸付制度を利用しましょう。

対象者 【保育料の一部貸付】
山口県内の保育所などで週20時間以上勤務する未就学児を持つ保育士
【就職準備金貸付】
下記のすべてに該当し、山口県内の保育所などで週20時間以上勤務する保育士
・保育所などでの勤務経験がない人
・新卒採用を除き、保育所などで新たに勤務する人
・福祉人材センター・山口県保育士バンクに登録を行う人
【子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付】
未就学児を持ち、子どもの預かり支援に関する事業などを利用して、山口県内の保育所などで勤務する保育士
貸付期間・回数 【保育料の一部貸付】
勤務開始日から1年以内
【就職準備金貸付】
1回限り
【子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付】
2年間以内
貸付額 【保育料の一部貸付】
月額27,000円以内(保育料の半額)
【就職準備金貸付】
400,000円以内
【子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付】
年額123,000円以内(利用料金の半額)
返還免除の条件 山口県内の保育所などで保育士として2年間従事すること

(出典:山口県福祉人材センター「保育士就職支援金貸付」/ http://yamaguchi-fjc.jp/subsidy/childminder-support/

なお、保育士就職支援金貸付の令和2年における受付は、終了しています。令和3年以降の実施に関する詳細については、山口県福祉人材センターのホームページを確認してください。

まとめ

山口県における保育士の平均年収は約376万円、平均月収は約25万円、手当・賞与は約71万円と、いずれも全国平均を上回っています。そのため、山口県で保育士として働く場合、比較的高い収入を期待することが可能です。

また、山口県が実施している「保育士就職支援金貸付」や「保育士修学資金貸付」を利用することで、金銭的な負担を心配せずに保育士を目指したり、働き始めたりできます。

マイナビ保育士では、公開求人だけではなく、数多くの非公開求人も掲載しております。山口県で保育士として働きたい人は、ぜひマイナビ保育士をご利用ください。

※当記事は2021年3月現在の情報を基に作成しています

山口県の保育士求人情報はこちら