202105_kagoshima_detail_01.jpg

鹿児島県は、保育士の復職支援研修会「たのしい保育」を開催するなど、保育業界の人材確保に向けた活動を積極的に推進します。鹿児島県や市区町村主導の人材確保施策の進行する現在は、心身ともに負担の少ない職場を探すための好機です。

当記事では、鹿児島県で就職・転職したい保育士に向けて、地域の保育事情を解説します。鹿児島県で理想の就職・転職を叶えるためのポイントを知り、納得のいくキャリアの実現に向けた一歩を踏み出しましょう。

鹿児島県における保育士事情

鹿児島県は他の都道府県同様に保育士不足を抱えて、人材確保を急ぐ地域に該当します。一部の保育所等が独自の処遇改善に取り組むことを示すデータもあり、保育士の就職・転職に追い風の吹くタイミングです。

以下では、鹿児島県の保育事情をより詳しく紹介します。

勤務時間

鹿児島県で働く保育士の平均的な労働時間は、1ヶ月あたり165時間です。全国的な平均労働時間を下回り、保育士にとって働きやすい都道府県と判断できます。

男性 170時間
女性 164時間
男女計 165時間

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

ただし、鹿児島県で働く保育士の中には、労働時間の長さに不満を感じる人もいます。就職・転職する際は、残業時間や持ち帰り作業の量をあらかじめ確認し、ミスマッチを防いでください。

給料相場

鹿児島県で働く保育士の平均年収は約343万円です。全国的な平均数値よりわずかに低いものの大差はなく、「著しく低年収」とはいえません。

鹿児島県 約343万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

なお、保育士の平均年収は個人の経験年数やスキル、年齢などに応じて変化します。経験豊富な保育士は、保有資格や免許、自分自身の市場価値をアピールすることで、平均年収以上の待遇を得ることも可能です。

求人状況

2020年4月時点における鹿児島県の待機児童数は322人であり、前年同月比で27人減少しました。しかし、待機児童率は0.75%と九州地域で2番目に高い水準で、十分な人数の保育士確保が急がれています。

(出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)」/https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000678692.pdf

鹿児島県の保育士求人数には、認可保育園や院内保育所、認定こども園など多様な施設形態・仕事内容の募集が含まれ、希望するキャリアプランに応じたものを選択できます。

また、鹿児島県では、非常勤・パートなど正社員以外の働き方を認める保育所等を探すことも可能です。「土日休み」「残業少なめ」など、ワークライフバランスを重視する人向きの保育士求人も少なからず見られるため、柔軟な働き方を実現できる可能性が高いといえます。

鹿児島県が進める保育士への補助・取り組み

鹿児島県が進める保育士への補助・取り組み

都道府県ごとに設ける保育士への補助・取り組みを利用することで、働きやすさは変化します。鹿児島県で就職・転職活動を進める前に、自分自身の利用できる補助・取り組みを知ることは大事な準備です。

以下では、鹿児島県の補助・取り組みの中から3つ取り上げ、詳細を紹介します。

保育士修学資金貸付

保育士修学資金貸付は、鹿児島県の地域社会に貢献できる人材を育成する目的から運営される制度です。指定の大学・専門学校・短大などの修学資金を無利子で貸与を受けることができます。

対象者 ・鹿児島県の指定する養成施設9校のいずれかに在学する人
・養成施設を卒業後、鹿児島県内の保育所等に就職する意思のある人
※その他、諸条件あり
貸付金 修学資金:月額5万円以内
入学準備金:20万円以内
就職準備金:20万円以内
返還免除の条件 養成施設の卒業から1年以内に保育士登録を行い、鹿児島県内の保育所等にて5年間、保育業務等に従事する

(出典:鹿児島県社会福祉協議会「令和2年度鹿児島県保育士修学資金の御案内」/http://www.kaken-shakyo.jp/minsei/r2hoiku/r02hoikushugaku01.pdf

過疎地域の保育所等に就職する場合は、返還免除条件の5年が3年に短縮されます。詳細は社会福祉法人・鹿児島県社会福祉協議会に問い合わせ、自分自身の免除条件を調べてください。

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付は、未就学児を持つ保育士の就職・再就職を促進するための制度です。最長1年間、保育料の半額を無利子で貸与を受けることができます。

対象者 (1)または(2)を満たし、週20時間以上の条件で保育士として勤務する人

(1)鹿児島県の指定する保育所等に保育士として新たに就業する人
(2)鹿児島県内の保育所等に在籍し、産休・育休から復職する人

※鹿児島県の実施する復職支援研修「たのしい保育」への参加必須
貸付金 保育料の半額(27,000円/月)
返還免除の条件 全額免除:鹿児島県内の保育所等に2年間継続して、保育業務に従事する
一部免除:鹿児島県内の保育所等に1年間継続して、保育業務に従事する

(出典:鹿児島県社会福祉協議会「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付のご案内」/http://www.kaken-shakyo.jp/minsei/r2hoiku/r02hoimishugakuji02.pdf​

保育料の一部貸付は、2年間の継続勤務を前提に利用できる制度です。2年未満で退職すると、一部もしくは全額の返還義務が発生するため、注意しましょう。

就職準備金貸付

就職準備金貸付は有資格者の再就職を促進するための制度で、最高20万円の就職準備金を無利子で貸与してもらうことができます。

対象者 (1)〜(4)まで、すべての条件を満たす人

(1)鹿児島県の定める保育所等を離職、もしくは勤務経験のない人
(2)鹿児島県の定める保育所等に新たに勤務もしくは復職した人
(3)鹿児島県内の保育所等にて、週20時間以上の条件で勤務する人
(4)復職支援研修「たのしい保育」へ参加した人
貸付金 20万円以内
返還免除の条件 鹿児島県内の保育所等に2年間継続して、保育業務に従事する

(出典:鹿児島県社会福祉協議会「潜在保育士の保育所等就職のための就職準備金貸付のご案内」/http://www.kaken-shakyo.jp/minsei/r2hoiku/r02hoishushokujun02.pdf

就職準備金として認められる金銭には、就職・復職に伴う転居費用や通勤用の自転車・バイクの購入代金、職場復帰に向けて受講した講習や研修の受講料などが含まれます。就職・復職に際して幼稚園や保育所等を探す場合は、活動費用も対象です。

【鹿児島県】保育士求人を探す際のポイント

保育士求人を探す際のポイント

鹿児島県は保育士不足が見られる地域とはいえ、無計画に就職・転職することは、リスクの高い行為です。就職・転職先選びのポイントをふまえた上で、大きなやりがいを実感できる職場を選びましょう。

鹿児島県で保育士求人を探す際の主なポイントは、下記のとおりです。

〇しっかり稼ぎたい人は「各種手当充実」の保育士求人を選ぶ

鹿児島県には、通勤手当や住宅手当、扶養手当などの支給される保育士求人が見られます。各種手当充実の求人を選ぶことで手取り収入を増やすことができ、待遇重視の就職・転職の実現が可能です。

〇プライベートを重視する人は「非常勤・パート」の保育士求人を選ぶ

正社員以外の雇用形態も選択肢に含めることで、より自分らしく、生活リズムに合うスタイルで働くことが可能です。プライベートを重視する人・子育てや介護と仕事の両立を図る人は、非常勤・パートの求人も選択肢に含めて、就職・転職先を検討しましょう。

〇転職支援サービスを活用できる求人サイトを活用する

一部の求人サイト(転職サイト)では、経験豊富なキャリアアドバイザーによる転職支援サービスを提供しています。転職支援サービスを活用することで「自分に合う施設形態が分からない」などの悩みを解消でき、ミスマッチの回避が可能です。

マイナビ保育士の転職支援サービスは、完全無料で提供しております。無料会員登録を済ませるとキャリアアドバイザーからメールや電話が来るため、現状を伝えてください。「子どもたち一人ひとりとの関わりを重視したい」「ブランク歓迎の募集はないか」など自分自身の考えやこだわり条件を伝え、非公開求人の紹介を受けることも可能です。

マイナビ保育士の転職支援サービスでは、キャリアプランの相談から面接や見学の日程調整、アフターケアまで、一連のサポートを提供しております。キャリアアドバイザーと二人三脚で活動を進め、効率的かつ満足度の高い就職・転職を実現しましょう。

まとめ

今回は、鹿児島県の保育士事情と求人の選び方、保育士資格取得を目指す学生や子育て中の保育士、就職や復職を目指す人の利用できる貸付制度について解説しました。

鹿児島県は多様な施設形態の保育士求人が見られて、待遇のよい条件を提示する保育所等もある地域です。

鹿児島県全体が保育士不足である現在、就職・転職の好機といえます。まずはマイナビ保育士の無料会員登録を行い、就職・転職目的に沿う求人を検索してはいかがでしょうか。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています

鹿児島県の求人情報はこちら