202105_yamagata_main_01.jpg

山形県は、県全域が美しい自然に囲まれている一方で、東北唯一の政令指定都市である仙台市へのアクセスが良く、利便性の高さも兼ね備えている県です。また、山形県は保育士を支援する制度も多く、保育士として働きやすい環境が整っています。

当記事では、山形県における保育士の給料相場を解説します。県で実施している支援制度についても紹介するため、山形県で保育士として働くことを検討している人は参考にしてください。

【山形県】保育士の給料相場|全国平均との比較

初めに、山形県全域における保育士の給料相場について解説します。

下記は、山形県と全国における保育士の給料相場を比較した表です。なお、給料額は施設・運営形態、仕事内容などのさまざまな条件で異なるため、参考としてご覧ください。

平均年収 平均月収(賞与含めず) 手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
山形県 約314万円 約20万円 約70万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

山形県における保育士の給料相場には、以下の特徴があります。

山形県における保育士の給料は、全国平均と比べて低水準となっています。山形県で働く保育士の平均年収は全国平均と比べて約49万円もの差があり、平均月収も約4万円低く設定されています。上記表の金額から、山形県の保育士は十分な給料を見込めないと感じる人もいるでしょう。

山形県における保育士の年収・月収は全国平均と大きな差がありますが、手当・賞与は全国平均と同額となっています。そのため、手当・賞与の制度が充実している施設で働くことができれば、山形県でも全国平均に近い収入を得ることも可能です。

手当・賞与の金額は施設や運営形態などによって異なるため、月収が低くても年収で見れば全国平均以上の収入を得られるケースもあります。保育士の求人には、賞与の支給額や支給条件などが詳しく記載されているため、就職先を探す際はよく確認しましょう。

また、求人によっては、年齢や経験、スキルに応じて待遇を設定していることがあります。保育業務に活かせる能力を持っている人は、そのスキルを求めている求人を選ぶことで収入をアップさせることも可能です。特に、これまで保育士としての勤務経験がある人や社会人経験が豊富な人は、高年収を狙いやすいでしょう。

求人の中には未経験者でも好条件を提示しているものもあるため、事前に求人内容を確認することが重要です。

山形県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

山形県と首をかしげる女性

35市町村で構成されている山形県の保育士の給料をさらに詳しく把握するためには、エリアごとの給料相場を知る必要があります。

山形県の主要な市における保育士の給料相場は、下記のとおりです。なお、下記表の金額は、マイナビ保育士に掲載されている求人情報をもとに算出したデータです。

山形市 天童市 米沢市 尾花沢市 上山市
年収 約272万~400万円 約272万~320万円 約256万~320万円 約256万~320万円 約288万~320万円
月収(※) 約17万~25万円 約17万~20万円 約16万~20万円 約16万~20万円 約18万~20万円

(※1)手当・賞与分を含めていません

山形県内で保育士の給料が高いエリアは、山形県の県庁所在地である山形市です。年収・月収の上限は全国平均よりも高く、就職先によっては全国平均を上回る収入を得ることもできます。

天童市・米沢市・尾花沢市・上山市における保育士の給料相場は、山形市より低い傾向です。4市の月収に差は少ないため、山形市以外で保育士として働く場合は、どのエリアに就職・転職しても収入に不満を感じることはないでしょう。

ただし、年収で見た場合、米沢市・尾花沢市と上山市では約32万円もの差があります。山形県で保育士として高収入を目指したいのであれば、山形市もしくは上山市で求人を探すことがおすすめです。

エリアにより給料に差が出る理由

エリアにより保育士の給料に差が生じる理由は、人口が集中するエリアに偏りがあるためです。また、人口密度が高いエリアは家賃や物価が高く、待機児童が多も多い傾向にあります。

令和2年12月時点で、山形市の人口は247,741人・天童市は62,036人・米沢市は80,903人・尾花沢市は14,824人・上山市は29,247人です。

(出典:山形県「山形県の人口と世帯数(令和2年12月1日現在)」/ https://www.pref.yamagata.jp/documents/1611/r2_12.pdf

各市における人口数は、保育士の給料額とおおよそ比例しています。

山形市の人口は、他のエリアよりも圧倒的に多いことから、県内でも人口が集中するエリアであることが分かります。

人口が集まる山形市は、他のエリアよりも家賃や物価が高水準です。生活費が高いことに伴って、保育士の給料も高くなっています。また、人口が集中する山形市は他のエリアと比較して保育施設の利用者が多く、同時に待機児童が増えやすい傾向です。

他のエリアと比べて待機児童数が多い山形市は、待機児童解消に向けた取り組みが積極的に行われています。保育人材の確保を目的とする取り組みでは、再就職支援や処遇改善が実施されており、今後の動向によっては給料が上がる可能性も考えられます。

山形県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

山形県の景色と女性

山形県では、保育士を経済的に支援する制度を打ち出しています。いずれも特定の条件を満たすことで返還が免除されるため、山形県で保育士として働きたい人は、積極的に活用しましょう。

また、勤務時間の条件はありますが、雇用形態に制限はないため、パートの保育士として働きたい人にもおすすめです。山形県は全体的に保育士の給料水準が低いため、制度を活用することで大きな助けとなるでしょう。

以下では、山形県で実施している保育士に対する支援・補助制度を2つ紹介します。

保育士修学資金貸付等制度

保育士修学資金貸付等制度は、保育士養成施設に通う学生を支援する制度です。保育士修学資金貸付等制度は、入学時や就職時の単発的な補助だけでなく、毎月最大5万円の継続的な資金補助を受けることが可能です。

勤務地が村山市や鶴岡市など、「過疎地域自立促進特別措置法第2条第1項及び第33条」で定める過疎地域に該当する場合は、返還免除の要件は3年に短縮されます。

保育士修学資金貸付等制度の要綱は、下記のとおりです。

対象者 下記の要件をすべて満たしている人

・対象年度の4月に保育士養成施設に入学または在学し、卒業後に山形県内で保育業務に従事する意思がある
・保育士養成施設の入学前1年間で本人、配偶者、一親等の親族のいずれかが県内に住民登録している
・優秀な学生であり、かつ世帯の経済状況などから修学資金の貸付を受ける必要がある
・他の都道府県で保育士修学資金を借りていない
補助金 ・修学資金:月額5万円
・入学準備金:20万円(初回貸付時)
・就職準備金:20万円(最後の貸付時)
貸付期間 保育士養成施設に在学する期間(2年間)
返還免除の要件 養成施設の卒業日から1年以内に保育士登録を行い、県内の施設で5年間継続して保育業務などに従事する
※過疎地域に該当する場合は、3年間継続して保育業務などに従事することで返還免除となる

(出典:山形県福祉人材センター「保育士修学資金等貸付制度のご案内」/ https://www.ymgt-shakyo.or.jp/jinzai/hoikushi-kashitsuke/

なお、令和2年度の受付は終了しています。制度を利用する際は、受付の期限についても必ず確認してください。

潜在保育士職準備金貸付

潜在保育士準備金貸付は、保育の業務に就いていない保育士資格所有者の就職・再就職を支援する制度で、就労環境を整えるための費用全般を対象としていることが特徴です。

山形県は、駅やバス停から離れた場所に保育施設が所在していることが多く、ほとんどの施設が「マイカー通勤OK」となっています。潜在保育士準備金貸付は、自転車や自動車の購入も対象となるため、就業に向けて万全の準備ができるでしょう。

また、就業にあたっての研修費用や保育所利用の準備費なども対象となるため、再就職に不安がある人にも適しています。

潜在保育士準備金貸付の要綱は、下記のとおりです。

対象者 下記の(1)と(2)を満たしている人

(1)以下の施設を離職、または勤務経験がない
・児童福祉法第7条に規定する保育所及び幼保連携型認定こども園
・児童福祉法第6条の3第9項に規定する家庭的保育事業
・児童福祉法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業
・児童福祉法第6条の3第12項に規定する事業所内保育事業
・学校教育法第1条に規定する幼稚園

(2)対象年度の4月1日以降に、山形県内の保育施設などに保育士として週20時間以上勤務する
補助金 最大40万円(1人1回限り)
対象経費 就職が決まった日以降に、保育施設などへの就業準備のために要した費用

・転職にあたって引っ越しが発生した場合の転居費用
・保育施設への就業にあたって購入した被服費
・保育施設への就業にあたって研修や勉強会などの教育を受けた場合の費用
・保育施設への通勤に使用する自転車や自動車の購入費用
・申請者の子が保育所などを利用する際の費用(保育料は除く)
返還免除の要件 山形県内の保育施設などで、2年間継続して業務に従事する

(出典:山形県福祉人材センター「保育士修学資金等貸付制度のご案内」/ https://www.ymgt-shakyo.or.jp/jinzai/hoikushi-kashitsuke/

なお、潜在保育士準備金貸付の令和2年度の受付は終了しています。

潜在保育士準備金貸付の定員は10名程度と少ないため、今後利用を検討している人は、早めに申し込むようにしてください。

まとめ

山形県の給料相場は、全国平均と比較して低水準です。ただし、賞与額は全国平均と同等となっています。事前に求人内容をよく見て就職先を選ぶことで、全国平均を上回る年収を狙うことも可能です。

山形県内で特に給料が高いエリアは山形市で、次いで上山市や天童市の給料が高くなっています。高い年収を希望する人は、山形市を中心に求人を探すと良いでしょう。山形県で保育士の求人を探す際は、マイナビ保育士をぜひご利用ください。

山形県では、独自の保育士補助制度も実施しています。いずれも条件を満たすことで返還が免除とされるため、対象条件に該当する人は利用を検討してはいかがでしょうか。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています

山形県の求人情報はこちら