202105_ishikawa_main_01.jpg

北陸地方に位置する石川県は、日本海に面した位置にあり、漁業はもちろん、農業・林業・伝統工芸品などの製造業も盛んな地域です。特に石川県は食産業も有名であり、門前そば・能登牛・輪島ふぐなどは、今も昔も変わらず人気を集めています。

今回は、石川県における保育士の給料相場や、金沢市・小松市などの平均給料・保育士支援制度について解説します。石川県で、国家資格である保育士資格の取得を目指している方や、保育士として転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【石川県】保育士の給料相場|全国平均との比較

石川県における、保育士の給料相場は以下の通りです。

平均年収 平均月収(賞与含めず) 手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
石川県 約358万円 約23万円 約74万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

石川県は全国平均と比較して、保育士の平均年収が約5万円低いことが明らかになっています。一方で、手当・賞与は4万円ほど高い傾向です。

石川県で働く保育士が平均給料を高めたい場合は、手当の充実した職場を探すとよいでしょう。

例えば、石川県における一部の認定こども園では、「幼稚園教諭1種免許」を取得している場合、資格手当として約10,000~27,000円の支給を受けることができます。また、住宅手当として約15,000円を支給する事業所や、処遇改善手当を支給する事業所も多く存在します。

なお、石川県の保育士求人における賞与相場は、約2か月となっています。2か月以上支給する職場であっても、平均月給が低い場合があるため注意してください。

石川県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

石川県と首をかしげる女性

石川県の保育士求人は、主に金沢市・小松市・河北郡内灘町・白山市・野々市市などが多い傾向です。

以下では、金沢市・小松市・河北郡内灘町・白山市・野々市市における、保育士の平均年収・月収を紹介します。

金沢市 小松市 河北郡内灘町 白山市 野々市市
年収 約256万~352万円 約272万~352万円 約288万~400万円 約256万~304万円 約272万~320万円
月収(※) 約16万~22万円 約17万~22万円 約18万~25万円 約16万~19万円 約17万~20万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記のデータは、マイナビ保育士など各種求人サイトの求人情報から算出しています。

金沢市・小松市・河北郡内灘町・白山市・野々市市における保育士の給料相場では、河北郡内灘町が最も高い平均年収となっています。

しかし、河北郡内灘町の保育士求人は、県庁所在地である金沢市の求人数と比較し約1/10と、極めて少ない傾向です。そのため、特定の職場の影響が大きく反映されている結果となっています。

よって、石川県で働く保育士が平均給料を高めたい場合は、金沢市や小松市などの勤務地も考慮に入れるとよいでしょう。

エリアにより給料に差が出る理由

石川県において、各エリアにより保育士の給料に差が出る理由として、「保育所の需要」が挙げられます。

例えば金沢市の0歳~4歳の人数は約17,000人であり、白山市の約4,700人と比較すると、子どもの数に約3.5倍の開きがあります。また、金沢市は令和2年4月時点で、保育所の利用定員数が昨対比で393名増加しています。

(出典:石川県 県民文化スポーツ部 県民交流課 統計情報室「石川県の年齢別推計人口」/ http://toukei.pref.ishikawa.jp/search/min.asp?sc_id=119&s_id=56
(出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)」/ https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000678692.pdf

金沢市のように、保育所の需要が高い地域は、基本的に保育士の平均給料も高い傾向を示します。

また一般的に、待機児童が発生する市町村区では保育士の平均給料が高くなりやすい傾向です。待機児童が現在ゼロである石川県は、保育関連施策がしっかりと機能している状況と言えます。

石川県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

石川県の景色と女性

石川県では保育士の支援・補助制度として、以下の施策を行っています。

・保育士修学資金貸付事業
・石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業

以下では、保育士修学資金貸付事業・石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業の概要を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

保育士修学資金貸付事業

保育士修学資金貸付事業は、石川県内における「保育サービスの質の向上」と「保育人材の確保」を目的とした貸与事業です。

以下は、保育士修学資金貸付事業の募集要項です。

対象者 【以下の(1)~(6)を全て満たす方】

(1)石川県内の養成施設に在学している
(2)学業成績が良好、もしくは保育士資格の取得に向けた向学心がある
(3)家庭の経済状況などから貸付が必要と判断される
(4)貸与申請日時点で日本国内に住民登録がある
(5)養成施設を卒業後、石川県内の保育施設で少なくとも5年間継続して保育業務に従事する
(6)暴力団員など、反社会的団体関係者でない
補助金 ・修学資金:月額50,000円以内
・入学準備金:200,000円以内
・就職支度金:200,000円以内

(出典:社会福祉法人 石川県社会福祉協議会「福祉のお仕事・福祉の資格」/ https://www.isk-shakyo.or.jp/qualification/hoiku_fund.html

保育士修学資金貸付事業には、利子負担がない点が特徴です。また、養成施設を卒業した日から1年以内に保育士登録を行い、石川県内の保育所・認定こども園などで、5年間継続して勤務することで、修学資金の返済が不要となります。

ただし、修学資金を借り受けた場合は、養成施設での就学状況・卒業後の勤務状況などを石川県社会福祉協議会に報告する必要があります。

これから石川県で保育士を目指す方や、修学資金に困っている方は、ぜひ積極的に活用しましょう。なお保育士修学資金貸付事業は、令和元年度の情報です。令和3年度については未定であるため、石川県社会福祉協議会の公式サイトを定期的に確認してください。

石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業

石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業は、保育士資格を持ちながら、保育士として働いていない「潜在保育士」に向けて、再就職に必要な費用を支援する事業です。

以下は、石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業の募集要項です。

対象者 【以下の(1)~(10)を全て満たす方】

(1)1名以上の連帯保証人がいる
(2)申請者と連帯保証人の現住所と住民登録の住所が一致している
(3)保育士として登録後、1年以上経過している
(4)離職日から1年以上経過しているもしくは、勤務経験がない
(5)石川県内の保育所に保育士として新たに勤務・復職する
(6)石川県内の保育所で、保育士として週20時間以上勤務する
(7)保育士として新たに採用が決定した日から30日以内の申請である
(8)保育士として新たに採用が決定した日までに、石川県福祉の仕事マッチングサポートセンターに届出を行っている
(9)生活福祉資金・母子父子寡婦福祉資金など、同種の貸し付け受けていない
(10)暴力団員など、反社会的団体関係者や児童福祉士法その他関係法令に違反する者でない
補助金 200,000円以内

(出典:社会福祉法人 石川県社会福祉協議会「石川県潜在保育士再就職準備金貸与事業」/ https://www.isk-shakyo.or.jp/qualification/reentry.html

石川県内の保育所で保育士として勤務している間は、原則、再就職準備金の返還が不要です。また、週20時間以上かつ2年間保育士として働いた場合は、申請を行うことで再就職準備金の返還が全額免除となります。なお正社員やパート・アルバイトなど、「雇用形態」は問われません。

また、貸付の対象となる保育園には「預かり保育を常時実施している幼稚園」「家庭的保育事業」「事業所内保育事業」「認定こども園」「認定こども園へ移行予定の幼稚園」なども含まれます。

保育士としてブランクがある方は、有効活用できる制度であるため、積極的に活用しましょう。

まとめ

石川県の保育士平均給料は、全国平均と比較すると約5万円低いものの、手当・賞与はやや高い傾向を示します。保育士として平均給料を高めたい方は、金沢市や小松市・河北郡内灘町などでの勤務を検討するとよいでしょう。

マイナビ保育士では、非公開求人を多数保有しており、石川県で保育士を目指す方・転職を検討している方のサポートが可能です。求職者様に合った求人紹介はもちろん、職務経歴書の添削や面接対策・事業所との給与交渉なども行うことができます。

マイナビ保育士の転職サービスは無料で利用できるため、ぜひお気軽にご相談ください。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています